ディック・キング・スミス

人物・団体ページへ

飛んだ子ブタダッギィ 児童図書館・文学の部屋

ディック・キング・スミス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566012479
ISBN 10 : 4566012476
フォーマット
出版社
発行年月
1992年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21cm,228p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 山猫 さん

    妻からのバースデープレゼント。先日、ディック・ブルーナが子供の頃、脚にギプスを着けて過ごした話を読んで、再読。

  • timeturner さん

    ハンディを背負って生まれてきたことを卑下したり隠したりせず、プラスの方向にもっていこうとするダッギィの生き方はポジティブ・シンキングの鑑。それを説教臭く説くのでなく、ユーモラスに楽しく描いているのがいい。アヒルやカワウソ、ヒトなど、ブタ以外のキャラたちも最高。

  • ヴェルナーの日記 さん

    著者ディック・キング・スミスは、昔ヒットした映画『ベイブ』(原名は「子ブタ・シーピック」)の原作者。本作は『ベイブ』より、前に執筆された物語で、子ブタのダッキィが主人公である。ダッキィとは、普通の子ブタより未熟に生まれたブタの総称であり、主人公ダッキィも、本来ならばピッグマン(養豚業者だが、ブタたちから見ると、自分たちの世話をしてくれる召使い)に始末されるはずだった。しかし、ダッキィは運良く生き延びて、空を飛びたいという、ブタらしからぬ夢を持つ。果たして、どの様に夢を叶えるのだろうか?それが見物だ。

  • 渡"邉恵'里' さん

    1992年刊行(原書:1980年)。生まれてすぐに「片づけられた」子ブタが、他のブタとは違う犬のような前足と、彼独自の感性と勇気を使って、運命を切り開いていく話。養豚場や田舎の自然の中にいる動物たちが活躍する話で、人間のように一人一人が独自の考え方や個性があり、実に生き生きと描かれている。他人と違う、普通じゃないということを、自分の強みにして、他の人ならできないことに挑戦していき、どんどん仲間や理解者を増やしていき、最後には大きなことを成し遂げるサクセスストーリー。子ども向けに書かれたが、大人も励まされる

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品