社会とことば 井上ひさし発掘エッセイ・セレクション

井上ひさし

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784000281485
ISBN 10 : 4000281488
フォーマット
出版社
発行年月
2020年04月
日本
追加情報
:
196p;19

内容詳細

多彩な創作活動を繰り広げ、多くの著書を遺した井上ひさし。でも、新聞・雑誌等で好評を得ながら、まだ著書に収められていない作品が多数あるのです。その中からエッセイを選び抜き、テーマ別の三冊に編みました。これぞ鉱脈から発掘された「お宝エッセイ」。本書には、吉里吉里人、コメ、憲法、原発など社会的なテーマと、生涯こだわり続けたことばをめぐるエッセイを収録。いつまでも色あせない現代へのメッセージです。

目次 : 釜石小学校校歌/ 1 社会(吉里吉里人をめぐって/ コメの話/ 憲法を考える/ 社会をみつめて/ ニホン語日記より(その一))/ 2 ことば(ことばさまざま/ ことばの泉/ ニホン語日記より(その二)/ 楽園の創造/ 大野晋さんのこと)

【著者紹介】
井上ひさし : 1934‐2010年。山形県東置賜郡小松町(現・川西町)に生れる。上智大学外国語学部フランス語科卒業。放送作家などを経て、作家・劇作家となる。1972年、『手鎖心中』で直木賞受賞。小説・戯曲・エッセイなど幅広い作品を発表する傍ら、「九条の会」呼びかけ人、日本ペンクラブ会長、仙台文学館館長などを務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • katsubek さん

    単行本等に未収録の文を集めた書。筆者の人となりが浮かび上がる。平和を祈る思いが伝わってくる。最初のラジオドラマのシナリオが、面白いと感じるかどうかが、一つの分かれ目といえるかも知れない。

  • noriko さん

    ことばに拘り、ことばを大切にし、ことばを楽しんだ人。憲法を語り、政治家の言葉をやんわりと茶化し、言葉遊びを楽しむ。3冊を読み終えてこの作家の「日本語への愛」の深さに敬服。人は脳がまだ2割5分の状態で産まれる。脳が完成する13,4歳までは家庭や学校、共同体が第二の胎内の役割をする。楽園を追われた未発達な子どもに私たちが用意するべき楽園は「母語」だと彼は言う。「大人たちにことばを正確に、誠実に、豊かに、そしておもしろく使おうという覚悟がない限り、子どもたちに楽園はない」

  • はるさん さん

    最近発掘された「著書未掲載」のエッセイを、改めて三冊に編んだ中の第一冊目のエッセイ集。ことばの力を信じたからこそ、ことばを大切にした著者ならではのエッセイの数々は、何十年という時間が経っても全く色褪せないことに驚き。

  • 隠居 さん

    北の宿をめぐる話がよい。

  • びん さん

    書評の評価は高いが・・・X 面白くない

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

井上ひさし

1934年、山形県生まれ。上智大学文学部卒業。浅草フランス座で文芸部進行係などを経て文筆業に入り、戯曲やテレビ脚本で数々の賞を受賞。著書に『手鎖心中』(直木三十五賞)、『吉里吉里人』(読売文学賞、日本SF大賞)、『腹鼓記』『不忠臣蔵』(吉川英治文学賞)、『シャンハイムーン』(谷崎潤一郎賞)、『東京セ

プロフィール詳細へ

井上ひさしに関連するトピックス

  • 二宮和也出演の映画を観る前に読みたい本 山田洋二監督の映画「母と暮せば」は、井上ひさし作の戯曲『父と暮せば』と対になる作品。娘を思い全力を尽くす父親の姿を描... HMV&BOOKS online|2015年10月10日 (土) 16:14
    二宮和也出演の映画を観る前に読みたい本

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品