ルイーズ・スピルズベリー

人物・団体ページへ

ルールと責任 今、世界はあぶないのか? 8

ルイーズ・スピルズベリー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566080621
ISBN 10 : 4566080625
フォーマット
出版社
発行年月
2020年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
32p;23X23

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヒラP@ehon.gohon さん

    シリーズタイトルは疑問形ですが、間違いなく、今世界はあぶないことをこの絵本で痛感しました。 ルールがいかに大切か、ルールを守ることの必要性を語ったう上で、ルールを守らなかった時の責任について、子どもにわかりやすく語った本です。 ルールを守らなかった時のために、法律があり、国際法があるとこの本は述べています。 まったくその通りだと思います。 ルールを守らなかった時には、責任を取らなければいけないはずなのです。

  • かおりんご さん

    絵本。SDGsとルールは、一見すると関係がなさそうだけれど、しっかり読み解くと大事だなと思わされる。モラルとルールの違いも分かりやすい。

  • かおりんご さん

    読み聞かせ。なぜ、ルールが大事かを考えるきっかけとして。

  • おはなし会 芽ぶっく  さん

    全8巻の中の1冊。SDGs12・16・17 相手のことを思いやって行動するのはルールありき。読者が知識を得て、確認できるように、更に問いかけるように書かれています。

  • 遠い日 さん

    「今、世界はあぶないのか?」シリーズ8。「ルールと責任」。SDGsの目標、12、16、17の学びのために。ルールとは気持ちよく暮らすための約束事。マナーやモラルよりもっと普遍的な誰もが守るべき約束事。そして、ルールを尊重して守ることは、わたしたちの責任。つまり、ルールはわたしたちの責任によって成り立っている。「やるべきこと」、「引き受ける覚悟」、それを理解できればルールによる制約も納得できる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品