サン=サーンス (1835-1921)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

交響曲第3番『オルガン付き』、ピアノ協奏曲第4番 ロト&レ・シエクル、エッセール

サン=サーンス (1835-1921)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ASM04
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

F.X.ロト&ル・シエクル/サン=サーンス:『オルガン付き』

【収録情報】
サン=サーンス:
1. 交響曲第3番ハ短調 op.78『オルガン付き』
2. ピアノ協奏曲第4番ハ短調 op.44

 ダニエル・ロト(1862年カヴァイエ=コル製オルガン:1)
 ジャン=フランソワ・エッセール(1874年エラール製ピアノ:2)
 レ・シエクル
 フランソワ=グザヴィエ・ロト(指揮)

 録音時期:2010年5月16日(1) 2009年6月16日(2)
 録音場所:パリ、サン・シュルピス教会(1) オペラ・コミーク座(2)
 録音方式:デジタル(ライヴ)

収録曲   

  • 01. Saint-Saens: Symphony No. 3, Op. 78 'avec orgue': I. Adagio . Allegro moderato (10:27II. Poco adagio (10:06)
  • 02. III. Allegro moderato - Presto - Allegro Moderato (7:16)
  • 03. IV. Maestoso - Allegro - Piu allegro - Molto allegro - Pesante (7:50)
  • 04. Piano Concerto No. 4, Op. 44: I. Allegro moderato - Andante (11:55)
  • 05. II. Allegro vivace (4:23)
  • 06. III. Andante (2:20)
  • 07. IV. Allegro (6:51)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
これほどノン・ヴィブラート奏法が生きた演...

投稿日:2019/02/28 (木)

これほどノン・ヴィブラート奏法が生きた演奏はない ”オルガン付き”の第一楽章から音楽が波打ち畝る 大きな起伏の波の上に揺られているように心情が揺すぶられ揺蕩う 只ならぬ時空に投げ込まれたという意識が冴えて緊張させられているのに 妙に心地よく大らかに心広がっていく自分を驚き見つめているわたしがいる フランス音楽の色だ香りだと言った賞賛をこのロト&レ・シエクルに与えない サン=サーンスが印象派と一線を画する同時代者だったことを改めて示した演奏だ 楽曲の構成構造を第一義にした音楽がここに聴ける 切れ味鋭くエッジが立っている 表現の振幅の巾が広く複雑な表情を見せる オルガンがオーケストラと真に協奏している醍醐味を聞くことができる エッセルのピアノによる第4協奏曲も見事な演奏 そして改めていい曲だなあと思う 発売されて6年 誰一人演奏に触れないので わたしのような協奏曲苦手人間がでしゃばるしかなかった 何よりもこれらの名曲の真価を多くの人に聞いてほしい もしまだなら あなたも如何     

風信子 さん | 茨城県 | 不明

2

サン=サーンス (1835-1921)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品