チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ

人物・団体ページへ

アメリカーナ 下 河出文庫

チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309467047
ISBN 10 : 4309467040
フォーマット
出版社
発行年月
2019年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
464p;15

内容詳細

人種問題を扱う先鋭的なブログの書き手として注目を集めるイフェメル。一方オビンゼは、イギリスからナイジェリアに帰郷し、不動産取引で巨万の富を得て、美しい妻や娘と優雅に暮らしている。別々の道を歩んだかつての恋人たちに、再会の時が訪れる。全米批評家協会賞受賞の長篇代表作、待望の文庫化。

【著者紹介】
チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ : 1977年ナイジェリア生まれ。抜群の知性としなやかな感性で繊細な物語を紡ぎ出す。2007年『半分のぼった黄色い太陽』でオレンジ賞受賞。13年『アメリカーナ』で全米批評家協会賞受賞

くぼたのぞみ : 北海道生まれ。翻訳家、詩人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • イシザル さん

    お笑い理論の一つ。「緊張」と「緩和」。移民の苦労をしっかり書いてうまく「緊張」させてるから「緩和」する辛口ジョークを入れて笑いをとる。「緊張」の作り方や辛口を入れる箇所が絶妙な位置なんだろう。だから全米批評家賞は、当然だろう。

  • gachi_folk さん

    人種問題は近くて遠い案件で、どこか対岸の火事であったりする。それをグッと近づけたと言えるほど経験も知識も圧倒的に足りていないのだが、現状認識させてくれる有益な書となった。

  • 御庭番 さん

    ちょっと変な感想になってしまうが、この本は【文学的で黒人問題について知ることのできるフィフティ・シェイズ・オブ・グレイだ】 つまり、壮大な恋愛模様を書いているが、そのバックボーンにある移民問題や黒人のかかえる問題などを、主人公たちの性格描写として書いている。だからすっと入ってくるし、はっとさせられる。 この作者の本を続けて読みたいし、今回は図書館本だが、いずれ購入したいと思っている。 【図書館で借りました】

  • むちゅーる さん

    超超超面白い。むちゃくちゃスラスラ読めた。大枠は大恋愛小説ではあるものの、やっぱり人種とジェンダーの視点の鋭さが一番特徴的だと思う。白人の彼氏と黒人用のファッション誌について議論するとことか、日本人だけどその葛藤すごい分かる。パーティーの場で意見が合わない人に対して自分を殺せずイデオロギーをぶちまけてしまうとことか。痛いほど分かる。普段から気になるけどうまく言語化できないから放っておいたモヤモヤを丁寧に拾ってくれてるような感覚。アメリカとナイジェリアだけじゃない、普遍的なことがたくさん描かれてる。

  • カルミア さん

    自由の国、偉大なるアメリカ。ハ・ジンの『自由生活』やアキール・シャルマ『ファミリー・ライフ』等、祖国からアメリカへ渡った人たちの物語を読んだけれど、これも面白かった! ヘアスタイルの話が、興味深かったな。あの髪はどうなっているんだろと思うことはあったけど、まかさ6時間もかけて編んでいるとはビックリ。イフェメルがアメリカで初めて雪を見る場面は切なかった。初めての雪を、もっとロマンチックに見せてあげたかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ

1977年ナイジェリア生まれ。抜群の知性としなやかな感性で繊細な物語を紡ぎ出す。2007年『半分のぼった黄色い太陽』でオレンジ賞受賞。13年『アメリカーナ』で全米批評家協会賞受賞

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品