死に山 世界一不気味な遭難事故“ディアトロフ峠事件”の真相

ドニー・アイカー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309207445
ISBN 10 : 4309207448
フォーマット
出版社
発行年月
2018年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
356p;20

内容詳細

一九五九年、冷戦下のソ連・ウラル山脈で起きた遭難事故。登山チーム九名はテントから一キロ半ほども離れた場所で、この世のものとは思えない凄惨な死に様で発見された。氷点下の中で衣服をろくに着けておらず、全員が靴を履いていない。三人は頭蓋骨折などの重傷、女性メンバーの一人は舌を喪失。遺体の着衣からは異常な濃度の放射線が検出された。最終報告書は「未知の不可抗力によって死亡」と語るのみ―。地元住民に「死に山」と名づけられ、事件から五〇年を経てもなおインターネットを席巻、われわれを翻弄しつづけるこの事件に、アメリカ人ドキュメンタリー映画作家が挑む。彼が到達した驚くべき結末とは…!

目次 : プロローグ 一九五九年二月ソ連ウラル山脈北部/ 二〇一二年/ 一九五九年一月二三日/ 一九五九年二月/ 二〇一〇年/ 一九五九年一月二四日/ 一九五九年一月二五日/ 一九五九年一月二五〜二六日/ 一九五九年一月二六〜二八日/ 一九五九年二〜三月〔ほか〕

【著者紹介】
ドニー・アイカー : フロリダ生まれ。映画・テレビの監督・製作で知られる。新しいところでは、MTVの画期的ドキュメンタリー・シリーズThe Buried Lifeを製作。カリフォルニア州マリブ在住

安原和見 : 翻訳家。鹿児島県生まれ。東京大学文学部西洋史学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • sea&pink(しーぴん) さん

    1959年2月、ソ連で起きた、学生9人の遭難事故。その奇妙な死亡状況が謎と憶測を呼ぶ。興味を持ったアメリカのドキュメンタリー作家である著者が現地に足を運ぶ。事故に遭遇するまでの学生達、事故後の捜索、そして著者の足取りを交互に読ませる。遠い世界であった50年代のソ連、若者たちはその中でも自由を謳歌し、男女も平等に歌い語り、情熱と純情、青春の瑞々しさに懐かしさを感じた。1人1人顔写真と来歴、そして丁寧な時系列が整理されている。浮かんだ真相は検証が困難だが、9人の学生達への敬意と哀悼にあふれたしめくくりだった。

  • ケイ さん

    1959年、高いトレッキング技術を持つウラル工科大学生9人のチームが雪山で消息を絶った。亡くなり方の不可解さに加え、当時のソ連の政治的背景もあり、様々な謎を残す。チームのリーダーの名前を冠してディアトロフ事件と呼ばれるこの謎を、アメリカ人の作者は現地に足を向け、様々な人を訊ね、説明をつける。とはいえ、特定は出来ずとも、9人の最後にとった行動や原因はおおよそ現地の人々の考えた範囲であり、だからこそ突き詰めて追求されてこなかったという印象も。ここはソルジェニーツィンが送られた収容所の近く。面白かった。

  • R さん

    ソ連で起きた謎が多すぎる遭難事故の解明に挑んだ、ノンフィクションというか、ドキュメンタリというかという面白本でした。事件の概要がまず面白くて、優秀な学生たちが怪死したという不気味きわまりない事件を調べて、陰謀に傾きがちな諸説を検証していき、今だからこその真実に近づこうと、そういう試みが書かれている。正直、オチはどうだろうと思わされる内容なんだけども、事件の解説と、そこに挑んだ姿は面白くて、ある種のオカルトめいた楽しさがあってよかった。

  • yumiko さん

    1959年ソ連で起きた山岳遭難事故の謎に、米映像作家が挑んだ渾身の一冊。学生隊9名が亡くなるも、調査書には「未知の不可抗力によって死亡」とのみ…。なぜ今迄知らなかったのか。ネット上では有名な未解決事件であるらしい。著者は現地に向かい、関係者に会い、資料を読み込み、専門家の話を聞く。そうして辿り着いた結論は、おそらく現時点で最も信憑性が高いものだろう。陰謀論は好奇心を満たしてはくれる。けれど丁寧に事象を積み重ねた末の説得力にはやはり敵わない。切ない読後感は予想外だった。本年度私的暫定ナンバー1。おススメ!

  • ちょろこ さん

    納得できる一冊。1959年冷戦下のソ連で起きた不可解な遭難事故。50年経てもなお翻弄させられるこの事件ともいうべき事故の謎に挑んだ作品。最初から最後までとにかく読み応えあり。遭難者各人についての記述や写真はもちろん、現地に実際足を運び体験し、綿密な調査と共に謎に挑んでいく過程は読んでいて飽きなかった。特にこの時代背景、目撃証言からの説はかなり興味深く読めた。そして到達した、著者のある一つの結論。これは想像とは違っても充分納得できるものだった。それにしても笑顔に満ち溢れた写真がたまらなく哀しみを誘う…。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ドニー・アイカー

フロリダ生まれ。映画・テレビの監督・製作で知られる。新しいところでは、MTVの画期的ドキュメンタリー・シリーズThe Buried Lifeを製作。カリフォルニア州マリブ在住

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品