ジョナサン・アレン

人物・団体ページへ

大きなわるーいオオカミがっこう 児童図書館・絵本の部屋

ジョナサン・アレン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566007031
ISBN 10 : 4566007030
フォーマット
出版社
発行年月
2001年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
27

内容詳細

オオカミ学校に入学したフィリップは、何をやってもドジばかり。だってフィリップは本当は…。ゆかいな“オオカミ”の話。幼児〜小学校初級向。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • おか さん

    可愛らしい読友さんが2年半前に読んだ本。図書館で巡り合って 読んでみました。心がほっこりしました。読友さん 読ませてもらいましたよ!楽しかったですよ^_^

  • パフちゃん@かのん変更 さん

    面白いです。大きなわるいオオカミがっこうの6つの課題が面白い。そして、まさかの結末w(゜o゜)w きっと子ども達に喜んでもらえると思います。

  • Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房 さん

    オオカミたるもの大きく悪く(以下「大悪」)なければならない。親切なオオカミ夫婦に育てられた迷子のフィリップは「がっこう」で“大悪”オオカミをめざすことになります。六つの課題をクリアすることが“大悪”への道。「横目使いと忍び歩き」「うなる」「三匹のこぶたの家の材料」(?)。平和的で授業についていけないフィリップですが、最後の課題でついに野生に目覚め、そして……。絵本にコミックのようなふきだしを入れることで、キャラクターの性格がくっきりきわ立ってます。たぶん、童話史上屈指の良いオオカミの話。エピローグもいい。

  • たまきら さん

    書庫整理中。この本で保育園の年長さんが演劇を作ってことがあって、そのころこの本を読むと大うけしたんです。…劇のことは忘れてしまった娘ですが、最近この本が再度ヒット。最近毎晩読んでいます。

  • おはなし会 芽ぶっく  さん

    子どものいないオオカミ夫婦は、ある日迷子のオオカミの子に出会い、自分達で育てることにしました。幸せな毎日を過ごし成長していくオオカミの子フィリップ。でもオオカミらしくならないので、夫婦はオオカミ学校に行かせることにしました。『だれもがおそれる大きなわるーいオオカミになるため』の勉強をしますが、フィリップは何一つ上手く出来ません。最後の課題の前に、先生は気づいてました…なぜフィリップが何も出来ない子なのかを。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ジョナサン・アレン

イギリスの絵本作家。セント・マーチンズ・カレッジ・オブ・アートに学ぶ。明るくユーモアいっぱいの作風で人気がある

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品