東北モノローグ TOHOKU MONOLOGUE

いとうせいこう

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309031699
ISBN 10 : 4309031692
フォーマット
出版社
発行年月
2024年02月
日本
追加情報
:
312p;20

内容詳細

東日本大震災から13年。福島、宮城、岩手、山形を訪ね歩き、その声を聞き記録した、『福島モノローグ』に連なる集大成。

目次 : 宮城 a speaker 2021年/ 宮城 an undertaker 2021年/ 福島 a farmer 2021年/ 宮城 a publisher 2021年/ 岩手 an adviser 2021年/ 山形 neighbors 2021年/ 宮城 a family 2021年/ 宮城 an announcer 2022年/ 宮城 a fireman 2022年/ 福島 booksellers 2022年/ 宮城 a man at home 2022年/ 岩手 a volunteer 2022年/ 宮城 a folk tale listener 2022年/ 福島 a folklorist 2023年/ 東京 a journalist 2023年

【著者紹介】
いとうせいこう : 1961年生まれ。編集者を経て、作家、クリエイターとして、活字・映像・音楽・テレビ・舞台など様々な分野で活躍。1988年、小説『ノーライフキング』で作家デビュー。『ボタニカル・ライフ 植物生活』で第15回講談社エッセイ賞受賞。『想像ラジオ』で第35回野間文芸新人賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ベル@bell-zou さん

    小学生だった。消防団で。アナウンサーで。新聞記者で。10年以上経ち振り返るあの日からの出来事。時にその言葉は不器用で拙くて。でも伝わる。後悔や辛さと虚しさ。やるせない思い。過去の災害に生かされたこと。次世代に伝えるべき教訓。その語りはこうして残すことの意味を深く考えさせる。あの凍える夜と美しい星空を思い出すにつけ寒く厳しい日々を過ごされているであろう能登へと祈らずにはいられない。あのとき本当にもう東北はお終いだと思った私たちの今が、あなたたちの10年後なのです、と。どうか、生きて。生き抜いてください、と。

  • ゴロチビ さん

    「福島モノローグ」を読んだからには読まねばと。十年を経たからこその声だ。人数が倍になっている。半分位過ぎた頃、自分の中に被害の軽重を比べるみたいな感覚が現れてショックを受ける。人間の幸も不幸も、比べる事など出来ないのに。この人の、この本の中での位置づけは何だろう?とつい、考えてしまったり。立場で話してる部分もあるのかなぁとか。最終的には、この15人の方達を通して見えてくる震災の傷跡には違いないのだが。a volunteer、a folkloristが記憶に残った。復興は結局、元々の地域力に依る所大なのか?

  • Yuuki Kushima さん

    インタビューに答えてくださる方は、本人も3月11日の被災者なのに私は家があったから、私は家族が無事だったから、と常に謙遜され被災者であったことを無かったように語られる方が多かったと、ラジオでせいこうさんが仰っしゃられていました。あれから13年同じ境遇であったら自分もこのように語ることができるのか?と読みながら考えさせられました。

  • chuji さん

    久喜市立中央図書館の本。2024年2月初版。初出「河北新報・文藝」2021年9月〜24年春季号の一四編と書き下ろし一編。『福島モノローグ』の続編。東日本大震災譚。村上春樹氏の『アンダーグラウンド』を思い出しました。

  • ブブジ さん

    あれから13年。東日本大震災に関連する人たちへのインタビューを書き起こした一冊。インタビューだけに、あれから10年以上過ぎているのに証言が生々しい。冒頭の語り部の人にしても消防団の人にしても、思いや感じ方は人それぞれなんだなぁと思いました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

いとうせいこう

1961年、東京都生まれ。早稲田大学法学部卒業。編集者を経て、作家、クリエーターとして、活字・映像・音楽・舞台など、多方面で活躍。音楽活動においては日本にヒップホップカルチャーを広く知らしめ、日本語ラップの先駆者の一人である。アルバム『建設的』(1986年)にてCDデビュー。

プロフィール詳細へ

いとうせいこうに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品