いわむらかずお (岩村和朗)

人物・団体ページへ

14ひきのこもりうた 14ひきのシリーズ

いわむらかずお (岩村和朗)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784494008629
ISBN 10 : 4494008621
フォーマット
出版社
発行年月
1994年07月
日本
追加情報
:
27cm,1冊

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Kawai Hideki さん

    14ひき家族の夕ご飯とお風呂と団欒と就寝を描く。「14ひきのせんたく」以来、再び、ネズミ達が裸になるシーンがあるのだが、やっぱり、どこか生々しいネズミッぷりがどうも苦手。我らがなっちゃんは今回もごうくんと常に一緒。追いかけっこをしたり、夕食を食べたり、片づけたり、寝る前の話を聞いたりと、仲の良い兄妹であった。

  • momogaga さん

    【大人こそ絵本を】帰宅後の家族のだんらんを描いています。夕飯のキノコのシチューがおいしそう。

  • 山田太郎 さん

    家がうらやましくてしょうがない。秘密基地みたいでいいな〜。ちなみに、娘は同じ名前のねずみさんがいておおうけしてた。

  • 野のこ さん

    このシリーズで、いわむらかずおさんの描く草花を見るのも楽しいですが、夕方から夜の14ひきのお家の様子も良かったです。日が暮れてあたたかそうなろうそくの灯りに泣きそうになった。みんなのおしゃべりにスースーと寝息、ほっこりと素敵でした。ただ 当たり前ですが服を脱いだらめっちゃネズミでちょっとびっくりしました。

  • momogaga さん

    【大人こそ絵本を】再読。昭和の大家族が浮かんできました。テレビが無かった時代は、寝るまでの時間は家族が団欒し、絵本を読み聞かせ、最後は子守唄。さぞかし、楽しい夢を見ていたんでしょうね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

いわむらかずお (岩村和朗)

1939年東京都生まれ。東京芸術大学工芸科卒。1998年栃木県馬頭町(現・那珂川町)に「いわむらかずお絵本の丘美術館」を開館、絵本・自然・子どもをテーマに活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品