【インタビュー】月刊「根本宗子」第14号『スーパーストライク』根本宗子

2017年08月15日 (火) 00:00

|

ローチケHMV - イベント・おでかけ , ローチケHMV - 演劇・ステージ

インタビュー・文/宮田文久
写真/山本倫子
構成/月刊ローチケHMV編集部 8月15日号より転載
※写真は本誌とは異なります

演劇へのいい入口でありたい


昨年に橋本愛を主演に迎えた『夢と希望の先』で、自身の名を冠した劇団・月刊「根本宗子」として、演劇界の聖地・本多劇場に初進出。と思いきや今年は外部公演の作・演出で再び本多劇場のステージを踏み、上田竜也が主演の舞台でも作・演出を務めあげた。

飛ぶ鳥落とす勢いの根本宗子が、主宰劇団の次なる作品として手がけるのが、『スーパーストライク』という謎めいたタイトルの作品。一体この題名の意味は?

根本 出会い系アプリのお話にしようと思ってタイトルはつけました。スマホの画面上に次々と現れる交際候補の相手を、好き・嫌いと右左に指で弾いて選んでいくアプリなんですが、すごく好みの顔が現れたら、相手に「スーパーライク」とか送れるんですよ(笑)。送られた人もまた相手の顔を見て、実際に会うかどうか決めるんですね。

出会い系アプリとは驚き。でもここには、常に“時代の空気”をポップな手つきで掴まえてきた、根本宗子ならではの感性が見え隠れする。

根本 古い友人が使っているのを見て初めて知ったんですが、普通の女の子が、お店でものを食べながら見知らぬ男を品定めしているのが衝撃的で。表示される相手によっては「気持ち悪い!」なんて言ってる(笑)。以前にメイド喫茶を扱ったこともありましたが、朝井リョウさんみたいな小説家に比べて“時代を切り取る”劇作家は少ない気がするので、そこは目指していきたいと思っています。

実力派俳優・田村健太郎を中心に置き、モデルとしても活躍する長井短、同じくアイドルのファーストサマーウイカ、そして根本という男一人・女三人の四人芝居。そのジャンルレスな布陣は、バンドでライブも行えばラジオでも活動、トークイベントも開催する一方、女子クリエイターの祭典「シブカル祭。」にも参加するという、フラットな二十一世紀を駆け抜ける根本の姿そのものだ。

根本 なるべく演劇から遠い地点にも自ら行くように心がけているんです。そこで出会った若い子とか、今まで演劇を見たことがない人が、演劇の新しいお客さんになってくれたら嬉しい。初めての人にとって、いい“入口”でありたいなと思っています。

プロフィール

ネモト シュウコ
'89年生まれ。19歳で劇団、月刊「根本宗子」を旗揚げし、すべての作品の作、演出を手掛ける。

公演情報


月刊「根本宗子」第14号『スーパーストライク』

作・演出:根本宗子
出演:田村健太郎、長井短、ファーストサマーウイカ、根本宗子

2017年10月12日(木)〜25日(水) 下北沢 ザ・スズナリ



%%message%%

最新ニュース・情報を受け取る


「月刊ローチケHMV」は毎月15日発行(無料)
ローソン・ミニストップ・HMVにて配布

8月15日号の表紙は、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE / 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?



このニュースが気に入ったらいいね!をしよう!

ローチケHMVは、国内・国外の厳選した音楽、映像、アニメ、ゲームなどの
エンタメ最新情報をお届します!

根本宗子に関するニュース

ローチケHMV最新ニュース

最新ニュース一覧を見る