ドヴォルザーク(1841-1904)

人物・団体ページへ

CD

交響曲第2番 ノイマン&チェコ・フィル(1987)

ドヴォルザーク(1841-1904)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
COCO70945
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

クレスト1000シリーズ 第8回発売
2002年6月に第1回シリーズ70タイトルを発売して以来、良質のクラシック廉価盤として熱い支持をいただいてきました。第2回、第3回、第4回、第5回、第6回、第7回とシリーズも回を重ね、いまやDENONクラシックの顔にまで成長しました「クレスト1000」シリーズに、さらに第8回シリーズとして新たに50タイトルが登場します!
 今回もクラシック・ファンの皆さまに自信を持ってお奨めできるラインナップです。(コロムビア)

クレスト1000(402)
・ドヴォルザーク:交響曲第2番変ロ長調 op.4 B.12
 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
 ヴァーツラフ・ノイマン(指揮)

 録音:1987年10月 プラハ、芸術家の家(デジタル)
 レコード芸術推薦

1865年、創作意欲の漲る24歳のドヴォルザークが交響曲第1番に続いて書き上げたもの。50分近い演奏時間を要する大作です。そこにはドヴォルザークならではの美しいメロディの数々とともに、尊敬するワーグナーやベートーヴェン、シューベルトからの影響も見え隠れしています。不滅の金字塔、ノイマンとチェコ・フィルによる2度目の全集録音からの1枚です。(コロムビア)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
第2楽章 なんと美しく哀しい旋律!!。こ...

投稿日:2011/05/29 (日)

第2楽章 なんと美しく哀しい旋律!!。これは8番 9番「新世界より」と並ぶ名曲だ。それに魅せられて全体好きになった。またここで聴くサウンドは音質こそ良い最近のEXTONにはない、チェコの空気がぎっしり詰まっている。そもそもこの全集では後期の名作よりも1〜6までの方が優れていると思う。後期は作曲者自体、海外で活躍していたので、そういうのも影響しているのだろうか。チェコの内面的共感は他の追随を許さないものがある。3楽章でかなり充実して終了してしまいそうな勢いだが、終楽章はさらにしっかり盛り上げ、満腹した感じ。このような隠れ名曲を低価格で販売していただけるのは大変有難い。最近のチェコフィルはEXTONの高い価格でしか手に入らない。さらに買って??もあり、大変遺憾です。ノイマンは優れた名匠だったことを改めて痛感する。  

アッキ さん | 茨城県 | 不明

0
★
★
★
★
★
交響曲では久しぶりに繰り返し聞きたい曲に...

投稿日:2009/07/26 (日)

交響曲では久しぶりに繰り返し聞きたい曲に巡り会えた。ドボさん第4楽章ありがとう。

古関さん さん | 大分県 | 不明

3

ドヴォルザーク(1841-1904)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品