つきのよるのものがたり

かさいまり

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784893255495
ISBN 10 : 4893255495
フォーマット
発行年月
2007年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
25×25cm,24p

内容詳細

「つきのよる」という絵に棲んでいるねずみたち。ある日、ねずみたちはおひさまを見たことがないことに気付き、絵を飛び出して、おひさまを探して歩き回り…。森の中での素敵な1日を描いたハートフルファンタジー。

【著者紹介】
かさいまり : 北海道生まれ。小樽女子短期大学英文科、北海道芸術デザイン専門学校卒業

黒井健 : 1947年新潟生まれ。新潟大学卒業。2003年山梨県の清里に「黒井健絵本ハウス」を設立する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • うしこ@灯れ松明の火(文庫フリークさんに賛同) さん

    「つきのよる」というタイトルがつけられた絵の中に住んでいるねずみたちは、まだ一度もおひさまを見たことがありません。そこでひと目おひさまの姿を見ようと、絵から飛び出しますが・・。黒井健さんのほのぼのした絵が話の内容にピッタリでした。★★★★

  • Kikuyo さん

    休日の美術館、お日さまに会いたくて絵のなかから飛び出したネズミたち。 優しいクマとの出会い。やさしい時間が流れます。

  • かおりママ さん

    4歳5ヶ月。図書館本。季節コーナーにあったから、優しい表紙の絵を見て借りてきた。とても優しい絵に癒される。おひさまって、よるはどこにいるの、のネズミたちの質問に、娘は、「してる。そらのした。」と自慢げに答えた。

  • 円舞曲 さん

    幻想的なお話で楽しくなりました。ネズミが本当に可愛らしい。:読み語りのグループで

  • がる  さん

    おひさまに会えたことも嬉しかったけど、やさしいくまさんに会えたことはもっと嬉しかったね(*^_^*)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

かさいまり

北海道生まれ。子どもの心のゆれをていねいに表現したお話作りを続けている。読み語り用CDを作り独自の世界を展開し、全国各地で講演、読み語りも行っている。日本児童文芸家協会会員。日本児童出版美術家連盟会員

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品