父と暮せば 新潮文庫

井上ひさし

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784101168289
ISBN 10 : 4101168288
フォーマット
出版社
発行年月
2001年02月
日本
追加情報
:
16cm,126p

商品説明

「うちはしあわせになってはいけんのじゃ」愛する者たちを原爆で失った美津江は、一人だけ生き残った負い目から、恋のときめきからも身を引こうとする。そんな娘を思いやるあまり「恋の応援団長」をかってでて励ます父・竹造は、実はもはやこの世の人ではない―。「わしの分まで生きてちょんだいよォー」父の願いが、ついに底なしの絶望から娘をよみがえらせる、魂の再生の物語。

内容詳細

「うちはしあわせになってはいけんのじゃ」愛する者たちを原爆で失った美津江は、一人だけ生き残った負い目から、恋のときめきからも身を引こうとする。そんな娘を思いやるあまり「恋の応援団長」をかってでて励ます父・竹造は、実はもはやこの世の人ではない―。「わしの分まで生きてちょんだいよォー」父の願いが、ついに底なしの絶望から娘をよみがえらせる、魂の再生の物語。

【著者紹介】
井上ひさし : 1934(昭和9)年、山形県生れ。上智大学文学部卒業。浅草フランス座で文芸部進行係を務めた後に放送作家としてスタートする。以後『道元の冒険』(岸田戯曲賞、芸術選奨新人賞)、『手鎮心中』(直木賞)、『吉里吉里人』(読売文学賞、日本SF大賞)など戯曲、小説、エッセイ等に幅広く活躍している。’84年に劇団「こまつ座」を結成し、座付き作者として自作の上演活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヴェネツィア さん

    被爆から72年、作品の初演からは23年、そして井上ひさし氏が亡くなられて7年。それぞれに時期はずれたが、様々な追悼の意を込めて再読。きわめてわかりやすいお芝居なのだが、しみじみとうったえかけてくる静かな余韻はこの作品に固有のものだ。広島方言で語られるセリフの一つ一つは、実に味わい深く、また時には軽妙なタッチを微細に伝えてくる。もっとも、フランス語によるフランス公演でも大きな感動をよんだそうだから、方言の力を超えるものがあるのだろう。そうはいっても日本語でこのお芝居を見たり読んだりできる我々は幸せである。

  • yoshida さん

    井上ひさし氏の戯曲。この作品を読めて良かった。昭和23年の廣島。市民への原爆投下から3年。傷痕が残る廣島。生存した人々は懸命に毎日を生きる。そして彼等は自分を責め続ける。なぜ自分が生き残ったのか。大切な誰かを見殺しにしてしまった。幸せの仄かな灯りが見えても、自分でその灯りから遠ざかる。自分は幸せになってはいけないという意識。奇跡的に生き残った人々を縛る心。その何と哀しいことか。伝わる原爆の悲惨さ。軍も市民も老若男女も無差別に殺害し、放射線により長い苦しみを与える悪魔の兵器。核兵器は廃絶しなければならない。

  • ヴェネツィア さん

    演劇は見たことがあるのだが、今回あらためて原作の戯曲を読んだ。読了した今、しみじみとした感動と余韻に浸ることになった。舞台には2人しか登場しないし派手さもないのだが、この2人の内面の葛藤が見事に演劇空間を作り上げていくのである。作者自身の「あとがき」によれば、主人公の美津江が「いましめる娘」を、そして父の竹造が「願う娘」を表象するというのだが、そうとばかりも言えないように思う。なぜなら、娘の美津江自身の中に大きな葛藤があることこそが、この劇のドラマトゥルギーを構成しているからだ。ほんとうに素晴らしい戯曲。

  • buchipanda3 さん

    昭和23年の夏、あれから三年後の広島を舞台にした戯曲。父と娘の会話という簡潔な舞台劇ながら、そこで披露される計り知れない哀しみと切なさに打ち震えた。そして死と共にある生というものの尊さに深く感じ入った。読み始めるとすぐにあることに気付く。そしてそれが為されている意味を察することで、その境遇に置かれた美津江の心の傷の深さを知ることになる。相反する気持ちに揺らぐ姿へのやるせなさに言葉に詰まった。それでも方言で綴られる父娘の情愛に満ちたやり取りでほんのりと癒やされる。そして最後の台詞がいつまでも胸に響いていた。

  • びすこ さん

    生き延びてしまったのでなく、生かされている。原爆投下から3年、ふさぎ込む主人公が前を向く■「幸せになっちゃいけない」と思い詰める彼女。好きな人と巡り合っても、戸惑いが先に立つ。娘の背中を押すのは、亡き父だった。「(もらった)饅頭にも意味ぐらいあろう。おまいにその意味を読み取る勇気がないだけじゃ」「人間のかなしいかったこと、たのしいかったこと、それを伝えるんがおまいの仕事じゃろうが」。中盤以降の会話は、やりきれない■負い目を忘れず、縛られもせず、健気に背負うしかない。それが「原爆後」の歩み方だと、教わった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

井上ひさし

1934年山形県生まれ。作家・劇作家。上智大学卒業。放送作家として活躍ののち、72年に「道元の冒険」により岸田國士戯曲賞、「手鎖心中」で直木賞受賞。81年「吉里吉里人」により日本SF大賞・読売文学賞を受賞。83年「こまつ座」を創立し、多くの戯曲を書き下ろし上演。99年菊池寛賞、01年朝日賞受賞、04

プロフィール詳細へ

井上ひさしに関連するトピックス

  • 二宮和也出演の映画を観る前に読みたい本 山田洋二監督の映画「母と暮せば」は、井上ひさし作の戯曲『父と暮せば』と対になる作品。娘を思い全力を尽くす父親の姿を描... HMV&BOOKS online|2015年10月10日 (土) 16:14
    二宮和也出演の映画を観る前に読みたい本

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品