チャイコフスキー(1840-1893)

人物・団体ページへ

Blu-ray Disc 輸入盤

チャイコフスキー:交響曲第6番『悲愴』、プロコフィエフ:スキタイ組曲、ベルク:『ルル』組曲、他 アバド&シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ

チャイコフスキー(1840-1893)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ACC10204BD
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
画面サイズ
:
ワイドスクリーン
:
カラー
フォーマット
:
Blu-ray Disc
その他
:
輸入盤

商品説明

注目新映像レーベルACCENTUSからブルーレイ登場!
ルツェルン・イースター音楽祭2010/アバド&シモン・ボリバル
アバドの生き生きとした指揮振り!
シモン・ボリバルの若き力が情熱と生命力溢れる演奏で、
繰り広げる瑞々しい秀演!


「ルツェルン・イースター音楽祭」は1988年からはじまり、春のはじまりを告げる復活祭の時期におこなわれます。2010年の音楽祭は、クラウディオ・アバドとグスターボ・ドゥダメルの2人がそれぞれシモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラを指揮するなど充実したプログラムで話題になりました。この映像ではアバドがシモン・ボリバルを率いて、アバド節全開で、大変な盛り上がりを見せています。コンサート開始前に客席で聴くドゥダメルの姿が映し出され、音楽祭の盛り上がりを感じさせます。
 プロコフィエフのスキタイ組曲はバーバリズム炸裂の力演。若手注目ソプラノ、アンナ・プロハスカが登場するベルクの歌劇『ルル』からの交響的小品では、プロハスカの大絶叫、アバドの明晰な演奏が作品の狂気と官能を引き出しています。チャイコフスキーの『悲愴』は、エネルギッシュでメリハリのある演奏で迫力満点。シモン・ボリバルの若き音楽家たちのエネルギーをアバドが吸収し、非常に生き生きとした躍動感溢れる指揮姿が印象的です。(キングインターナショナル)

【収録情報】
・プロコフィエフ:スキタイ組曲Op.20
・ベルク:歌劇『ルル』からの交響的小品(『ルル』組曲)
・モーツァルト:歌劇『魔笛』〜パミーナのアリア「愛の喜びは消え」
・チャイコフスキー:交響曲第6番ロ短調Op.74『悲愴』

 アンナ・プロハスカ(ソプラノ)
 シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラ
 クラウディオ・アバド(指揮)

 収録時期:2010年3月18,19日
 収録場所:ルツェルン、KKLコンサートホール(ライヴ)

 収録時間:111分45秒
 画面:カラー、16:9、Full HD
 音声:PCMステレオ、DTS HD Master Audio 5.1
 BD25
 Region All

※ブルーレイディスク対応プレイヤーでのみ再生できます。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
アバドの「悲愴」は、ウィーン・フィル盤は...

投稿日:2015/07/29 (水)

アバドの「悲愴」は、ウィーン・フィル盤は柔らかすぎ、シカゴ響盤は軽い感じがして、今ひとつ好きになれなかったのですが、この演奏はいいですね。アバドらしい柔らかさは残しつつも、若者たちのオケのエネルギー、ライブの高揚感が加わり、印象深い演奏になっています。前半にプロコフィエフ、ベルク、モーツァルトと、アバドの十八番が並んでいるのも、彼の業績を振り返るのに適した好選曲と思います。オケはドゥダメルとの演奏で実証済みの高い技術を持っており、何ら問題はありません。映像、音質も、いつものルツェルン収録と同様に優秀なものです。

SeaCrow さん | 東京都 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

チャイコフスキー(1840-1893)

1840年:ロシアのウラル地方ヴォトキンスクで鉱山技師の次男として誕生。 1859年:法務省に勤務。 1861年:アントン・ルービンシュタインが設立した音楽教室(1962年にペテルブルク音楽院となる)に入学。 1863年:法務省を退職。 1866年:交響曲第1番『冬の日の幻想』初演。初のオペラ「地方長官」を完成。 1875年:ピア

プロフィール詳細へ

チャイコフスキー(1840-1893)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品