ぼうしのおうち 世界傑作絵本シリーズ・スウェーデンの絵本

エルサ・ベスコフ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784834017526
ISBN 10 : 4834017524
フォーマット
出版社
発行年月
2001年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
23×32cm,1冊

内容詳細

こびとのお母さんと3人の子どもたちがぼうしの家に住んでいたが、子どもたちの失敗で燃えてしまう。待望のベスコフの絵本。幼児向。買切。

【著者紹介】
エルサ・ベスコフ : 1874年、スウェーデンのスットクホルムに生まれる。少女時代から絵が好きで芸術学校に学び、卒業後母校の小学校で絵画の教師となる。結婚後、教師をやめて絵本や児童書のさし絵の仕事を始める。1953年、没

ひしきあきらこ : 1960年、東京に生まれる。父親の仕事の影響で、幼い頃よりスウェーデンの文化に親しんで育つ。慶応義塾大学卒業後、スウェーデンのウプサラでスウェーデン語を学ぶ。現在、スウェーデンを中心に北欧児童図書の翻訳、紹介に活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 魚京童! さん

    これは普通なのかな…。

  • 紅花 さん

    ウチの小5、中1の子どもは「え〜お父さんは?」っとツッコミが入った。

  • ごんたろう さん

    こびとたちは帽子の家に住む。母が不在の折、子どもたちが火を起こして帽子を燃やしてしまう。彼らに悪気はない。もともとは善意だ。いかにも子どもらしい言動である。となりに住むこびとのおじさんが新居を作ってくれた。おじさんは、適度に叱ってくれるし、優しい言葉もかけてくれる。いかに善意からであっても、家を燃やしてしまったのは事実である。母が帰ってきて驚く。困った母に対しておじさんが「わしと結婚しよう」という。大人からすれば急な展開だが、子どもの目線からすれば父親らしい人に父親になってもらうのであるから、自然である。

  • いっちゃん さん

    帽子のおうち、素敵ー!って思ったけど、燃えちゃった。物知りで、なんでもできるおじいさんが出てきたと思ったら、まさかの結末。

  • さるる さん

    再読。絵の素朴な感じから、デビュー作かと思ってました。小学校で絵の先生をしていた彼女が、身近な子どもたちに読み聞かせるために描いた絵本という印象だったので。お母さんが留守の間に、ご褒美をもらおうと考えて煙突掃除をする子どもたち。煙突はきれいになったけど、自分たちが真っ黒に。服を洗うためにお湯を沸かそうと火をおこしたらお家が火事に!子どもたちの得意げな顔やあわてた顔の移り変わりを想像すると微笑ましい。お母さんにとっては大変な出来事だったで、その勢いで身をかためてしまったのにはびっくりしましたが。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

エルサ・ベスコフ

1874〜1953年。スウェーデン生まれの児童文学作家・絵本作家。6人の子どもを育てながら、数多くの物語・絵本を残した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド