チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ

人物・団体ページへ

アメリカーナ 下 河出文庫

チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309467047
ISBN 10 : 4309467040
フォーマット
出版社
発行年月
2019年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
464p;15

内容詳細

人種問題を扱う先鋭的なブログの書き手として注目を集めるイフェメル。一方オビンゼは、イギリスからナイジェリアに帰郷し、不動産取引で巨万の富を得て、美しい妻や娘と優雅に暮らしている。別々の道を歩んだかつての恋人たちに、再会の時が訪れる。全米批評家協会賞受賞の長篇代表作、待望の文庫化。

【著者紹介】
チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ : 1977年ナイジェリア生まれ。抜群の知性としなやかな感性で繊細な物語を紡ぎ出す。2007年『半分のぼった黄色い太陽』でオレンジ賞受賞。13年『アメリカーナ』で全米批評家協会賞受賞

くぼたのぞみ : 北海道生まれ。翻訳家、詩人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • イシザル さん

    お笑い理論の一つ。「緊張」と「緩和」。移民の苦労をしっかり書いてうまく「緊張」させてるから「緩和」する辛口ジョークを入れて笑いをとる。「緊張」の作り方や辛口を入れる箇所が絶妙な位置なんだろう。だから全米批評家賞は、当然だろう。

  • gachi_folk さん

    人種問題は近くて遠い案件で、どこか対岸の火事であったりする。それをグッと近づけたと言えるほど経験も知識も圧倒的に足りていないのだが、現状認識させてくれる有益な書となった。

  • isbm さん

    ★★★

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ

1977年ナイジェリア生まれ。抜群の知性としなやかな感性で繊細な物語を紡ぎ出す。2007年『半分のぼった黄色い太陽』でオレンジ賞受賞。13年『アメリカーナ』で全米批評家協会賞受賞

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品