リムスキー=コルサコフ (1844-1908)

人物・団体ページへ

CD

R=コルサコフ:シェエラザード、他 ゲルギエフ/マリインスキー劇場管弦楽団

リムスキー=コルサコフ (1844-1908)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCP1060
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

「……メロディックなフレーズは驚くほどゆったりしたテンポで妖艶に歌い上げ、4曲目では人間業とは思えぬほどのスピード感で鳴り響くオーケストラが巨大な音の波となって突進する。」「その濃厚な表現は不気味なほど!」 宇野功芳

衝撃!鮮烈!斬新!
命を吹き込まれたかのような、艶やかなる音絵巻!
ゲルギエフでしかありえない濃厚な《シェエラザード》、遂に登場!
底知れぬヴァイタリティとカリスマ性で、強烈にアピールする音楽を聴かせてくれる唯一無二の指揮者ゲルギエフ。

リムスキー・コルサコフ:交響組曲《シェエラザード》

第1曲:海とシンドバッドの船 
第2曲:カランダール王子の物語 
第3曲:若い王子と王女 
第4曲:バグダッドの祭り−海−青銅の騎士の立つ岩での難破−終曲 
ボロディン:交響詩《中央アジアの草原にて》
バラキレフ:イスラメイ(東洋風幻想曲)

ワレリー・ゲルギエフ指揮キーロフ歌劇場管弦楽団
録音:2001年11月 サンクトペテルブルグ

内容詳細

おさえたテンポでトロンボーンが鳴り、ヴァイオリンのソロが静かに、しかも濃密にメロディを奏でる。最近はやりの洗練されたスッキリ系のシェエラザードとはまったく異なる演奏だ。バグダッドの祭りでのほとばしる激情にはすごみさえ感じさせられる。★(長)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. シェエラザード*交響組曲
  • 02. イスラメイ
  • 03. 中央アジアの草原にて*交響詩
  • 04. バグダードの祭り、海、青銅の騎士の立つ岩での難破、終曲*シェヘラザード
  • 05. 中央アジアの草原にて*交響詩
  • 06. イスラメイ

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
22
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
7
★
★
☆
☆
☆
 
4
★
☆
☆
☆
☆
 
4
★
★
★
★
★
R.コルサコフの曲で一番「幸福感」を感ずる...

投稿日:2021/03/20 (土)

R.コルサコフの曲で一番「幸福感」を感ずる名曲。

ハッチ さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
芳醇 深遠 芸術とはまさにこれを言う。

投稿日:2018/04/23 (月)

芳醇 深遠 芸術とはまさにこれを言う。

キンちゃん さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
このコンビでの実演を新潟のリュートピアで...

投稿日:2015/01/10 (土)

このコンビでの実演を新潟のリュートピアで以前に聞いています。S/N比の良いホールなので、細かい音までよく聴こえ、ダイナミックレンジは驚異的。リュートピアホールが箱鳴りしたのは、後にも先にもあれ一度しか体験がありません。生演奏では、今まで体験した中で最高の音のスペクタクルを味わいました。このディスクは、ホールこそ違えど、その時の音の感じや燃焼度が良くパッケージされていると思います。個人的には文句なしに最高のシェラザードです。ゲルギエフさん、この手のロシアものをやる時は全身アドレナリン出まくりと言った感じで、とにかくエネルギッシュな人ですね。 なお、このディスクの迫力やスケール感をオーディオで再生するのは、私自身この十年ほど取り組んでいますが、結構難しいです。大型スピーカーと、それをねじ伏せるだけのハイパワーアンプで歪みのない大音量再生ができた時に初めてあの実演の感じが戻ってきます。

orisuke さん | 新潟県 | 不明

0

リムスキー=コルサコフ (1844-1908)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品