超ブルーノート入門 ジャズの究極・1500番台のすすめ 集英社新書

中山康樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087201635
ISBN 10 : 4087201635
フォーマット
出版社
発行年月
2002年10月
日本
追加情報
:
18cm,252p
18cm,252p

商品説明

ブルーノートにはジャズの全てがある。特に1500番台の98枚には、ジャズが最も熱かった時代の息吹があり、今も燦然と輝いている。好評の「超」シリーズの語り口で、その魅力を詳しく解説する。

内容詳細

ジャズの歴史に燦然と輝くブルーノート・レーベル。アルフレッド・ライオンが設立したブルーノートに匹敵するレーベルは、今なお出現していない。ブルーノートは、ジャズの最良の入り口であると同時に、最終到達点でもあるのだ。なかでも、レコード番号・1500番台のアルバムには名作が揃い、ジャズがもっとも熱かった時代の息吹が感じられる。それぞれのアルバムを追いながら、ブルーノートの美学と変わらぬ魅力を伝える。

目次 : ブルーノート物語/ 超ブルーノート入門―1500番台のすすめ(1501―マイルス・デイヴィス・オールスターズVol.1/ 1502―マイルス・デイヴィス・オールスターズVol.2/ 1503―ジ・アメイジング・バド・パウエルVol.1/ 1504―ジ・アメイジング・バド・パウエルVol.2/ 1505―ジ・エミネント・J.J.ジョンソンVol.1/ 1506―ジ・エミネント・J.J.ジョンソンVol.2/ 1507―カフェ・ボヘミアのジャズ・メッセンジャーズVol.1/ 1508―カフェ・ボヘミアのジャズ・メッセンジャーズVol.2/ 1509―ミルト・ジャクソン/ 1510―ジニアス・オブ・モダン・ミュージックVol.1/セロニアス・モンク ほか)

【著者紹介】
中山康樹 : 1952年大阪生まれ。「スイングジャーナル」編集長を経て文筆業に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kinkin さん

    著者の文章はあまり好きでない。いかにも現場に立ち会っていたかのように書くため。しかしブルーノート1500番台のアルバムをひとつずつ解説してあるので初めてブルーノートレーベルを聴き始める方にとってはいい参考書かもしれない。

  • tjZero さん

    史上最高のジャズ・レーベル、ブルーノート。その1500番台の約100枚を紹介した一冊。聴いた事のないアルバムでも、紙面から音が響いてくるような活き活きとした解説。名盤が生まれた背景、各ミュージシャン同士の関係性、ジャズの進化の過程まで、一気につかめてしまう。

  • ゆたか さん

    草創期から1950年代のブルーノートの歴史を、1枚1枚のアルバムの解説とともに知ることが出来る。ジョン・コルトレーンの『ブルートレイン』(1577)について知ろうと思ったら、演奏とは関係ないことしか書いてなくて苦笑。

  • Koki Miyachi さん

    ジャズの歴史の中で燦然と輝くブルーノートレーベル。ベルリン生まれのブラックミュージックのファン、アルフレッド・ライオンが創設したブルーノート。彼に加えて、フランシス・ウルフ、ルディ・ヴァン・ゲルダー、リード・マイルスの4人が創造した、ジャズがもっともホットだった時代の名作揃いのブルーノート1500番台。1501番から1600番までのそれぞれのアルバムについて、制作に至るバックグラウンドが丁寧に解説されている。偶然で名作が揃った訳ではなく、制作者の想いが生み出した名作アルバムの数々。この本を眺めながら少しず

  • ことのは さん

    ブルーノートの1500番台を解説した本。1枚ずつ解説と照らして聴き 素晴らしいプレイリストが出来た ブルーノートは録音の前に2日間のリハーサルを設けていた。仕組まれたものと、ジャムセッションの仕組まれざるもの。この融合にこそブルーノートの哲学がある

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

中山康樹

1952年、大阪府堺市生まれ。ジャズ専門誌「スイングジャーナル」編集長などを経て、独立後は音楽評論家として活躍。「スイングジャーナル」時代には、現地取材で多くのジャズ・レジェンドと親交を深め、とくにマイルス・デイヴィスについては、そのレコーディングに立ち会うなど、「マイルスにもっとも近い日本人」と呼

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド