ダンシング・マザー

内田春菊

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784163909332
ISBN 10 : 4163909338
フォーマット
出版社
発行年月
2018年11月
日本
追加情報
:
261p;20

内容詳細

あの衝撃の自伝小説「ファザーファッカー」から25年―毒母降臨!あの時、母は何を考えていたのか。少女を追い詰めた養父の虐待を、いま、母の視点から描いた衝撃の問題作。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ででんでん さん

    「ファザーファッカー」は、25年も前だったのか。それを母の視点で改めて書いた作品。「ファザー…」が衝撃的だったということ以外、記憶が曖昧になっていたが、読み進むうちに甦る。春菊さん視点の前作より、今回の作品の方が、より一層酷さが浮き彫りになっていると感じた。刺し殺したい気持ち…わかる。自分が死んでしまわずに、生き延びた春菊さんを尊敬する。

  • 風眠 さん

    『ファザーファッカー』を母親の目線で描いた本作『ダンシング・マザー』。これを書いている時、作者は相当に苦しかったと思う。私の想像では計り知れない、地獄のごとき苦しみを追体験したはず。虐待に加担した母親の気持ちを想像し、客観的に書く作業は、娘としては認めたくない事と向き合う事でもある。自分の心の苦しみには一切触れず、母親が感じたであろう事のみ語られている為、作者のモデルである静子が得体のしれない感じに私には映った。そう感じさせる作家の凄味。完全母親目線で書ききった作者の決意に対し、私は静かに拍手を送りたい。

  • nana さん

    読んでいてすごく不快だった。毒母はもちろんだけど、毒父さもひどい。

  • しーちゃん さん

    読み進めるのに、かなりの覚悟が必要。心が弱っている時に読むべきではない。私自身この怒りを何処へ持っていけば良いのか、嫌悪と狂気、作者である主人公はよくぞ今まで生きながらえていたなと感心し、感謝する。これはもう人間ではなく鬼畜だ。自分の娘を情夫に差し出す。襖一つ隔てた部屋で。「ファザーファッカー」から25年、その時のおぞましい感情が、本作で蘇る。続けて言うがこの作品から学ぶべき事は何もない。興味のある方はまず「ファザーファッカー」から読む事を進めます。

  • そら さん

    内田さんの作風は知っていたが、生い立ちのことは知らずに単なる小説だと思い読了した。この物語には父親が2人登場するが、どちらもヘドが出るほど糞みたいな奴だ。母親の目線で語られるこの物語は何の救いも光もなく、ただただ気持ち悪いのと、黙認(むしろ娘を差し出す)的な母親に天罰でも下るんじゃないかと期待したが、最悪なままぷっつりと途切れてしまう。唖然とした。これは何なんだ?とあとがきを読み、状況を理解した。ありえないし、本当に気の毒だと思う。絶対に許せない。だが家庭内での性的虐待はなくならないことも現実なのだろう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

内田春菊

1959年長崎生まれ。ウェイトレス、クラブ歌手、ホステスなどを経て、84年に漫画家デビュー。性的な事柄を包み隠さず描く作風で、漫画や小説を執筆、女性漫画家の新しい時代を拓く。87年の『南くんの恋人』は発表から30年以上を経てなお、漫画史上に残る傑作として、世界的な人気を得ている。93年発表の初めての

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品