DVD 輸入盤

バレエ『パリの炎』 ラトマンスキー振付、ボリショイ・バレエ、オシポワ、サーヴィン、他(2010)

バレエ&ダンス

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
BAC062
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
画面サイズ
:
ワイドスクリーン
:
カラー
フォーマット
:
DVD
その他
:
輸入盤

商品説明

お待たせしました。
ソヴィエト・バレエを代表する幻の傑作がDVDでついに登場


ソヴィエト・バレエを代表する傑作ながら、日本では一部のナンバーを除いて録音にも上演にも接するのが難しかったアサフィエフの『パリの炎』が、ついにDVDで登場。
 ボリス・アサフィエフ[1884-1949]はリムスキー=コルサコフとリャードフの門下の作曲家。非常に多作で、バレエ曲を27篇、歌劇を10篇も残していたり、ロシア人としては唯一セゴビアのためにギター曲を作曲もしていますが、むしろ音楽学者として高名で、大著「ロシアの音楽」は邦訳もあります。「ショスタコーヴィチの証言」には卑劣漢として描かれていますが、プロコフィエフの大親友で、かの『古典交響曲』を献呈されています。
 『パリの炎』は1932年の作で、フランス革命を題材とし、虐げられた人民が腐敗した貴族社会を倒す姿が描かれています。そのプロパガンダ色の強さと時代を逆行したような音楽にとまどいつつも、健康的な前向きさに感激させられます。アサフィエフの音楽はモダニズムのかけらもない古典的作風で、澄み切った管弦楽法と輝かしい金管の扱いが光ります。また、フランス古典舞曲調の美しい作品が多いのも注目です。
 舞台も特筆。ことにフランス宮廷の舞踏会は衣装、踊りともに息をのむ美しさ。主役のサーヴィン、オシポワ、ワシリエフのアクロバティックな演技も流石ですが、貴族たちの優雅な舞はバレエの基礎ができている人たちならではの身のこなしで、まるで美術品のよう。ボリショイのメンバーの実力を実感できます。(キングインターナショナル)

【収録情報】
・バレエ『パリの炎』全幕

 音楽:ボリス・アサフィエフ
 振付:アレクセイ・ラトマンスキー(ワイノネン版に基づく)
 舞台美術:イリヤ・ウトキン、エフゲニー・モナホフ
 衣装:エレーナ・マルコフスカヤ
 出演:
 ナターリヤ・オシポワ(ジャンヌ)
 デニス・サーヴィン(ジェローム)
 イワン・ワシリエフ(フィリップ)
 ユーリー・クレフツォフ(ド・ボールガール侯)
 ニーナ・カプツォーワ(アデリーヌ)
 他、ボリショイ・バレエ団
 演奏:パヴェル・ソローキン指揮、ボリショイ劇場管弦楽団

 収録時期:2010年3月
 収録場所:モスクワ、ボリショイ劇場(ライヴ)

(特典映像 字幕:英仏独)
・リハーサル、オシポワ、ワシリエフ、ラトマンスキーのインタビュー映像

 収録時間:本編103分、特典21分
 画面:カラー、16:9
 音声:PCM STEREO/ DTS 5.1
 NTSC
 Region All

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

おすすめの商品