SACD

モーツァルト:交響曲第40番、第41番『ジュピター』、ドヴォルザーク:交響曲第8番 ヘルベルト・フォン・カラヤン&ウィーン・フィル(シングルレイヤー)

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCGD9075
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SACD
その他
:
限定盤

商品説明

モーツァルト:交響曲第40番、第41番、ドヴォルザーク:交響曲第8番
ヘルベルト・フォン・カラヤン&ウィーン・フィル


【SACD〜SHM仕様】【初回生産限定盤】
デッカ創立90周年を記念し、カラヤンとウィーン・フィルがデッカに録音したオーケストラ作品をSA-CD化。こちらのアルバムには、モーツァルトの最後の2曲の交響曲と、ドヴォルザークの交響曲第8番を収録しています。
 DECCAのオリジナル・アナログ・マスターから英Classic Soundにて2019年制作のDSDマスターを使用。(メーカー資料より)

【収録情報】
1. モーツァルト:交響曲第40番ト短調 K.550
2. モーツァルト:交響曲第41番ハ長調 K.551『ジュピター』
3. ドヴォルザーク:交響曲第8番ト長調 Op.88


 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)

 録音時期:1959年3月(1)、1963年4月(2)、1961年&1963年(3)
 録音場所:ウィーン、ゾフィエンザール
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)
 SACD Single Layer

内容詳細

カラヤン指揮による、モーツァルトの交響曲第40番、第41番「ジュピター」、ドヴォルザークの交響曲第8番を収録。晩年期の熟練したモーツァルト作品、祖国チェコへの愛国心があふれるドヴォルザーク作品を堪能できる。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

  • 01. 交響曲 第40番 ト短調 K.550 第1楽章: Molto allegro
  • 02. 交響曲 第40番 ト短調 K.550 第2楽章:Andante
  • 03. 交響曲 第40番 ト短調 K.550 第3楽章: Menuetto (Allegretto) - Trio
  • 04. 交響曲 第40番 ト短調 K.550 第4楽章: Allegro assai
  • 05. 交響曲 第41番 ハ長調 K.551 ≪ジュピター≫ 第1楽章: Allegro vivace
  • 06. 交響曲 第41番 ハ長調 K.551 ≪ジュピター≫ 第2楽章: Andante cantabile
  • 07. 交響曲 第41番 ハ長調 K.551 ≪ジュピター≫ 第3楽章: Menuetto (Allegretto)
  • 08. 交響曲 第41番 ハ長調 K.551 ≪ジュピター≫ 第4楽章: Finale (Molto allegro)
  • 09. 交響曲 第8番 ト長調 作品88 第1楽章: Allegro con brio
  • 10. 交響曲 第8番 ト長調 作品88 第2楽章: Adagio
  • 11. 交響曲 第8番 ト長調 作品88 第3楽章: Allegretto grazioso - Molto vivace
  • 12. 交響曲 第8番 ト長調 作品88 第4楽章: Allegro ma non troppo

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品