ツェルニー、カール(1791-1857)
新商品あり

ツェルニー、カール(1791-1857) プロフィール

ツェルニー、カール(1791-1857) | プロフィール | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

カール・ツェルニーCarl Czerny ドイツ語:?[karl ?t??rni], 1791年2月21日 ウィーン‐1857年7月15日 ウィーン)は、オーストリアのピアノ教師、ピアニスト、作曲家。父方の祖先はボヘミア出身のスラヴ人で、苗字の綴りは元はチェコ語: ?ernyチェルニー、意味は「黒」)であった。ドイツ語でも発音はチェルニーだが、日本ではツェルニーと発音・表記される事が多い。

概論

ベートーヴェン、クレメンティ、フンメルの弟子で、リストおよびレシェティツキの師。作風は初期ロマン派の傾向に留まった。デビュー後のリストの演奏様式に懐疑的であった時期もあるが、ショパンやリストのような後代の作曲家の斬新性を高く評価し、彼らの編曲や校訂活動を熱心に行った。作品番号は861に上り、未出版のものを含めて1,000曲以上の作品を残した多作家であったが、現在は実用的なピアノ練習曲を数多く残したことで有名な存在である。「王立ピアノ学校〜理論的かつ実践的ピアノ演奏教程」op.500は、当時の演奏風習までを網羅したツェルニー最大の著作である。ツェルニーの作曲活動は半世紀に及んだ。初期Op.1-199は純器楽曲の追及、中期Op.200-599からはクラヴィア練習曲または作曲法教程作家としてのメカニックの追及、後期Op.600-861からは(練習曲作家を継続こそしたが)宗教曲作家としての追及が嗜好に加味されていった。未出版に終わった「テ・デウム(1856)」は死の前年に完成している。

生涯

ツェルニーはウィーンでチェコの音楽家の一家に生まれた。祖父はボヘミアのニンブルクのアマチュア・ヴァイオリニストであり、父のヴェンゼル(ヴァーツラフ)・ツェルニー(Wenzel Czern…

出典:Wikipedia (Wikipediaで続きを見る)

%%message%%