スティーヴン・キング

人物・団体ページへ

ガンスリンガー

スティーヴン・キング

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784042782018
ISBN 10 : 4042782019
フォーマット
出版社
発行年月
1998年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
池央耿 ,  
追加情報
:
273p;15

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • conejo3104 さん

    読了したのは何年も前で、その時はもうこの物語を読む事は無いと思っていたんだけど、再び読み始めた。初版が平成10年9月25日と言う事なので、15年ぶり。当たり前だが今読むと伏線が多くある。次は私がダークタワーの中で最高に面白い「ザ・スリー」楽しみだ。

  • 市太郎 さん

    夢や希望があるといったファンタジーではないのだが、すごく魅力的な世界観。いちいち渋くてかっこよく「最後の拳銃使い」とくれば男の子はあこがれる。子どもに読ますようなファンタジーではないが・・・いつか全巻読破したいものだ。

  • 水無月なづき さん

    キングは天才だと思います。特筆すべき点は三つあります。一つは、人物描写が丁寧であること。脇役から端役まであらゆるキャラクターを実に生き生きと描いています。各人の出生や文化的背景、信念や習癖など、あらゆる要素を描きつくしています。もう一つは物語が展開する上での因果関係の整合性が堅実に保たれていることです。特に、登場人物たちの行動の動機づけがきちんと説明されていることです。最後の一つは、これは個人的な好みなのですが、背景の描写が丁寧なことです。文化や気候、風土まで極めて細緻に描かれています。

  • ポチ さん

    壮大な物語の幕開け。翻訳が素晴らしい。シャープで、贅肉がそぎ落とされていて、格調高くて。キングの原文に寄り添っているんだろうなあ。すてき。

  • てやんでえ さん

    話題の作品なのだからこれから面白くなるんだろう、盛り上がるのだろうと期待しながら読み進めたがさらりと読了。この先長いことを考えると不安だけど読み続けてローランドが最終的にどうなるのかまで見届けようと思う。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

スティーヴン・キング

1947年、アメリカ、メイン州生まれ。1974年に『キャリー』で作家デビュー。恐怖小説をアクチュアルな現代小説に再生した「モダン・ホラー」の巨匠

プロフィール詳細へ

スティーヴン・キングに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品