【インタビュー】カイワレハンマー『BegInner2』

2017年05月16日 (火) 10:00

|

HMV&BOOKS online - 邦楽・K-POP

--- カイワレハンマーのおふたりローチケHMV へ初登場ということで、まずはカイワレハンマーとは何なのか?またおふたりがラップを始めたきっかけやヒップホップとの出会いなどからお伺い出来たらと思います。

BEMA 僕はラップにはもともと興味があって。僕が16歳とか17歳とかのときに YouTube でフリースタイルラップの動画を投稿している人たちがいて、自分たちでカメラ回して、ビートボックスやって。路上で即興でやってるんだ、って衝撃を受けて。自分もやってみたいと思ってそこからずっとひとりで練習を始めて。

imiga 自分も高1くらいかな、カラオケでファンキー・モンキー・ベイビーズさんを歌ってたら周りの友達に『ラップ上手いね』って言ってもらって。それがきっかけでいろいろネットで調べるようになってだんだんラップに興味が湧いてきて。ちょうど YouTuber の存在も広まってきている時期で。彼(BEMA)がラップの音源を YouTube にアップしているのも見て。それで自分もやってみようかな、と。

BEMA もともと僕のファンです!

imiga リスナーだったのです。

BEMA 僕のオフ会に、imiga が『オフ会に行くので、コラボしてください』というメッセージをくれて。ちょっと面白そうだなと思って、じゃあコラボしましょうと返事をして。それで、公園かどこかでコラボして、お互い Twitter をフォローしたりするようになって。そして『アルティメットMCバトル』を一緒に観にいったんです。

imiga そうですね。

BEMA BEMA カイワレハンマーという名前については Skype のムードメッセージ、LINE の“ひとこと”みたいなものですね、そこに僕がたまたま "カイワレハンマー" って書いてたんですね。意味も特になく、語呂がいいだけで。そうしたらカイワレハンマー、いいね、みたいになって気に入っちゃって。カイワレでもいっぱい集まればハンマーのように固くなる、っていう。これは完全に後付けなんですけど(笑)。

--- おふたりの音楽的背景についてもお伺いします。特に影響を受けたアーティストであったり、作品というものがあったら教えてください。

BEMA 僕はフリースタイルっていうものがあるんだ、日本人でこんなにラップしている人がいるんだ、ってところから入ってるので。やっぱり KREVA さんですね。KREVA さんが2009年に出したアルバム『心臓』、一枚選ぶとしたら僕的にはこのアルバムですね。

imiga 自分は親からも『こういうヒップホップアーティストがいるよ』ってオススメされて。RHYMESTER さんとかラッパ我リヤさんとかですね。あとはやっぱりネットを見ているとネットラッパーと呼ばれる人たちがたくさんいて。プロではないんですけどすごくスキルの高い人たちもいて。そういう人たちにも結構憧れてましたね。

--- おふたりとも元々 YouTuber として活動されているわけですが、普段の動画投稿と、ラップをすることの表現の違いというものは何かあったりしますか?

BEMA そんなに変わらないですね。自分が楽しいと思うことをやる、という根本は最初からずっと変わってないので。これからもずっと同じだと思います。

--- カイワレハンマーとして順調に活動されてきて、2016年からは HMV でもアルバムを取り扱いを始めさせていただいて、人気絶頂に見える中での活動休止宣言には驚きました。今回の活動休止について教えてください。

BEMA 活動休止についてはいろいろ理由があって。まずは自分が肩を脱臼するクセがあって。ライブ中にも脱臼しちゃったり。一度しっかり手術をして治したかった、というのがひとつありました。あとはやっぱり YouTube で興味をもってくれたファンの方たちがたくさんライブにも集まってくれるようになってきて、ありがたいことに大きい会場で演っても埋まったりするようになってきたんですけど、自分たちがまだまだそれに甘えているな、と。大きい会場で演れば演るほど自分たちのスキルがまだまだだな、というところに気付かされるようになってきていて。僕の肩のこともあったので、じゃあお互い一年間それぞれ他のことをやってスキルを上げて、一年後にもう一回集まろうか、という感じで。前向きな活動休止ということで僕から imiga に提案したんです。

--- 修業期間だったというわけですね。

BEMA そうですね。その修業期間中に自分はソロでアルバムを出したりライブも演ったりとか。他のアーティストにフィーチャリングで入らせてもらったりとかもして、とにかくスキルを、、上げてました!

--- BEMAさんのソロアルバム『侵略的隙間』はカイワレハンマーの作品に比べて非常にヒップホップ色の強いアルバムという印象を受けました。

BEMA そうですね。カイワレではできないことをやりたかったというところと、初めてのソロアルバムだったので全く予想もできなかったですけど、結果的には非常に納得のいくアルバムが作れたと思います。

--- 先ほどお話しに出た KREVAさんのサポートでも有名なビートメイカーの熊井吾郎さんや、ゲストでは LITTLEさんが参加されていたり。

BEMA やっぱり熊井吾郎さんにはずっとトラックを作って欲しいと思ってましたし、LITTLEさんともずっと一緒にやってみたいと思ってたので。夢が少し叶った感じはありましたし、何よりすごく貴重な経験になりましたね。

--- Amaryllis Bomb のふたりと組んだ4人組ユニット quad4s の活動もありました。

BEMA quad4s については、あれはもうブースに入ってからみんなで書き始めて、みたいな感じでとにかく最初から最後までふざけ倒すというか、もうドンチャンやりながら。いい意味でめちゃくちゃでラフな感じですね。ソロもできるし、二人組もできるし、4人組もできるというのはラッパーとしてのスキルアップという意味で大きかったと思いますね。

--- 充実した修業期間だったわけですね。そしていよいよ今回の COME BACK となるわけですが。

BEMA だいぶ違うよね?

imiga 変わりました!

BEMA とにかく今までのアルバムよりも確実にスキルアップしたものにしないといけないというのがあって、本当に良いと思える曲だけを揃えたし、歌詞で妥協した曲も入っていない。ソロの世界観も出しつつカイワレハンマーらしさも出しつつというところで、今回は歌詞を書くのに一番苦労しましたね。すごく時間が掛かりました。

imiga デビューアルバムを出した時は、僕はまだなかなか歌詞が書けなくて。ずっとプロデューサーの力に頼っている部分があったんですけど、今回こそはもう全部自分達でやるぞという気持ちがあって。それを実践できたのは自分の中でデカいですね。

--- そんな今回のアルバム『BegInner2』についてズバリ聴きどころを教えてください。

BEMA 特に最後の曲『come back』というのは一年間活動休止していた中で生まれてきた歌詞なので。あとはリードの『最高path』、歌詞やメッセージ的にはこの二曲をまずは聴いてほしいですね。

imiga ただラップ一本というわけではなくて、変則的なフロウだったり変則的なメロディだったり、音楽的にも奇抜なことがたくさん組み込まれていて。その上でふたりのコンビネーションとかも考えて今回はかなり作り込んでいるので、そこら辺をチェックしてくれたら嬉しいですね。

--- デビューアルバム『BegInner』のタイトルを今回もう一度持ってきました。

BEMA 再結成というか、一年の活動休止、一度止まってからまた1からのやり直しなので。デビューアルバムの『BegInner』のときの1からよりも、さらにパワーアップした1からを見せたかったので。

imiga タイトルの“B”と“I”が大文字なのは、僕達2人の頭文字だからです。タイトルからはそういうところも感じてもらえると嬉しいです。

--- このアルバムを引っ提げて大きなワンマンライブもありますし、全国ツアーも始まります。

BEMA 復活したよ、の挨拶マワリで今まで行ったことのない地方の人たちにも会いに行って。まずは ZEPP の2公演ですね。今までのカイワレハンマーの活動と活動休止期間に得たものをすべてぶつけたいと思います。スキルアップしたカイワレハンマーを見せることができると思います。

imiga 一度目のツアー、二度目のツアーでも行ったことのない場所にも今回は足を踏み入れる予定なので。

BEMA インドアの俺には正直キツいっす(笑)。

imiga 初参戦の人も多いかなと思うので、そういう人たちもみんな楽しめるように、がんばります。

--- 仰られたとおり、新しいファンも増えていますし、カイワレハンマーを通じてラップやヒップホップに出会ったというファンも多いと思います。そんなファンの方々へのメッセージをいただけますか。

BEMA ヒップホップっていろいろありますので。もちろんこのカイワレハンマーがやってるヒップホップが全部じゃないので。僕は日本語ラップがもっと広まってほしいという思いからこういう活動をしているので。いろんなアーティスト、ラッパーも聴いてほしいですし、もちろん自分たちの音楽ももっと聴いてほしいので。今のブームに負けないように呑まれないように、いい感じでがんばります(笑)!

imiga そうですね。カイワレハンマーっていうジャンルみたいな。そういう風になれたらなって思います。そういった意味でも他のアーティストと聴き比べてもらえたら嬉しいです。ヒップホップに興味を持たれた方はぜひ。今後ともよろしくお願いします。

BEMA 俺が一番言いたくなかったことだよ、『カイワレハンマーっていうジャンル』だって(笑)! めっちゃダサいよね。ダサいひとが言いがちだよね、『俺っていうジャンル』!あー、言っちゃったなお前(笑)!
ということで、カイワレハンマーっていうジャンルで!よろしくお願いします(笑)!

最新作


ライブ情報


カイワレハンマー TOUR 2017-2018〜配達ガワリノ挨拶マワリ〜
5月20日(土) Zepp なんば
6月3日(土) Zepp ダイバーシティ
6月24日(土) 熊本 DRUM V2
6月25日(日) 鹿児島 SRホール
7月1日(土) 松山 サロンキティ
7月2日(日) 高松 DIME
7月8日(土) 米子 AZTIC
7月9日(日) 岡山 YEBIS YA PRO
7月22日(土) 和歌山 SHELTER
7月23日(日) 神戸 太陽と虎
7月29日(土) 盛岡 クラブチェンジ WAVE
7月30日(日) 青森 クオーター
8月5日(土) 甲府 Conviction
8月6日(日) 松本 Sound Hall aC
8月11日(金・祝) 横浜 F.A.D
8月27日(日) 水戸 LIGHT HOUSE
9月3日(日) 高崎 club FLEEZ

■ Zepp 2公演
1Fスタンディング ¥5,000(税込・入場時別途ドリンク代・来場記念ステッカー付き)
2F指定席 ¥5,500(税込・入場時別途ドリンク代・ハイタッチ付)

■ 6月24日〜9月3日
全席オールスタンディング ¥3,500円(税込・入場時別途ドリンク代)



%%message%%

最新ニュース・情報を受け取る



カイワレハンマーに関するニュース

HMV&BOOKS online最新ニュース

最新ニュース一覧を見る