ディック キング スミス

人物・団体ページへ

ソフィーは子犬もすき 児童図書館・文学の部屋

ディック キング スミス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566013322
ISBN 10 : 4566013324
フォーマット
出版社
発行年月
2005年01月
日本
追加情報
:
21cm,156p

内容詳細

ソフィーは動物が大好き。だから“女牧場マン”になるつもり。素敵な黒ネコや白ウサギ、色々な生き物を飼っているのに、これ以上何かが欲しいなんて言えるかな。小さいけれど、正義感あふれるソフィーの物語。

【著者紹介】
ディック・キング=スミス : 1922年、イギリスのグロスターシャー生まれ。第二次世界大戦にイギリス陸軍の将校として従軍し、戦後は長い間、農業に従事。50歳を過ぎてから教育学の学位を取り、小学校の教師となる。その頃から童話を発表しはじめ、60歳になった1982年以後は執筆活動に専念している。主な邦訳作品に、ガーディアン賞受賞の『子ブタ シープピッグ』などがある

デイヴィッド・パーキンズ : イギリスのイラストレーター

石随じゅん : 1951年、横浜市生まれ。明治大学文学部卒業。公立図書館に勤務ののち、主に児童文学の翻訳に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぶんこ さん

    女牧場マンになるのが夢の、6歳の女の子ソフィー。 飼い猫のトムが子供を産み、メスとわかりました。 困って、スコットランドの高地に住む、大好きなアルおばさんに相談して、トムボーイという名前に。 トムボーイとは、元気でやんちゃな女の子・・という意味。 まるでソフィーそのものです。 その赤ちゃん猫1匹の代わりに、おばさんからウサギをプレゼントされ、最後に子犬がクリスマスに皆のプレゼントととして、やってきました。 ソフィーのお仲間勢揃いです。 動物好きで一直線のソフィーが大好きになりました。

  • ヴェルナーの日記 さん

    ソフィーは、一度決めたら何でもやりとおす女の子。将来は牧場マン。しかし、女の子だから『女牧場マン』を目指す。今は猫のトムのみだったが、何とトムが子猫を生んだ。オスではなくメスだったのだ。新たに名前をつけ直そうとするが、いいアイディアが浮かばない。こういう時は、ソフィーの大好きなアルおばさんに聞くに限る。それで名前がトムボーイ(お転婆で元気ないい女の子という意味らしい)となった。アルおばさんは、子猫を一匹貰う変わりにウサギをソフィーに、アルビノだからビーノという名前。そして彼女の6度目の誕生日がやって来る。

  • のん@絵本と童話専門 さん

    すごく面白くて没頭して読んだソフィーシリーズ3作目。生き物が大好きで女牧場マンになると誓っているソフィー。ちょっと気難しい性格ですが、「一度決めたらやりぬく女の子」という触れ込みが何度も出てきます。努力し続けるというよりは、決意したことは絶対曲げないという感じでしょうか。ソフィーの黒猫が生んだ赤ちゃんの行き先、大好きな大・大おばさんからのプレゼント、両親が牧場経営者で今後長く相棒として登場するアンドリューとの出会い、アンドリュー家で生まれた小犬…今後に繋がっていく礎となるような巻です。低・中学年

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品