CD 輸入盤

【中古:盤質A】 複数のチェンバロのための協奏曲集、三重協奏曲 モルテンセン&コンチェルト・コペンハーゲン、ピノック、スパーンズ、他(2CD)

バッハ(1685-1750)

中古情報

新品ジャケット
こちら ※参考のため、実際の商品と異なる場合がございます
:
A
特記事項
:
なし
コメント
:
2枚組/ケースすれ
:
HMV record shop オンライン

基本情報

ジャンル
カタログNo
777681
レーベル
Cpo
Germany
フォーマット
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

(こちらは新品のHMVレビューとなります。参考として下さいませ。中古商品にはサイト上に記載がある場合でも、封入/外付け特典は付属いたしません。また、実際の商品と内容が異なる場合がございます。)

バッハ:チェンバロ協奏曲集 第3集(2CD)

コンチェルト・コペンハーゲンと名手ラルス・ウルリック・モルテンセンによる「バッハ作品集」シリーズは、「複数のチェンバロ協奏曲集」です。独奏チェンバロの協奏曲集(999989、777248)のそれぞれも世界的に高く評価されており、今回のアルバムも期待を裏切らない素晴らしいものとなっています。
 これらの複数チェンバロのための作品は、恐らくバッハの息子や生徒たちのために書かれたとされ、どれも技巧の習得と音楽性の鍛錬に役立つものであり、その華やかな曲想は、あのブランデンブルク協奏曲第5番を彷彿させるものでもあります。今回はチェンバロ奏者としてあのトレヴァー・ピノックも参加、息のあった最高の演奏が繰り広げられています。(cpo)

【収録情報】
J.S.バッハ:
● 2台のチェンバロのための協奏曲第1番ハ短調 BWV.1060
● 2台のチェンバロのための協奏曲第2番ハ長調 BWV.1061
● 2台のチェンバロのための協奏曲第3番ハ短調 BWV.1062
● フルート、ヴァイオリンとチェンバロのための三重協奏曲イ短調 BWV.1044
● 3台のチェンバロのための協奏曲第1番ニ短調 BWV.1063
● 3台のチェンバロのための協奏曲第2番ハ長調 BWV.1064
● 4台のチェンバロのための協奏曲イ短調 BWV.1065


 トレヴァー・ピノック(チェンバロ)
 マリエーケ・スパーンズ(チェンバロ)
 マルクス・モーリン(チェンバロ)
 ケティ・ビルヒャー(フルート)
 マンフレード・クレーメル(ヴァイオリン)
 コンチェルト・コペンハーゲン
 ラルス・ウルリク・モルテンセン(チェンバロ、指揮)

 録音時期:2013年
 録音方式:ステレオ(デジタル)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Concerto for two harpsichords BWV 1060 in C minor
  • 02. Concerto for two harpsichords BWV 1060 in C minor
  • 03. Concerto for two harpsichords BWV 1060 in C minor
  • 04. Concerto for two harpsichords BWV 1061 in C major
  • 05. Concerto for two harpsichords BWV 1061 in C major
  • 06. Concerto for two harpsichords BWV 1061 in C major
  • 07. Concerto for two harpsichords BWV 1062 in C minor
  • 08. Concerto for two harpsichords BWV 1062 in C minor
  • 09. Concerto for two harpsichords BWV 1062 in C minor
  • 10. Triple Concerto for flute, violin & harpsichord BWV 1044 in A minor
  • 11. Triple Concerto for flute, violin & harpsichord BWV 1044 in A minor
  • 12. Triple Concerto for flute, violin & harpsichord BWV 1044 in A minor

ディスク   2

  • 01. Concerto for three harpsichords BWV 1063 in D minor
  • 02. Concerto for three harpsichords BWV 1063 in D minor
  • 03. Concerto for three harpsichords BWV 1063 in D minor
  • 04. Concerto for three harpsichords BWV 1064 in C major
  • 05. Concerto for three harpsichords BWV 1064 in C major
  • 06. Concerto for three harpsichords BWV 1064 in C major
  • 07. Concerto for four harpsichords BWV 1065 in A minor
  • 08. Concerto for four harpsichords BWV 1065 in A minor
  • 09. Concerto for four harpsichords BWV 1065 in A minor

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
Mortensen/Concerto CopenhagenのJ.S.Bach...

投稿日:2017/09/14 (木)

Mortensen/Concerto CopenhagenのJ.S.Bachチェンバロ協奏曲全集の第3集、完結編ですが、実は自分が彼らのこの素晴らしい演奏集を知ったのは、この最新盤がきっかけ、Trevor Pinnockのフォローをしていたからでした。それまでは不勉強にして存在だけ知っていたのみで、この盤に接して初めて、Pinnock以上にConcerto Copenhagenの素晴らしさに感銘を受けたのです。J.S.Bachの音楽の再現の最も難しい点の一つは、特に(モテットを除く声楽作品の大部分含め)管弦楽作品における、各楽器、各声部のバランス ー ハーモニー、リズム、テンポおよび音色のすべて ー の正しいあり方を見いだすことがあまりにも難しいことにあると思うのですが、Mortensen/Concerto Copenhagenの演奏はその点において、現時点までで最も理想的な解答に近づき得た一つの姿である、Pinnock/English Concertの(後期)演奏を彷彿とさせる、全く演奏者の我を感じさせない、透明で自然なバランスに近づいています。もちろん、これは今回の第3集で全面的な共演者として裏方を演じているPinnockの存在も大きいでしょうが、Pinnockのいなかった第1,2集でもすでにこの自然な演奏が実現できていたことを思えば、修業時代からの盟友であるMortensen、Pinnockの両者に共通する(教育?)基盤からこの素晴らしい演奏が生み出されたと考えられるかも知れません。特に1台のチェンバロのための協奏曲と異なり、チェンバロ自体も管弦楽の一部としての色合いが濃い、この複数台チェンバロのための協奏曲の数々は、奏者間、および奏者とオーケストラ、指揮者のバランスがうまくいくことは稀ですが(どこか一部が突出したり、ソリストの誰かがやたら目立ってしまう場合は多い)、この演奏はCD2枚通じてすべて非常に美しいまとまりで統一されており、ここにMortensenの指揮者としての並々ならぬ手腕が感じられます。実はあまりにまとまりが良いため、やや優等生的で、それこそ若きPinnock,MortensenらとEnglish Concertの演奏にあった、弾けるような推進力が懐かしい瞬間もないではありませんが、それでもこの自然で透明で美しいチェンバロ協奏曲全集は、疑いなく現代のピリオド楽器によるJ.S.Bach演奏の頂点の一つと思います。いまや大御所のPinnockの演奏が素晴らしいのは言うまでもありませんが、他の若手ソリストもすべて技術的にも音楽的にも、ベテランに全く劣らない素晴らしい演奏を聴かせています。第1,2集を含め、すべてのJ.S.Bachファンにお薦めできる好演盤です。

mimi さん | 兵庫県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

関連するトピックス

音楽 に関連する商品情報

おすすめの商品