モーツァルト(1756-1791)

人物・団体ページへ

DVD

『ドン・ジョヴァンニ』全曲 ハンペ演出、カラヤン&ウィーン・フィル、レイミー、トモワ=シントウ、ヴァラディ(日本語字幕付)

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SIBC23
組み枚数
:
1
:
日本
画面サイズ
:
通常
:
カラー
フォーマット
:
DVD

商品説明

・モーツァルト:歌劇『ドン・ジョヴァンニ』全2幕
 サミュエル・レイミー
 アンナ・トモワ=シントウ
 エスタ・ヴィンベルイ
 パータ・ブルシュラーゼ
 ユリア・ヴァラディ
 キャスリーン・バトル、他
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)
 演出:ミヒャエル・ハンペ
 1987年7月、ザルツブルク音楽祭にて収録
 収録時間:192分
 画面:カラー、4:3
 音声:リニアPCMステレオ
 字幕:日本語
 NTSC

内容詳細

晩年のカラヤンが最も重要視した映像を収める《カラヤンの遺産》シリーズ。今や伝説としか言いようのない、ザルツブルク音楽祭でのカラヤンの指揮するモーツァルトのオペラ。(CDジャーナル データベースより)

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
7
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
3
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
忘れがたいドン・ジョバンニです。私は、19...

投稿日:2015/10/22 (木)

忘れがたいドン・ジョバンニです。私は、1988年のカラヤン最後のドン・ジョバンニをザルツブルクで聴きました。この1987年と同じ顔触れでした。当時最高のドン・ジョバンニ歌いだったサミュエル・レイミーをはじめ、レポレロのフルラネット、騎士長のブルチュラーゼと揃った男性陣はじつに強力で、地獄落ちでは祝祭大劇場はさながら地鳴りのするようでした。バルツァが降りてヴァラディがエルヴィラ、カラヤンお気に入りのトモワ・シントウのドンナ・アンナ。生の舞台には及びませんが、素晴らしいドン・ジョバンニの映像です。たしかシュナイダー・ジームセンと思いますが美術は。地獄落ちが綺麗です。カラヤンのオペラの最後の幸福な到達点といえます。

カワサキヤ さん | 東京都 | 不明

3
★
★
★
★
★
70年代まで決してライブを発売しなかったカ...

投稿日:2010/02/07 (日)

70年代まで決してライブを発売しなかったカラヤン。75年にDGと再契約をするまで同曲の再録音ができずEMIに再録音をしていた。オズボーンとのインタビューが75年に行われ ライブ録音を”嫌だね。絶対したくない。”と語っていた。多くの方がカラヤンにライブ録音を薦め バーンスタインの成功もあって踏み切ったのが1982年。エロイカとファルスタッフ、マーラー9番で始まったが遅きに失した。60/70年代の稀代の名演が各国にかろうじて残された演奏旅行の記録に頼らざるを得ない現実。今後の発見が期待される。カラヤンの正規発売は60/70年代前半の記録を除き カラヤンの実力を100%反映しているとはいえないものが多いのも事実。 当然の事ながら全盛期と言えども スタジオ録音では 音を置きに行っている演奏も散見される。ドンジョヴァンニは60年と70年前のライブが残っており 全盛期イコール最高の名演とは限らないことを教えてくれる。この演奏は最晩年に近い時期だがオペラとは演奏技術だけではない為 結果最高の結果を見せていると思う。ギャウロフとの正に全盛期の演奏(70年)が明らかにこの演奏より優れているとも言えないと思う。この時期のカラヤンは明らかに衰えているはずだが、ここが交響曲とは違う点であり難しいが この演奏はドンジョヴァンニの最高の映像記録と自信を持って薦められる演奏であります。

karayanus2 さん | UNITED KINGDOM | 不明

0
★
★
★
☆
☆
LDのようにひっくり返す二層式DVDは初...

投稿日:2008/12/07 (日)

LDのようにひっくり返す二層式DVDは初めてですが、非常に不便です・・・。 8千円台と高価な国内盤と較べても明らかに画質は落ちます。VHSに喩えれば、3倍モードの酷い画質。国内盤にはイタリア語の字幕がないので、敢えて安価な輸入盤も購入。内容は悪くないのですが、画質が安かろう悪かろうなのは残念。87年のムーティ盤の画質も酷かったが、フィルム撮りの54年のフルトヴェングラー盤に、中身も画質も完全に負けてます・・・。

燕の巣 さん | 静岡 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品