ウラジーミル・ナボコフ

人物・団体ページへ

ナボコフの文学講義下 河出文庫

ウラジーミル・ナボコフ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309463827
ISBN 10 : 4309463827
フォーマット
出版社
発行年月
2013年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
429p;15

内容詳細

二〇世紀の世界文学を代表する巨匠にして、稀代の小説読みによる文学講義録。時には図解を多用しながら、緻密に読み解いてゆく。下巻は、ジョイス『ユリシーズ』ほか、スティーヴンソン、プルースト、カフカ作品の四講義を所収。

目次 : ロバート・ルイス・スティーヴンソン「ジキル博士とハイド氏の不思議な事件」/ マルセル・プルースト『スワンの家のほうへ』/ フランツ・カフカ「変身」/ ジェイムズ・ジョイス『ユリシーズ』/ 文学芸術と常識/ 結び

【著者紹介】
ウラジーミル・ナボコフ : 1899‐1977年。作家。ペテルブルク生まれ。ロシア革命によりベルリンに亡命、ロシア語で執筆を開始。1940年に米国に移住、大学で教えながら、英語での執筆をはじめる。55年に発表した『ロリータ』が世界的な大ベストセラーとなる

野島秀勝 : 1930‐2009年。英文学者、文芸評論家。お茶の水女子大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 梟木(きょうぼく) さん

    上巻ではオースティン、ディケンズ、フロベールと(比較的)文学的評価の定まった古典作家の作品群が紹介されたが、下巻ではスティーヴンソンにカフカにプルーストにジョイス、とジャンル小説や実験小説をも含めていよいよナボコフの好みを反映したラインナップに仕上がっている。これはいわばナボコフ流「偏愛的作家論」。とはいえ愛ゆえの盲目に評価が曇ることなどこの教師に限ってはあり得ず、相変わらずの手捌きでテクストの深層へと読者を導いてくれる。ナボコフに言わせれば『フィネガンズウエイク』も「二十世紀最大の失敗作」に過ぎない。

  • ラウリスタ〜 さん

    期待していた以上の面白さ。ナボコフの文学講義、というよりも、俺の小説の読み方を教えてやるぜ、みんなちゃんと俺みたいな良い読者になれよ!っていう講義。文学史的な解説とか一切なし。ただただ如何に小説を緻密に面白く読むかってことに尽きる。下は(なぜか)スティーブンソン、プルースト、カフカ、ジョイス。上よりも面白いな(扱っている作家的に)。だいたい『ジキルとハイド』をこのメンツに押し込んでくるナボコフの偏食ぶり。一方で、おそらく非常に正当的で緻密なプルースト読解。カフカの恐ろしさ。『ユリシーズ』をどう読むか。

  • イノ さん

    下巻。やはり難しいが読んだ事がある「ジキル博士とハイド氏の不思議な事件」、出だしが衝撃的な「変身」は面白かった。

  • うた さん

    いかん、『失われた時を求めて』を最初から読み返したくなってきた。まだ未読部分がたくさん残っているというのに。比喩の豊潤さだけでなく、「スワン家のほうへ」の時点で小説全体を見通した構成になっているということも素晴らしいのです。あと『ジキル博士とハイド氏』の表紙への文句のつけ方がナボコフらしくて笑える。青年を堕落させる表紙ってどんなだよ笑。

  • aoneko さん

    斜め読み拾い読みでも楽しめそう、と思いながらどうにか下巻を読み通す。スティーヴンソン、プルースト、カフカ、ジョイス。 再読することでしか本当の意味で読むことはできないのだと。文学とは本来、つまらぬものから成り立っているのだと。自分と同じ考えが心地よい衣装をまとって変装しているのを見て快く思うのは、二流の読者だ、と。皮肉るときこそ饒舌で、生き生きしてる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品