スティーヴン・キング

人物・団体ページへ

骸骨乗組員 スケルトン・クルー1 扶桑社ミステリー

スティーヴン・キング

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594002848
ISBN 10 : 4594002846
フォーマット
出版社
発行年月
1988年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
16cm,345p

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Tetchy さん

    三分冊で刊行された短編集の第1冊目。この奇妙な題名の作品はなく、この短編集を総じて表したもの。序文にあるようにキングが案内人となり、死に纏わる話の旅に出る読者そのものを指しているように思える。本書に収められた「カインの末裔」の如く、思わぬ不意打ちを食らい、「死神」のように見てはいけない物を覗き、そして「ほら、虎がいる」のようにページを捲った先には虎に遭遇するかもしれない。それはまさに「霧」のように内容も全く先が読めない。次作も作者の案内されるまま、奇妙で不思議な、そして恐ろしい世界へと足を踏み入れよう。

  • 藤月はな(灯れ松明の火) さん

    映画にもなった『霧』のミルクに浸かったような霧の中に得体の知れない「何か」によって人々が殺される場面の緊迫感が凄い。存亡が掛かっているのに浅慮や社会的地位の振りかざし、地域での軋轢で決別して最悪な結果になるという描写もリアル。そして『屍鬼』(小野不由美)の伊藤郁美のようなカーモディ夫人が生贄を持ち出した時は本当にゾッとした分、ミセス・レプラーの理性を失わない気丈さは本当に救いでした。『ウェディング・ギグ』のギャグ感に対し、『死神』のじわじわくる怖さと『カインの末裔』のクレイジーさにもいい意味で呆然。

  • harass さん

    はるか昔に読んだ『霧』を思い返しこの本を探し出す。夏の嵐に襲われた避暑地に住む主人公は息子と隣の弁護士とともに、スーパーマーケットに買い物に出かける。混雑したスーパーは濃い霧に辺りを包まれていく。その霧の中には…… 約220ページの中編で久しぶりのキング節にページが止まらなかった。ストーリーとしては王道パニックホラーで、徹底した主人公固定視点で描かれている。この『霧』は早川の『闇の展覧会』というアンソロジーにも収録されていて、『ミスト』という題名で映画化されている。絶望感に満ちたおぞましい傑作。

  • ぎん さん

    月イチキング。これは傑作中編「霧」を読むために何度も引っ張り出してたのでカバーがもうぼろぼろ。映画も良かったけど、映画しか知らない人には是非読んでほしいなぁ。 短編集「スケルトンクルー」の一分冊めなので、しばらくキングの短編にどっぷり浸かります。

  • 澤水月 さん

    カナザワ映画祭で上映『神が殺せと云った(ディーモン悪魔の受精卵)』冒頭に戦慄。15人殺害のテキサスタワー乱射だ!『霧』(これも金沢で上映した)収載、キング『骸骨乗組員』の10p程の「カインの末裔」もこれを淡々と再現した作品で、この背景知ってると怖い。他にも『フルメタルジャケット』で鬼軍曹が犯人の名を挙げ「あいつの出身は?そう海兵隊だ!(射撃が上手い隊だと自賛)」。銃社会米国で地下鉄サリン、秋葉原殺傷のような無差別殺人恐怖の原風景なのだろう。一冊に入ってるなら金沢の記念に読み直そうかな

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

スティーヴン・キング

1947年にアメリカのメイン州に生まれる。1967年に商業誌に短篇が売れ、作家デビューを果たす。その後、高校教師として生計を立てるが、1974年に刊行された『キャリー』をきっかけに専業作家となる

プロフィール詳細へ

スティーヴン・キングに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品