サロメ 文春文庫

原田マハ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167914868
ISBN 10 : 4167914867
フォーマット
出版社
発行年月
2020年05月
日本
追加情報
:
336p;16

内容詳細

現代のロンドン。日本からビクトリア・アルバート美術館に派遣されている客員学芸員の甲斐祐也は、ロンドン大学のジェーン・マクノイアから、未発表版「サロメ」についての相談を受ける。

このオスカー・ワイルドの戯曲は、そのセンセーショナルな内容もさることながら、ある一人の画家を世に送り出したことでも有名だ。彼の名は、オーブリー・ビアズリー。

マクノイア曰く、「とにかく、世界は知ったわけだ。あのオスカー・ワイルドを蹴散らすほどの強烈な個性をもった若い画家が存在するということを」。

保険会社に勤める病弱な青年・ビアズリーは、1890年、18歳のときに本格的に絵を描き始め、ワイルドに見出されて「サロメ」の挿絵で一躍有名になるが、その後、肺結核のため25歳で早逝。

フランス語で出版された「サロメ」の、英語訳出版の裏には、彼の姉で女優のメイベル、男色家としても知られたワイルドとその恋人のアルフレッド・ダグラスの、四つどもえの愛憎関係があった……。

退廃とデカダンスに彩られた、時代の寵児と夭折の天才画家、美術史の驚くべき謎に迫る傑作長篇。


[担当編集者より]
退廃とデカダンスに彩られた十九世紀末のロンドンを舞台に、
スキャンダラスな人生を歩んだ作家・ワイルドと
夭逝の天才画家・ビアズリーの背徳的な愛を描いた
衝撃の作品が、ついに文庫化!

保険職員で病弱な青年だったビアズリーはイギリスの代表的作家で男色家のワイルドに見いだされ、『サロメ』の挿絵で一躍有名画家になります。二人の禁断の関係はビアズリーの姉・メイベルやワイルドの同性の恋人アルフレッドを巻き込み、四つ巴の愛憎関係に発展し……。

原田マハさんが開いた新境地にして、美術史の驚くべき謎に迫った傑作ミステリー。単行本と異なる文庫版「サロメ」のカバー絵にも注目です!(MS)

【著者紹介】
原田マハ : 1962年、東京都生まれ。関西学院大学文学部、早稲田大学第二文学部卒業。商社勤務などを経て独立、フリーのキュレーター、カルチャーライターとして活躍する。2005年、『カフーを待ちわびて』で日本ラブストーリー大賞を受賞し、翌年作家デビュー。12年、『楽園のカンヴァス』で山本周五郎賞、17年、『リーチ先生』で新田次郎文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 三代目 びあだいまおう さん

    途中からまるでオペラを観劇している様な錯覚に襲われた。圧倒的な声量で歌い上げられる怨嗟と絶望。世紀末ヨーロッパで一世を風靡した天才作家オスカー・ワイルド。彼の戯曲に悪魔的な挿画を提供した夭折の天才画家オーブリー・ビアズリー。幼き頃から病弱だった弟オーブリーの理解者で、献身的に支えその才を世に送り出す為なら身を捧げる事さえ厭わぬ美しく優しき姉メイベル。やがて愛は妬みとなり彼女を妖艶で悪魔的な女へと変貌させる。まるでその戯曲の主人公の様に!その戯曲のタイトルは【サロメ】哀しく美しい恋の話…破滅的な程の‼️🙇

  • bunmei さん

    オスカーワイルドのサロメの内容は知らなくても、オーブリーが黒ペンで描いた生首に口づけする女の挿絵は、知る人も多いと思います。オーブリーの作品が今も私達に語り継がれるのは、やはり、サロメの挿絵を飾ったことが大きく影響しているでしょう。そして、オスカーとオーブリーの出会いこそが、芸術の相互作用となって昇華し、25歳の若さで儚く散ったオーブリーであるからこそ、伝説的な生涯が芸術性を高めていると思います。本作は、オーブリーの姉メイビルの弟に対する愛情目線で進行し、次第にサロメに擬えた愛憎劇へと導いていきます、

  • hit4papa さん

    オスカー・ワイルドの戯曲「サロメ」に挿絵をかいたオーブリー・ビアズリーの生涯を描いた作品。実は「サロメ」の英語版を翻訳したのは、ワイルドの愛人ダグラス卿ではなかった、という現代の問題提起から、本作品は始まります。現代と往時が並行してストーリーに厚みを出すのは、著者のアート小説に良く見られる手法ですが、本作品は不発に終わったようです。とはいえ、オーブリーの創作への鬼気迫る執念と、姉メイベルの弟を思いつつも女優を目指す野心が絡み合う読み応えのある作品です。イラストから物語を紡ぎ出す著者の感性には脱帽です。

  • のり さん

    19世紀末に画家の新星が誕生した。「オーブリー・ビアズリー」。病弱な彼を支えた姉で女優の「メイベル」。彼の才能にいち早く気づき、誰よりも成功を願った。転機は戯曲作家の第一人者の「オスカー・ワイルド」との出会い。サロメを出版するにあたり挿絵を請負う。内容も二人の関係も禁断の渦にのみ込まれる。姉のメイベルも何度も悪魔に魂を売る行動に出る。愛憎入り乱れ幸せを手に入れた者は…オーブリーが最後に銀の皿の上の首を願ったのはワイルドか?メイベルの首か?

  • さてさて さん

    「サロメ」は、現代でもその内容に強い衝撃を持って受け止めざるをえない時代を超越した作品だと思います。そして、そんな「サロメ」を生み出したオーブリーの『描くことへの激しい希求。新しい表現を見出すことへの欲望。自分にしか創りえないものに注ぎ込む情熱』を見事に描き出したこの作品。 サロメの化身かと思われるかのようなオーブリーの姉・メイベルの生き様が、読後も不気味に頭の中で踊り続ける、そんな印象も持ったとてもインパクトの強い、濃い、そして深い作品でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

原田マハ

1962年、東京都生まれ。関西学院大学文学部、早稲田大学第二文学部卒業。美術館勤務を経て独立、フリーのキュレーター、カルチャーライターとして活躍する。2005年、『カフーを待ちわびて』で日本ラブストーリー大賞を受賞し、翌年作家デビュー。12年、『楽園のカンヴァス』で山本周五郎賞、17年、『リーチ先生

プロフィール詳細へ

原田マハに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品