CD

ショパン:ピアノ協奏曲第1・2番 ツィマーマン/ポーランド祝祭管弦楽団

ショパン (1810-1849)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
POCG10245
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ショパン:ピアノ協奏曲第1番&第2番(2CD)
ツィメルマン&ポーランド祝祭管弦楽団
まず驚かされるのは、そのたっぷりしたテンポ感覚とポルタメントまで用いた曲線的な表情の豊かさでしょう。ツィメルマンの弾き振りによるリードなので、ピアノ・パートの解釈がそのままオケにも反映されたものとみるべきなのでしょうが、このロマンティシズムには大きな魅力があります。
 ともすると名技とのコントラスト的なものとして扱われがちな叙情的成分への配慮が、オケ・パートの隅々に至るまで完璧に行き渡っており、声部の対話や絡み合いが非常に密におこなわれているのです。
 特に第1番第1楽章12分22秒からは聴きもので、類例の無い深い雰囲気を漂わせて説得力絶大。ふだん見過ごされがちな民族的リズムへのこだわりも魅力で、全体のサウンド傾向に素朴な力強さが感じられるのがユニークです。
 総勢60名弱の二管編成オケ、ポーランド祝祭管弦楽団(1998年にツィメルマンによって設立)が、第2ヴァイオリン右側の両翼配置を採用していることも見逃せません。響きの立体感と風通しの良さは、ふだん混濁気味に受け止められるショパンのオケ・パートから、とても鮮やかな表情を引き出してピアノと絶妙に絡み合うからです。
 いろいろな意味で興味深い演奏の登場と言えるでしょう。1999年8月デジタル録音。

内容詳細

ツィマーマンが自ら設立したオケを相手に“弾き振り”したショパンの新録音。納得ゆくまで徹底的に、作品を掘り下げ演奏を磨きあげた、という印象を強く与える鮮烈な録音である。ツィマーマンの強靱な意志と、執念にも似たこだわりが滲み出ている。★(原)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
36
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
3
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ダン・タイ・ソン、ブリュヒェンの演奏に感...

投稿日:2017/11/12 (日)

ダン・タイ・ソン、ブリュヒェンの演奏に感動していたら、余り私の中で評価の高くなかったツイメルマン、ポーリッシュの演奏にも、感動してしまった。伴奏にも徹底、思いの丈を込めた名演、ユニーク、こうでなくちゃ。素晴らしいショパンの音楽。

sunny さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
★
こんなにまで考え貫かれたこれらの演奏は聴...

投稿日:2016/09/16 (金)

こんなにまで考え貫かれたこれらの演奏は聴いたことがない。「弾き振り」の凄さというか、メリットを最大限生かした稀有の名演と言える。ショパンは確かに個性的な作曲家ではあるが、これらの演奏は、ショパンとツィマーマンが5部と5部である。この演奏を体験した後では、他の(かつて私が聴いたことのある)同曲の演奏すべてが、ノリで演奏した神経の通わない音楽に聴こえてしまうだろう。実際こういう演奏は、神経質な間隔だけが耳に残り、音楽の勢いが殺げてしまって肩が凝るケースが多いが、この演奏はしっかり集中して聴きとおすことが出来る。

エーテルの風 さん | 長野県 | 不明

0
★
★
★
★
★
第1番の名盤は他にも多いですが、第2番でこ...

投稿日:2016/06/20 (月)

第1番の名盤は他にも多いですが、第2番でこれだけ優れた演奏はめったにありません。聴いた日は1日中脳に曲が棲み付きます。

テリーヌ さん | 兵庫県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ショパン (1810-1849)

。39年の短い生涯を、作曲とピアノ演奏で駆け抜けた「ピアノの詩人」の素晴らしい音楽が世界中で鳴り響きます。世界各国でさまざまなコンサートやイベントがおこなわれ、CDやDVDなど、数多くの音楽ソフトもリリースされ、ショパンの音楽が過去最高の注目を集めるにぎやかな年になりそうです。

プロフィール詳細へ

ショパン (1810-1849)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品