ジャイロスコープ 新潮文庫

伊坂幸太郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784101250304
ISBN 10 : 4101250308
フォーマット
出版社
発行年月
2015年06月
日本
追加情報
:
302p;16

内容詳細

書き下ろし短編収録! 初の文庫オリジナル小説集は、驚きに満ちた七つの伊坂ワールド!!

助言あります――。スーパーの駐車場で“相談屋”を営む稲垣さんの下で働くことになった浜田青年。人々のささいな相談事が、驚愕の結末に繋がる「浜田青年ホントスカ」。バスジャック事件を巡る“もし、あの時……”を描く「if」。文学的挑戦を孕んだ「ギア」。洒脱な会話、軽快な文体、そして独特のユーモアが詰まった七つの伊坂ワールド。書下ろし短編「後ろの声がうるさい」収録。

【著者紹介】
伊坂幸太郎 : 1971(昭和46)年千葉県生れ。’95(平成7)年東北大学法学部卒業。2000年『オーデュボンの祈り』で、新潮ミステリー倶楽部賞を受賞し、デビュー。’04年『アヒルと鴨のコインロッカー』で吉川英治文学新人賞受賞。’08年『ゴールデンスランバー』で第5回本屋大賞と山本周五郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヴェネツィア さん

    伊坂幸太郎の作家デビュー15周年を記念する短篇集。6つの短篇を収録。いずれも筆致はいたってのびやかだ。緊張したり構えたりすることなく、遊び心いっぱいに作品世界を展開している。さすがに15年もやってきた余裕と言うべきか。最後に置かれた「後ろの声がうるさい」は、いわば本書の総集編だが、先行する4作はそれぞれいずれも違った趣きを持っている。伊坂ファンなら各自に自分はこれがいいというタッチのものが見つかるかもしれない。私は、しいて言えばSF風味の「ギア」を採る。他の読者の支持は少なそうだが。

  • にいにい さん

    伊坂さん近年作を集めた短編7篇。テーマ指定された作品もあり、いろいろ異なる味わいが楽しめる。でも、共通の伊坂ワールドが短編には特に顕著。物語の断片、会話、見え隠れする怖さ、深い不思議な余韻が残る。最後のインタビュー部分で伊坂さんの長編への取組み方、傾向が示されているのも嬉しかった。「一人では無理がある」の松田さんいい!「彗星さんたち」の新幹線の清掃員さんの温かさは、シリーズ化してほしい。「if」も現実と隣り合わせの不思議な巡り合わせが素敵だ。「15年間がんばりましたね」でも休養はお預けで。

  • kishikan さん

    書下ろし1作品を含む5編の短編集。早とちりしてしまい、書下ろし短編集だと思って読んでいたら、どこかで読んだことがある。そりゃそうでしょう、アンソロジー短編集や文芸誌で既に発表されたものに、書下ろし「後ろの声がうるさい」を加えたものなんですから。でも、さすが小説家デビュー15年記念!すべてが面白い。というのも、全て異なる企画で書いているはずなのに、どこかでつながっている、あるいはかすっているんです。それでいて、作品のアイディアは違うんです。伊坂さんの特色が詰まった7色(虹ですな)の世界。お買い得です。

  • 紅はこべ さん

    バラバラの話だったのが、ラストの一編で繋がる形式。前半は後味良くない話が多く、後半はほのぼの系が多い。ほのぼの系の「一人では無理がある」「彗星さんたち」が良かったかな。

  • 勇波 さん

    伊坂短編初体験です。SFっぽいのが多く、想定外な面白さでした。。お気に入りは「サンタクロース」のお話でしょうか。その他も粒揃い良作揃いの鉄板″ネタです★

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

伊坂幸太郎

1971年千葉県生まれ。東北大学法学部卒業。2000年『オーデュボンの祈り』で第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。04年『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞を、「死神の精度」で第57回日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞。08年『ゴールデンスランバー』で第5回本屋大賞

プロフィール詳細へ

伊坂幸太郎に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品