時をさまようタック 児童図書館・文学の部屋

ナタリー バビット

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566012424
ISBN 10 : 4566012425
フォーマット
出版社
発行年月
1989年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21cm,173p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Book & Travel さん

    五年生の娘が借りていた本を拝借。不老不死の泉の水を飲んでしまったタック一家と、少女ウィニーとの交流の物語。限りある命ということがどういうことなのか考えさせられる。自然豊かな田舎の村の情景と、少女の揺れ動く心情が細やかに描かれていて読み易く、さわやかな読後感が得られる最終章もいい。派手さはないが、児童書らしい良書で、高学年ぐらいの子にぜひお薦めしたい。

  • 円舞曲 さん

    永遠の命を与えられたものは、切ないものがあります。文章が綺麗で更に、切なさが増しした。8月の第1週目という、時間設定もまた。ブックトーク用に。

  • くさてる さん

    児童書なのだけど、中身はしっかりしたファンタジーで、どこか怪奇の匂いもする。永遠に年を取らない一家と出会った少女の戸惑いと冒険は、「ポーの一族」を彷彿とさせるせつなさ。最後の少女の選択が悲しくも、正しいもので、とてもよかった。

  • はなひげ さん

    8月第1週のできごとだったので、ちょうど同じ時期。いいタイミングに読めました。そっと静かに暮らしていく、次元の狭間に残されてしまったような一家。永久に生きるということは、変わっていく世の中においていかれることであり、死んでいく人々においていかれることでもあり。少し切なくなるお話でした。原題は " TUCK EVERLASTING "

  • えりまき さん

    2022(12)ファンタジー。森の泉の水を飲んで不老不死になったタック家の人々。泉が見つかることを恐れる父親・アンガス。オルゴールが宝物の母親・メイ。結婚して2人娘を授かったが、不老に不信を持たれたため離婚した長男・マイルズ。不老不死を楽しむ次男・ジェシィ。タック家の秘密を知ってしまったウィニー。不老不死を隠すため、家族バラバラ、住むところを転々とし、生き続ける。「死ぬことは、生まれたとたんに約束された車輪の一部なんだよ。」。深いです。他の作品も読んでみたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品