戦後日本の「独立」 ちくま文庫

半藤一利

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784480435255
ISBN 10 : 4480435255
フォーマット
出版社
発行年月
2018年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
477p;15

内容詳細

第二次大戦後の日本は本当に自立できたのか。再軍備・講和問題・吉田ドクトリン・・・十五のテーマから語り尽くす、占領下から「独立」への道。

【著者紹介】
半藤一利 : 1930年生まれ。作家。東京大学を卒業後、文藝春秋に入社し、雑誌・書籍の編集に携わる

竹内修司 : 1936年生まれ。東京外国語大学を卒業後、文藝春秋に入社し、雑誌・書籍の編集に携わる。文教大学情報学部教授を経て、現在はフリー

保阪正康 : 1939年生まれ。ノンフィクション作家、評論家。同志社大学卒業

松本健一著 : 1946年生まれ。東京大学卒業。評論家・麗澤大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヨーイチ さん

    半藤、竹内 、保阪、松本による討論集。1945から1952年の出来事を「独立」をキーワードにしていくつかをピックアップ。一人の「報告」を基にして四人の討論若しくは談論と云う構成。非常に分かり易く、脱線も楽しい。半藤が最年長で数年ずつずれた年齢構成なのが微妙な配偶となっている。終戦の時に何才だったかってのは結構大事。知っているつもりでも良く分ってない戦後の出来事に「何故毛沢東が蒋介石に勝ったのか」って疑問が有ったが、本書を読んで納得。半藤翁は乱雑に「あれは明治維新と同じ」なんて見立てを披露している。続く

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

半藤一利

1930(昭和5)年に東京府東京市向島区(現在の東京都墨田区)で生まれる。勉強よりもメンコやベエゴマ、すもうに熱中する悪ガキ少年で、東京府立第七中学校(現在の都立隅田川高校)に入学するが、成績は300人中200番台であった。中学2年生で東京大空襲にあい、その後東京をはなれ父のふるさとの新潟県長岡で終

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品