おひさまのたまご

エルサ・ベスコフ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784198613297
ISBN 10 : 419861329X
フォーマット
発行年月
2001年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22×28cm,1冊

内容詳細

妖精が森の奥で見つけた「おひさまのたまご」は、丸くて大きくてだいだい色。渡り鳥が「これはオレンジといっておひさまと仲良しの果物だ」と教えてくれた…。世界中で愛されているロングセラー絵本。

【著者紹介】
エルサ・ベスコフ : 1874年〜1953年。スウェーデン生まれの児童文学作家・絵本作家。六人の子どもを育てながら、数多くの物語・絵本を残した。その作品は、北欧だけでなく世界中で、何世代にもわたって愛されている。主な作品に『ペレのあたらしいふく』『おりこうなアニカ』(福音館書店)『どんぐりぼうやのぼうけん』(童話館出版)『しりたがりやのちいさな魚のお話』(徳間書店)など

石井登志子 : 1944年生まれ。同志社大学卒業。スウェーデンのルンド大学でスウェーデン語を学ぶ。訳書に『川のほとりのおもしろ荘』(岩波書店)『筋ジストロフィーとたたかうステファン』『いたずらアントンシリーズ』(偕成社)『おりこうなアニカ』(福音館書店)『オスカルとポプラ通りのひみつ』『歌う木にさそわれて』『夕あかりの国』『よろこびの木』(徳間書店)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • nyanco さん

    落ちている小鳥の卵を届けていた妖精は、ある日、大きなだいだいいろのまるいものを見つけました。『おひさまのたまごだ!』と思ったら… エルサ・ベスコフの世界に魅了されて続けて読んでいます。花や妖精は勿論、可愛いけれど、カエルや小鳥、リスもリアルだけどとても可愛い。オレンジ色の髪の妖精がホントにキュートで惚れちゃいます!

  • いろ さん

    7歳男児「読み始めると惹きつけられた系絵本」^^ 小さな妖精達にワクワクして読めた。妖精少女の健やかな言動が微笑ましい。表紙をはじめ,落ちてるオレンジを誤解している場面の度に「オレンジだよ!」と妖精に教えてあげる息子w 「わらいがえる」の笑うツボにちょっぴり蛭子さんを思い出してしまうのは私だけ?w 皆でジュースを飲む場面が好き。カラスの無茶ぶりにも笑った。「パサパサ蜜柑は妖精がジュースを失敬したから☆」これからは少しだけ許せる気がする^^ 個々のキャラが丁寧に描かれほっこり展開する物語,素敵だったv

  • QT さん

    おひさまのたまごってかわいいな〜。もりのみんなからしたら、ようせいが、おひさまなんだね〜。絵も、お話も、かわいいすてきな絵本でした。

  • オスカー さん

    おおくぼゆうさん訳のものを青空文庫で。青空文庫って文字だけだと思っていたから、ちゃんと絵本?らしい体裁になっていてビックリした。首に包帯を巻いたカラスがお気に入り。 http://www.alz.jp/221b/aozora/solagget.html

  • 深青 さん

    ようせいが森の奥で見つけた、大きくて丸くてだいだい色の「おひさまのたまご」そこから始まるお話です。ようせいも森の仲間達もいきいきしていて、読んでいて楽しかったです!カスカスのオレンジを見つけてしまっても、ようせいが味見したと思えばなんだか許せてしまいそうですね♪

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

エルサ・ベスコフ

1874〜1953年。スウェーデン生まれの児童文学作家・絵本作家。6人の子どもを育てながら、数多くの物語・絵本を残した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド