ウラジーミル・ナボコフ

人物・団体ページへ

ナボコフのロシア文学講義 下 河出文庫

ウラジーミル・ナボコフ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309463889
ISBN 10 : 4309463886
フォーマット
出版社
発行年月
2013年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
357p;15

内容詳細

良質の文学は良質の読者を生み出し、つねに俗悪なものと対峙している―。亡命という大きな悲しみの中で、ナボコフは故国の文学をいかに語ったのか。下巻は、ナボコフがロシア最高の小説家と讃えるトルストイの『アンナ・カレーニン』ほか、チェーホフ、ゴーリキー作品を取り上げる。独自の翻訳論「翻訳の技術」も必読。

目次 : レオ・トルストイ/ アントン・チェーホフ/ マクシム・ゴーリキー/ 俗物と俗物根性/ 翻訳の技術/ 結び

【著者紹介】
ウラジーミル・ナボコフ : 1899‐1977年。作家。ペテルブルグ生まれ。ロシア革命によりベルリンに亡命、ロシア語で執筆を開始。1940年に米国に移住、大学で教えながら、英語での執筆をはじめる。55年に発表した『ロリータ』が世界的な大ベストセラーとなる

小笠原豊樹 : 1932年生まれ。翻訳家。訳書に、マヤコフスキー『マヤコフスキー詩集』、ブラッドベリ『火星年代記』他。岩田宏の名で、詩人・小説家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • やいっち さん

    下巻ではトルストイの「アンナ・カレーニナ」や「イワン・イリッチ」を扱っている。「アンナ」は素晴らしい作品で二度も読んだが、近い将来三度目のトライをしたい。「イワン」については、これも二度は読んでいるが、ナボコフの激賞にも関わらず印象が薄い。これは再再読必須だ。「マクシム・ゴーリキー」も若いころは読んだが、再読したいとは思わなかった。人間的には素晴らしいと再認識させてもらったが、再読は「どん底」だけかな。

  • ぺったらぺたら子  さん

    華麗な比喩を駆使してチェーホフの魔法を解き明かす講義は見事な切れ味を示すだけでなく、熱く優しく感動的。先生の偏愛する、そして私の最愛の小説でもある小さな宝石『犬を連れた奥さん』については講義自体がナボコフが芸術に何を求めるのか、そして美は世界に何をもたらすのかを示す一つの作品。「伝統的な小説作法のすべては、この二十ページかそこらのすばらしい短編において破られている。ここには社会問題もなければ、ありきたりのクライマックスも、はっきりした結末もない。しかもこれは嘗て書かれた最も偉大な短編小説の一つである。」

  • 梟木(きょうぼく) さん

    『ロリータ』のナボコフ教授による文学講義の草稿であり作家論であり作品論であり小説の文体論であり翻訳論であり『アンナ・カレーニナ』の詳細な脚注であり…の、読みどころ満載な文学論。アンナ・カレーニナ夫人は「アンナ・カレーニナ」ではない、「アンナ・カレーニン」なのだ(ナボコフに言わせれば)。ドストエフスキーの『カラマーゾフの兄弟』の解説が6ページ足らずで終わる一方で『アンナ・カレーニナ』は200ページ近くあるなど偏重ここに極まれり、といった構成だが、それだけにトルストイの章はひとつの作品論として圧巻である。

  • うた さん

    チェーホフの短編の書き方というのは一見簡単なようで、他の作家が違う国で同じ話をしようとすると上手く機能しない独特のものだと思う。書く対象と方法がぴたりと一致した珍しい例。日本では中期の太宰が似ているけれど、方向性が違う。トルストイの理想と才能の相反は、司馬さんの才能と書きたいことの関係によく似ている。もっと小説に徹していれば、より面白いものを書けたのにという口惜しさがあるというか。

  • yu さん

    トルストイ、ドストエフスキー、ゴーゴリといった名だたる作家の講義はもちろん、エッセイ的な「ロシアの作家、検閲官、読者」、「俗物と俗物根性」と、とにかく読みがいがある。 それにしてもヨーロッパの辺境たるロシアで、なぜ限られた期間、爆発的に文学の黄金時代を迎えたんだろう? 母なるロシアは広いんだ!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品