CD 輸入盤

ブラームス:交響曲第3番、ヴェーバー:序曲集 ベーム&ウィーン・フィル(1953、1951)

ブラームス(1833-1897)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4803793
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Australia
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

いかにもウィーンらしい古典的な均整美に溢れた名演

1950年代、巨匠ベームはウィーン・フィルとともに、モーツァルト、ベートーヴェン、ブラームス、シューベルト、ヴェーバーといった多くの名録音をデッカに残しました。当盤に収録されたブラームスの交響曲第3番は、いかにもウィーンらしい古典的な均整美に溢れた名演で、初演の地でもあるムジークフェラインザールにおける録音。また、その2年前に録音されたヴェーバーの4つの序曲も、慈愛に満ちた名演揃いです。(ユニバーサルIMS)

【収録情報】
1. ブラームス:交響曲第3番ヘ長調Op.90
2. ヴェーバー:『オベロン』序曲
3. ヴェーバー:『オイリアンテ』序曲
4. ヴェーバー:『ペーター・シュモルとその隣人たち』序曲
5. ヴェーバー:『プレチオーザ』序曲

 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 カール・ベーム(指揮)

 録音時期:1951年5月(2-5)、1953年6月(1)
 録音場所:ウィーン、ムジークフェラインザール
 録音方式:モノラル(セッション)

収録曲   

  • 01. Symphony No. 3 in F Major, Op. 90
  • 02. Overture
  • 03. Overture
  • 04. Overture
  • 05. Overture

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
ベームの旧盤、実はこの時点でベーム先生は...

投稿日:2014/03/01 (土)

ベームの旧盤、実はこの時点でベーム先生はすでに60歳前後なんですな。ブラームスはセッションにおける彼らしくきっちりした枠の中に納めた表現。年代相応ながら古めかしい音のせいもあって、個人的にはさほど魅力的だとは思いませんでした。やや生硬で想念が小さい気がします。カップリングのウェーバーでは、曲の良さもあり、何たって「オベロン」がダントツにすばらしい。これぞロマンティックというべき、実に美しい出来栄えでうっとりいたします。ほかはそこそこ。「魔弾の射手」序曲があるとまさに画竜点睛だったのにねぇ。残念。音質は年代相応。でもデッカならではのハイレベルで、レンジは広く全てのパートはしっかり録れています。そうだなあ、楽壇の頂点に「祭り上げられる」やや前のベーム先生の、「普通の記録」という感じかもしれません。

ほんず内閣総理大臣 さん | 北海道 | 不明

0
★
★
★
★
★
このブラ3は、少年時代、キングレコードの...

投稿日:2011/07/11 (月)

このブラ3は、少年時代、キングレコードの1000円盤LPで聴いていた。その直後に新譜でDGのベーム・ウィーンフィルのブラームス交響曲全集が出て、迷った挙句買いなおし、少ない小遣いを出費した思い出がある。新旧のブラ3、覇気と構成力をとるならこの旧盤、録音の良さとメロウな響きと枯淡の境地の自然さを楽しむなら新盤だろう。いずれも甲乙つけがたい魅力がある。余白の序曲も生き生きした名演ばかりで、改めてオペラ指揮者の側面にも気づかされる。モノラル時代のdeccaサウンドは楽器の分離は良いが、くすんだ響きがあまり好みではなかった。この旧録音は大人になって買いなおしたLPを持っており、1000円盤とは違うしっかりした音を楽しんできたが、CDが出てしまうと、やはりこちらに手が伸びてしまう。くすんだサウンドも多少は改善されているようだ。国内盤CDが10年以上前に出ていた頃は見向きもしなかったのだが、カタログから消えてしまうと、不思議とさびしく思うもので、今回の復活には敬意を表したい。

eroicka さん | 不明 | 不明

3
★
★
★
★
★
名演として広く知られていたベーム、VPOの旧...

投稿日:2011/06/19 (日)

名演として広く知られていたベーム、VPOの旧盤、90年代には国内盤もあったと記憶しているが、つい買いそびれ、ここ数年は入手不可能。オークションにも出ず歯痒い思いでいたところに嬉しい復活の報、即購入した。期待は裏切られなかったというより、何故こんなに素晴らしい演奏を廃盤扱いにしていたのか理解に苦しむ。間違いなく同曲トップランクの名演である。ブラームスの堅固な構成をずっしりと表出しながらも、音楽は淀みなく流れ、しかも叙情も十分にあり、往時のVPOの表現力(管の味わい、弦の美しい表情)が大きな威力を発揮している。第2、第3楽章の深い想い(叫んではいないのに、胸にぐっと迫るものがある)。そして第4楽章の熱気。知-情-意が極めて高い意味でバランスしており、幾度聞いても飽くことが無い。当サイトでも高い支持を得ている全集中のVPO盤(75.6)との比較だが、結論を先に言えばどちらも素晴らしい。58才と80才のこの曲に向ける視線の差、人生に対する思いの違いが両方の演奏の違いと言えようか。旧盤は壮年期の前向きなロマン性、後者は後ろ髪をひかれるがごとき深い情感に満ちている。ウェーバーも劇場人ベームの面目躍如たる活き活きとした快演だが、珍しい曲がある一方不思議にも「魔弾」が含まれていないのは惜しい(オルフェオに72年ライブの「魔弾」全曲があるがこれは序曲から素晴らしい)。前にも書いたが「生存率」の高いベームの録音だが、当サイトでも支持の高かった「運命」旧盤や、ミサ・ソレムニス旧盤、ブラ2旧盤等50年代の名録音がここのところ入手しづらい(もっともDGはネット配信はしていますというだろうけれど、やはりハードが欲しい)。今年はベーム没後30年。是非早期の再発をお願いしたい。

千葉のアリアドネ さん | 千葉県 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ブラームス(1833-1897)

1833年:北ドイツのハンブルクでヨハネス・ブラームス誕生。 1843年:演奏会にピアニストとして出演。作曲家、ピアニストのマルクスゼンに師事。 1852年:ピアノ・ソナタ第2番が完成。 1853年:ピアノ・ソナタ第1番、ピアノ・ソナタ第3番が完成。 1854年:ピアノ三重奏曲第1番、シューマンの主題による変奏曲が完成。

プロフィール詳細へ

ブラームス(1833-1897)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品