イニャツィオ・シローネ

人物・団体ページへ

独裁者になるために

イニャツィオ・シローネ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784000241212
ISBN 10 : 4000241214
フォーマット
出版社
発行年月
2002年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,281,8p

内容詳細

1939年、アメリカで独裁者たらんと志す政治家が、博学の教授を従えて模索の旅の途上チューリッヒに。海千山千の亡命知識人も加わり、目下の政治状況を睨んで独裁者の条件を巡り抱腹絶倒の激論をする。政治小説。

【著者紹介】
イニャツィオ・シローネ : 1900‐78。イタリア中部、アブルッツォ地方の生まれ。10代半ばから農民運動に投じ、19歳の若さでイタリア社会党青年部の週刊誌「ラヴァングアルディア」編集長に就任。以後、ペンを手にして戦う作家に。国際色豊かなきわめて水準が高い文芸・政治誌の編集・論説にも腕を振るった

斎藤ゆかり : 1959。イタリア文学の翻訳家。イタリア在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mejiro さん

    小説のつもりで読んだので微妙だった。そでの紹介文はおもしろそうに見えたんだけど…。3人の人物によるわりと真面目なQ&A。主にヒトラーやムッソリーニを引き合いに出して独裁者になる方法を論じている。1960年代に書かれた本なので少々古く感じた。このテーマを今読むなら他にもっと適した本がありそう。

  • fumi さん

    何の気なしに図書館で借りたけれども、読んでみたら内容が濃い。独裁政治は、どのような状況を背景にして生ずるのか。戦争・貧困の継続に疲弊し、判断力を失い、混乱した状況の収拾をのぞむ人々が支持することにより、まことしやかに平和時であればとんでもないならず者がいかにも合法的に独裁体制を確立してしまう。民主主義といわれている社会においてもいつの間にか独裁者が政権の座に着き、横暴に振舞い始める可能性があるということには心していなければならないのだろう。

  • 人非人 さん

    独裁の定義、条件に付いての本。日本は確実に独裁への条件を満たしてきていると思う。「三酔人」も読まねば

  • Mentyu さん

    タイトルが過激なので思わず…。三人の対話形式で話は書かれており、ファシストだけでなく、スターリンやボルシェビキなども含めて、権力掌握までの手段や政敵の排除などについて書かれている。独裁者の出現しやすい状況など今の日本に通じる所も多く、独裁が遠い世界の話ではないということを認識させられた。

  • Coders さん

    独裁者志願のダブル氏、そのイデオロギー顧問のピックアップ教授、亡命中の皮肉屋トーマスの3氏が織り成す、第一次大戦後の欧州を舞台にした国際政治トリオ漫才。独裁者を目指す人には必読の書。「隠れた名著」にふさわしい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

イニャツィオ・シローネ

1900‐78。イタリア中部、アブルッツォ地方の生まれ。10代半ばから農民運動に投じ、19歳の若さでイタリア社会党青年部の週刊誌「ラヴァングアルディア」編集長に就任。以後、ペンを手にして戦う作家に。国際色豊かなきわめて水準が高い文芸・政治誌の編集・論説にも腕を振るった

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品