ヴァイル、クルト(1900-50)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

『三文オペラ』全曲 ジョン・マウチェリ&ベルリン・シンフォニエッタ、ウテ・レンパー、ミルバ、ルネ・コロ、他(1988 ステレオ)

ヴァイル、クルト(1900-50)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4784581
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

20世紀の音楽シリーズ
マウチェリ/クルト・ワイル:三文オペラ


ウテ・レンパーを起用した、みごとなキャバレー・ソング
18世紀のイギリスの『乞食オペラ』をもとに制作。ロンドンの下町を舞台に、盗賊団の首領と、彼に娘をとられた営利的な乞食団体の主人とを中心とする様々なかけひきによって展開するこの音楽劇は、「時代の鏡」として大成功をおさめ、ワイル=ブレヒトの名を世界的にしました。
 「若き日のマレーネ・ディートリヒを思わせるカリスマ性」と高い評価を得ている歌手ウテ・レンパーを起用したこの演奏は、「信じられないほどの魅力」と圧倒的な評価を得ました。みごとなキャバレー・ソングをお楽しみください。(ユニバーサルIMS)

【収録情報】
・ワイル:歌劇『三文オペラ』全曲

 ウテ・レンパー(ヴォーカル)
 ルネ・コロ(テノール)
 ヘルガ・デルネシュ(メゾ・ソプラノ)
 ミルバ(ヴォーカル)
 マリオ・アドルフ(ヴォーカル)、他
 RIAS室内合唱団
 RIASベルリン・シンフォニエッタ
 ジョン・マウチェリ(指揮)

 録音時期:1988年11月
 録音場所:ベルリン
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
若い頃クルト・ヴェイルは、トムウェイツや...

投稿日:2017/06/27 (火)

若い頃クルト・ヴェイルは、トムウェイツやデヴィッド・ボワイの歌で知りました。その後、マリン・オルソップの指揮するオーケストラ音楽、そして、このアメリカの名匠、若いマウチェリの指揮、ウテ・レンパーらが歌う、この名盤でにんまり。寺山修司の芝居にも出てきそうなキャバレー・ミュージック、退廃だか知らないが、飲みたくなるし、ヴェイル、ブレヒトならではの小オーケストラによる、この時代ならではの音楽。元々は、イギリスの乞食オペラを下敷きに、三文オペラ(Threepenny Opera)と書き替えられた傑作、名歌の数々。マウチェリは、多くのクロスオーヴァーミュージック・オペラで、名を馳せ、Nashville Symphony では、ガーシュインの「ポーギーとべス」オリジナル版も録音している。肩肘張らずに、こちらも、楽しめます。人間の性、が過ぎりつつ。

sunny さん | Hyogo | 不明

1

ヴァイル、クルト(1900-50)に関連するトピックス

おすすめの商品