世界が変わる「視点」の見つけ方 未踏領域のデザイン戦略 集英社新書

佐藤可士和

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087210743
ISBN 10 : 408721074X
フォーマット
出版社
発行年月
2019年04月
日本
追加情報
:
187p;18

内容詳細

“目からウロコ”の大人気授業、待望の書籍化!

ユニクロ、楽天、セブン‐イレブン等の企業、
今治タオルなどの物産品、幼稚園や大学などの社会施設……
様々な領域でブランド戦略を手掛ける佐藤可士和が、
2012年から慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)で
行っている画期的な授業「未踏領域のデザイン戦略」を書籍化。
一見、デザインとは無縁な「健康」「平和」「防災」「幸福」など
抽象的なテーマに、どのようにデザイン的思考が反映されるのか? 
全ての人が活用できる「デザインの力」とは?

「未踏領域」で学生たちが取り組む「デザイン」とは、
つまるところ「新しい視点の発見」にほかなりません。
それは万人に開かれた技術です。
(「おわりに」より)

浅い理解の時は、「こういう技術があるよ」ということがデザインだと思っていました。
しかし、そうではなく、「こういうことを考えたら面白いよ」というアプローチがデザインなのだ、と今回の受講でわかった気がします。
(第2章「学生たちの感想」より)

【目次より】
・「コミュニケーション」をデザインするとは?
・「デザイン」はよりよい日常へのツール
・大学の授業という「未踏領域」のデザイン
・ダメ出しはする、アイデアはいわない
・学生たちのプレゼン実例「防災」「オリンピック・パラリンピック」「キャンパスビルド」「強靭健康社会」「本当の平和」「無二の私の幸福」
・まず「自分事化」してみよう
・「右脳」と「左脳」のキャッチボール
・「もがき」はスキル向上の踏み台
・リーダーシップとフォロワーシップ
・パカーンと光が当たってコンセプトを発見する
・デザインとは「ビジョン」を設計すること
・「課題」→「コンセプト」→「ソリューション」
・「勘」と「感」を研ぎ澄ます
・「個人の感覚」を制御するな、むしろそこを掘れ
・経験値を高めて、多様な「視点」を獲得する

【著者プロフィール】
佐藤 可士和(さとう かしわ)
1965年生まれ。クリエイティブディレクター。
慶應義塾大学環境情報学部特別招聘教授、多摩美術大学客員教授。
2016年度文化庁文化交流使。
多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業後、博報堂を経て、2000年に「SAMURAI」設立。
ユニクロ、楽天グループ、今治タオルなどのブランド戦略、国立新美術館のシンボルマークデザイン、
「ふじようちえん」「カップヌードルミュージアム」のトータルプロデュースなどを手がける。
『佐藤可士和の超整理術』など著書多数。


【著者紹介】
佐藤可士和 : 1965年生まれ。クリエイティブディレクター。慶應義塾大学環境情報学部特別招聘教授、多摩美術大学客員教授。2016年度文化庁文化交流使。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業後、博報堂を経て、2000年に「SAMURAI」設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • MIKI さん

    「コミュニケーションのデザイン」を専門とする佐藤可士和さんが、2012年からKFCで行なっている「未踏領域のデザイン戦略」というタイトルの授業。ビジネス社会とは異なる「大学」という場で、「平和」「幸福」といった抽象性の高い難しいテーマを設定し、学生たちと共に未踏の領域に踏み込み、デザインの未来を考えていくという、これまでにない刺激的な授業の様子を紹介してくれる本です。今時の「働き方改革」とは逆行するかのような、時間を忘れて作業に集中し最後までやり切る「クリエイションの本質」に触れる経験。オススメです!

  • もぺと さん

    多分授業の事例として使う。

  • SHOGO THE SB さん

    統合型のトータルソリューション テーマが大きければ大きいほど、自分の日常に視点を近づけて考える ITの時代になって、ますます、ものごと全般に数値化が求められる一方で、単に数値化をしているだけでは、役に立たない これからは、もやもやっとわからない中から、何か光をつかんでいくような人材が必要 デザインは、そのビジョンを人が感じられるものに変換するプロセスそのもの、あるべき姿に向かい、問題を解決していく行為全体のこと 課題→コンセプト→ソリューション

  • 今Chan さん

    筆者は、デザインとは「ビジョンを設計すること」だという。「理想とする『あるべき姿』に向かい、問題を解決していく行為全体のこと」だとも。未踏領域ならずとも、このデザイン戦略の学びのあり方は、アクティブラーニングに通じるのではないかと思う。ただ、実践には時間が相当程度かかりそうなので、学ぶ側が、まだるっこしさを抱く不安はぬぐい切れない。AI全盛の中で、どれだけ「待てる」か。試練である。

  • yahiro さん

    いい授業であるとは思うが、本としては手抜きではないか。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

佐藤可士和

1965年生まれ。クリエイティブディレクター。慶應義塾大学環境情報学部特別招聘教授、多摩美術大学客員教授。2016年度文化庁文化交流使。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業後、博報堂を経て、2000年に「SAMURAI」設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品