ソフィー・ブラッコール

人物・団体ページへ

あかちゃんの木 児童図書館・絵本の部屋

ソフィー・ブラッコール

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566080157
ISBN 10 : 4566080153
フォーマット
出版社
発行年月
2016年11月
日本
追加情報
:
29

内容詳細

あかちゃんは、どこから来るの?オリーブはあかちゃんのたねをうえるんだっていうし、ロベルトさんはたまごからうまれるっていうし、おじいちゃんはコウノトリがはこんでくるっていう。パパとママにきいたら、ちゃんとこたえがかえってきたよ!―子どもたちの疑問にこたえる、あかちゃん誕生にまつわる絵本です。

【著者紹介】
ソフィー・ブラッコール絵 : オーストラリア生まれの絵本作家。シドニーでデザインを学び、のちニューヨークに移り住む。『プーさんとであった日』(評論社)で2016年のコールデコット賞を受賞

やまぐちふみお : 翻訳家。英米の絵本や物語の翻訳を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ソルティ さん

    多分No.3チョイス。あかちゃんってどうやってどこから生まれてくるんだ?って疑問、小さい頃誰でも思う。周りは色々言うけども、実はちょっとずつ合ってる。でも木にはならない(笑)。あとおじいちゃんが言ったこうのとりが運んでくる、も間違ってるから、あとで教えてあげなきゃ、ってのがまた子供らしい親切心でおかしい(笑)。この絵のあかちゃん、ちょっと不気味でした(笑)。

  • mincharos さん

    男の子に妹が生まれることになり、男の子は色んな人に「赤ちゃんはどこから来るの?」と質問をします。聞かれた人は「たねを植えればあかちゃんの木になるのよ」「病院からよ」「コウノトリが玄関に」「たまごからうまれるよ」とそれぞれ違うことを言うので混乱。お母さんに聞くとちゃんと教えてくれて、みんなが言ってたことはどれも正しかったのか!と納得する男の子。性教育、、、難しいなぁ。まだ先だと思いたいけど、息子が最近ハマってるおそ松さんで「ドウテイ」やら「シコる」やらの言葉を覚えてしまった息子なのでした。汗

  • 刹那 さん

    ほんと、説明しにくい。でも、あなたがあなたとして産まれたのは奇跡だよ(๑′ᴗ‵๑)

  • ツキノ さん

    小学校低学年くらいの子の「あかちゃんはどこから来るの?」という疑問がまわりの人との関りとともにうまく描かれている。男の子の想像の中のあかちゃんがとてもかわいい。ママとパパからあたらしいあかちゃんが来るという話をされて、頭の中を質問がたくさんかけめぐったけど、口から出たのは「もっと、おかわりしていい?」 この描き方がとてもいい。頭の中と、実際口にすることばがちがう。郵便配達員やおじいちゃんの目の表情など、細かい描写も見逃せない。巻末に小児科医院長による大人向けの説明があり。

  • 遠い日 さん

    赤ちゃんはどこから来るのかな?子どもの素朴で自然な疑問に、大人はどう答えるのがいいでしょう。全部理解できなくても、子どもは本当のことが知りたい!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品