チャールズ アダムス

人物・団体ページへ

アダムス・ファミリー全集

チャールズ アダムス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309207421
ISBN 10 : 4309207421
フォーマット
出版社
発行年月
2018年05月
日本
追加情報
:
224p;22

内容詳細

朽ち果てた屋敷に住む、謎の美女モーティシアたちアダムス一家。世界中で愛される彼らが活躍する漫画集。未発表作、カラー画を含む全作品を収録。詳細な解説付き。2019年、新作映画化。

【著者紹介】
チャールズ・サミュエル・アダムス : 1912年、ニュージャージー州生まれ。アメリカを代表する漫画家のひとり。1933年、21歳のときに『ニューヨーカー』に作品が掲載され、以後、同誌を中心に1600点近くの作品を発表。1988年没。代表作『アダムス・ファミリー』はテレビドラマ化・映画化・ミュージカル化もされ、世界中で人気を博している

安原和見 : 翻訳家。鹿児島県生まれ。東京大学文学部西洋史学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • メルル さん

    192頁のモジャモジャな人が好きなのだ。映画で見た、あの甲高い何を言っているのか分からない姿が懐かしい。原作はひとコマ漫画。ブラックなイラストの数々がひとコマでも十分楽しかった。DVD化されたようだけど、揉め事は解決したのかしら。何はともあれ、また見れるようになって良かった。そしてアニメ版映画の放映も楽しみ。

  • メセニ さん

    実はアダムス・ファミリーって見たことなかった。映画にしろアメリカで放映されていたテレビ版は当然のこと。もちろん彼らのことは知っているし、ずいぶん前だけど日本で車のCMにも出ていたから、その頃かなり人気のファミリーだったと思う。そのすべての始まりが1コマ漫画だったとは。アダムス・ファミリーという名前すらなかったと。ここには原作が完全収録されていて、わりにドギツいユーモアばかりなんだけど、そのくせだんだん愛くるしくなるのは何故だろう。不思議。来年アニメ版が公開されるそうだし、これを機に映画見てみようかしら。

  • スプリント さん

    映画しか知らなかったので、知らないことが多く楽しめました。 ハンドくんのオリジナルも知ることができました。

  • フロム さん

    なんか読んだ事あるわと思ったら。完全版ではない方を読んでたわ。でも以前のバージョンに飽き足らず完全版まで出しちゃう著者の執念には感服。この本も一年後には読んだ事すら忘れそう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品