シソンヌじろうの自分探し

じろう (シソンヌ)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784885612756
ISBN 10 : 4885612756
フォーマット
出版社
発行年月
2024年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
180p;19

内容詳細

弘前市出身で人気お笑いコンビ「シソンヌ」のじろうさんによる本紙連載「シソンヌじろうの自分探し」を単行本化しました。

じろうさん初のエッセイです。

現在も続く連載のうち、2020年9月から23年8月までの3年分に、新たに書き下ろし「お笑い僻地からお笑いの道に」を加え、じろう少年の写真も多数掲載。人気芸人にして俳優や脚本家としても活躍する、じろうさんのルーツが詰まった1冊です。

ご予約・初回限定特典としてポストカード「じろうさんの休日in弘前」付き。

【著者紹介】
じろう : 1978年、青森県弘前市出身。弘前市の第二大成小、第三中学校を経て弘前高校、関西外国語大学短期大学部卒。2005年、吉本興業の東京NSCに入学。06年、お笑いコンビ「シソンヌ」をNSC同期の長谷川忍と結成。14年「キングオブコント」優勝。コントでは津軽弁のおじさんや熟女などを演じる。俳優や脚本家としても活躍中。地元愛にあふれ、青森県産ブランド米「青天の霹靂」のプロモーション動画に出演。東奥日報では2020年9月から連載中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • tugumi さん

    パチンコ・麻雀・タバコと、自由に自分の好きな事をしている雰囲気が感じられていたが、学生の頃から自由だったんだな 弘前への愛が感じられて、そんなにも地元を好きなんて羨ましく感じた 書き下ろしの中でマイナーであることの尊さ、独特であることの美しさと書いてあり、こちら側の人の考え方だなと嬉しくなった 飄々として人見知りそうで、自分の好きが沢山あってそれに忠実で、そんなじろうさんの成分がコントに生かされているんだな 

  • あひる三太郎 さん

    シソンヌじろうさんのエッセイ。 面白かった。写真がチョコプラの松尾さんとの2ショットばかり。どれだけ松尾さんのことが好きなのだろう。

  • 渡辺 にゃん太郎 さん

    今の自分はここにいるのに、わざわざ知らない場所に探しに行く必要はないのかなと思った。だけど、過去の自分は地元にいるようなので探しに行く意味はありそう。少年シソンヌじろう探しをしに弘前に旅行しようと思わせてくれるほど、地元が魅力的に映って面白かった。青森には4年住んでいたのに、土手町の香りを嗅がずに、うちわ餅も津軽そばも食べずに去ってしまったことをいまさら後悔した。蛇足だけど、チョコプラの松尾がエッセイを出した時はじろうさんの写真を多めに入れてくださいね。箱根で少年松尾探しも面白いと思う。

  • me樹 さん

    さすが東奥日報。100%弘前。これ全国発売だよね?と思うくらい弘前の話オンリー。どんだけ好きなんだ弘前。あ、でも5%くらい松尾さんが占めてるから95%弘前な本ですね。じろうさんと同年代の旦那(青森市)へ貸したら、共感だらけだった様子。結論、おもろかった。うちわ餅食べてみたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

じろう (シソンヌ)

1978年7月14日生まれ、青森県弘前市出身。2005年、吉本総合芸能学院東京校(東京NSC)に11期生として入学。2006年、お笑いコンビ「シソンヌ」を同期の長谷川忍と結成。ネタ作成と、主にボケを担当。劇場公演のほかテレビ、ラジオで活躍中。第34‐35回「ABCお笑いグランプリ」決勝進出、2014

プロフィール詳細へ

じろう (シソンヌ)に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品