SACD

交響曲全集 飯森範親&山形交響楽団(13SACD)

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
OVCL00630
組み枚数
:
13
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド

商品説明

モーツァルト:交響曲全集
飯森範親&山形交響楽団


「アマデウスへの旅」からスタートした10年間の軌跡が交響曲全集としてSACD Hybrid盤で登場!
2007年から始まった飯森範親と山形交響楽団によるモーツァルト全曲演奏会「アマデウスへの旅」と、その後のリクエスト公演等の録音を収めた、10年間の集大成ともいえる交響曲全集。
 バロックトランペットやナチュラルホルンを使用するなど、演奏法にもこだわり、ライヴ録音でありながら、クリアで清々しい演奏を実現しています。また、飯森と山響の深い結びつきが感じられる一体感のある音楽も魅力のひとつです。日本最高峰のモーツァルト演奏を是非お聴きください。(メーカー資料より)

【収録情報】
モーツァルト:交響曲全集


Disc1
● 交響曲第1番変ホ長調 K.16
● 交響曲ヘ長調 K.Anh.223(19a)
● 交響曲第4番ニ長調 K.19
● 交響曲第5番変ロ長調 K.22
● 交響曲ト長調 K.Anh.221(45a)『旧ランバッハ』
● 交響曲第6番ヘ長調 K.43

Disc2
● 交響曲ヘ長調 K.76(42a) (第43番)
● 交響曲変ロ長調 K.Anh.214(45b) (第55番)
● 交響曲第7番ニ長調 K.45
● 交響曲第8番ニ長調 K.48
● 交響曲第9番ハ長調 K.73
● 交響曲ニ長調 K.81(73l) (第44番)

Disc3
● 交響曲ニ長調 K.95(73n) (第45番)
● 交響曲ニ長調 K.97(73m) (第47番)
● 交響曲変ロ長調 K.Anh.216 (74g/Anh.C11.03) (第54番)
● 交響曲第10番ト長調 K.74
● 交響曲第11番ニ長調 K.84(73q)
● 交響曲ニ長調 K.111&120(111a) (第48番)
● 交響曲ヘ長調 K.75 (第42番)

Disc4
● 交響曲ハ長調 K.96(111b) (第46番)
● 交響曲第12番ト長調 K.110(75b)
● 交響曲第13番ヘ長調 K.112
● 交響曲第14番イ長調 K.114
● 交響曲ニ長調 K.135

Disc5
● 交響曲第15番ト長調 K.124
● 交響曲第16番ハ長調 K.128
● 交響曲第17番ト長調 K.129
● 交響曲第18番ヘ長調 K.130

Disc6
● 交響曲第19番変ホ長調 K.132
● 交響曲第20番ニ長調 K.133
● 交響曲第21番イ長調 K.134
● 交響曲ニ長調 K.161&163(141a) (第50番)

Disc7
● 交響曲第22番ハ長調 K.162
● 交響曲第23番ニ長調 K.181(162b)
● 交響曲第24番変ロ長調 K.182(173dA)
● 交響曲第25番ト短調 K.183(173dB)
● 交響曲第26番変ホ長調 K.184(161a)

Disc8
● 交響曲第27番ト長調 K.199(161b)
● 交響曲第28番ハ長調 K.200(189k)
● 交響曲第29番イ長調 K.201(186a)

Disc9
● 交響曲第30番ニ長調 K.202(186b)
● 交響曲ニ長調 K.196&121(207a) (第51番)
● 交響曲ハ長調 K.208&102(213c) (第52番)
● 交響曲第31番ニ長調 K.297(300a)『パリ』
● 交響曲第32番ト長調 K.318

Disc10
● 交響曲第33番変ロ長調 K.319
● 交響曲第34番ハ長調 K.338
● 交響曲第35番ニ長調 K.385『ハフナー』

Disc11
● 交響曲第36番ハ長調 K.425『リンツ』
● 交響曲第38番ニ長調 K.504『プラハ』

Disc12
● 交響曲第39番変ホ長調 K.543

Disc13
● 交響曲第40番ト短調 K.550
● 交響曲第41番ハ長調 K.551『ジュピター』

 山形交響楽団
 飯森範親(指揮)

 録音時期:
 2007年8月11日(K.Anh.223、第39番)、10月6日(第4番、第31番)
 2008年2月9日(第5番、第26番、第29番)、8月2日(K.Anh.221、第33番)、10月10日(K.76、第36番)
 2009年2月28日(第6番、第27番)、7月31日(K.Anh.214、K.75)、10月3日(第7番、第40番)
 2010年2月13日(K.95)、6月5日(第10番、第34番)、10月2日(第9番、第20番)
 2011年2月19日(第21番)、6月11日(第11番、第25番)、10月1日(第8番、第19番)
 2012年2月4日(第14番、第18番)、7月8日(第12番、第35番)、10月6日(第13番、第15番)
 2013年2月16日(K.81)、6月1日(第16番、第23番、第28番)、10月5日(第32番)
 2014年2月15日(第22番、第24番、第30番)、4月12日(K.96、第38番)、10月5日(第17番、第41番)
 2015年2月14日(第1番、K.97)、12月6日(K.111&120)
 2016年2月14日(K.161&163、K.196&121)、11月11日(K.Anh.216、K.135、K.208&102)

 録音場所:山形テルサホール(K.Anh.216、K.135、K.208&102のみ山形・南陽市文化会館)
 録音方式:ステレオ(DSD/ライヴ)
 SACD Hybrid
 2ch HQ (CD STEREO/ SACD STEREO)

収録曲   

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
近年ではよくあるモダンオケ、対向配置、部...

投稿日:2018/06/14 (木)

近年ではよくあるモダンオケ、対向配置、部分的にピリオド楽器を用いたピリオドアプローチによる交響曲全集。同じモダンオケでのアダムフィッシャー盤と比較して、やや重めで、日本のオケらしくよい意味で中庸・無国籍的な演奏だ。だが金管やティンパニは割と控えめで(録音のせいもあるか?)、個人的には若干物足りなさを覚えた。アーノンクールやヤーコプスのようなデフォルメされた演奏がお好きでなければこちらの飯森盤がよいかも。

akiapple さん | 大分県 | 不明

0
★
★
★
★
★
もうこれは快挙!という他ないモーツアルト...

投稿日:2017/04/22 (土)

もうこれは快挙!という他ないモーツアルト交響曲全集CDです。 日本のオケ、それも地方のオケでこれだけ優れたモーツアルトの交響曲全集が聴けるのは驚きです。 とにかく演奏、録音(SACD)とも素晴らしいクオリティです! 山響の清々しい弦やピリオド楽器の金管、ティンパニーはとても心地よい響きです。 初期から中期の交響曲でもハッ!とするような名曲を再発見できます。 モーツアルトファンは必聴CD!

ボレロ さん | 山形県 | 不明

5

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品