ムソルグスキー(1839-1881)
新商品あり

ムソルグスキー(1839-1881)

ムソルグスキー(1839-1881) | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

プロフィール

モデスト・ペトローヴィチ・ムソルグスキー(Modest Petrovich Mussorgsky, 1839年3月21日 - 1881年3月28日)は、ロシアの作曲家で、「ロシア五人組」の一人。「五人組」の中では、そのプロパガンダと民謡の伝統に忠実な姿勢をとり、ロシアの史実や現実生活を題材とした歌劇や諷刺歌曲を書いた。国民楽派の作曲家に分類され、歌劇『ボリス・ゴドゥノフ 』や管...

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

関連商品

商品ユーザーレビュー

554件

すべてのユーザーレビューを見る(554件)

  • オルガン版展覧会の絵は何種類も持っているが、トラン...

    投稿日:2021/02/28

    オルガン版展覧会の絵は何種類も持っているが、トランペットとのデュオはグッドアイデア!想像以上にベストマッチで、マイルスのアランフェス以来の衝撃と言っても過言ではない。とてもトランペット1本とは思えない表現力に舌を巻く。物置に眠っているペットをまた練習しようかしら。

    ビアだる太郎 さん |60代

    1
  • 思わず聞き惚れる名盤です。ジェフリー・サイモンは、...

    投稿日:2020/10/20

    思わず聞き惚れる名盤です。ジェフリー・サイモンは、前に買ったドビュッシーの「海」や「小組曲」で、これは只者ではないと思いましたが、やはり当たりの1枚でした。100名以上の方が欲しいものに登録されていいますが、是非是非きいてみてください。聴き慣れたラベル編曲に比べて、新鮮な魅力的な響きで全曲聴き通せます。ピアノ協奏曲という感じではないのですが、金管の響かせ方がとても斬新で美しい。フィルアップの小品も面白い。最後の「禿山」も疾風怒涛の如き超快速の快演でお勧めです。

    よねさん さん |60代

    1
  • ロト&レ・シエクルは目が離せない。聴き飽きた感のあ...

    投稿日:2021/07/24

    ロト&レ・シエクルは目が離せない。聴き飽きた感のある「展覧会の絵」だが、まだこんな解釈、こんな演奏方法があったのかと、今回も感服させられてしまった。楽器の音色自体、通常聴き慣れているものと微妙に違うことは、ど素人の私でも何となく分かるのだが、一曲一曲の捉え方が、さすがロトなのだ。先の方も指摘されている「キエフの大門」のクライマックス直前の解釈には、思わず声をあげそうになった。これがコンサートホールなら、恐らく最終音の余韻が消えて恐ろしい沈黙が数秒あった後、ブラボーの喝采。誰もが驚嘆のあまり、フライングのブラボーさえ忘れてしまうのではないだろうか。「ラ・ヴァルス」は以前DCHでベルリン・フィルとのライブを聴いたが、オケを見事にドライブしており、早く手兵と録音してほしいと思っていたが、それが実現。細部に拘りつつスケールの大きなワルツを生み出した。余談ながら、DCHで観たソヒエフの「展覧会の絵」も壮絶な終曲、ある意味ロト以上で、CDデビュー当時のトゥールーズ盤とは比較にならないものだった。再録希望❗️

    白文鳥 さん |60代

    1

既に投票済みです

ありがとうございました

チケット情報

現在、ムソルグスキー(1839-1881)のチケットはありません。
お気に入り登録
することで最新情報をお届します。

%%message%%