THE OFFSPRINGのあの日、あの時 16 『THE OFFSPRINGのあの日、あの時』へ戻る

%%header%%閉じる

%%message%%

2012年12月14日 (金)


PUNKSPRING 2012初出演! そして9枚目『DAYS GO BY』へ!
文●有島博志(GrindHouse)

 「今かよっ!」と突っ込まれること必至だとは思うけど、あえて書こう(笑)。たぶん前作『RISE AND FALL, RAGE AND GRACE』(2008年)のときの再来日公演を観たときからだったような気がする。連載前回の最後に書いたけど、あのときのライヴは本当に楽しくて思いっ切り満喫した。終演後、公演会場となった東京・新木場STUDIO COASTからの帰路についている最中、一緒に観戦したスタッフ2人とずっとTHE OFFSPRINGとそのときのライヴの話ばかりをして大いに盛り上がった。そのときの再来日公演を観たときから、と書いたのは、あのときのバンドのライヴ・パフォーマンスは明らかに、それまでのそれとはヴァイブっていうか、放っているベクトルっていうかが違う、と直感したからだ。名楽曲が次から次へとまるで打ち出の小槌のごとく繰り出され、感激雨あられ状態となるのは変わらずいつものこと。その点は別にして、ライヴの性格が異なるっていうか…なのだ。

 連載第4回に書いたけど、彼らのライヴを初めて観たのはもう、18年以上も前のこと。あの頃の彼らはとにかく尖がっていて、スピーディーなパンク・ロック・チューンをこれでもかこれでもかと言わんばかりに連発/連打しては、ガッツリ観客たちを掴んでいた。当時デクスター・ホーランド(vo,g)、ヌードルズ(g)、グレッグ・K(b,vo)の平均年齢は30歳。若い、と言うよりバンドとして“脂”が乗り出した頃で、かつ3枚目『SMASH』('94年)が超ウルトラ大ヒットしていた時期だっただけに、そういうふうなライヴのあり方の方がむしろ自然だった、と言える。その彼らが4枚目『IXNAY ON THE HOMBRE』('97年)、5枚目『AMERICANA』('98年)と作品を重ねていくに従いさらにビッグな存在となり、アリーナ級の会場を使用し、それまで以上の大観衆を相手にライヴをやるようになった。改めて言うまでもなく、彼らは“根っからのパンク・ロッカーたち”だ。ちっちゃい、もしくは中規模クラスの会場でライヴをやり、汗まみれになりつつ数百〜数千人の観客たちと一体化し、ひとつの空間をシェアし合うことを“生命線”としてきた根っ子、背景を持つ。それだけに余計、素のパンク・ロック・バンドが大会場にて大観衆と対峙しながらエンタテイメントを意図した演出性伴うパフォーマンスの必要性に直面した。それは連載第8回、第9回あたりを改めて読んでいただければわかると思う。このときのデクスターの発言からは、エンタテイメント性をどうやってそれまでの自分たちのライヴに取り入れ、自分たちならではの、それでいて新たな領域に踏み込んでいくかを真剣かつ慎重に考えているフシが窺える。

 で、話は冒頭に記したことに戻る。しごく簡単に言えば、彼らは自分たちのライヴはどうあるべきか、ということを熟慮する“ある種の一線”を超え、完全に乗り切ったんだと思う。歳を重ね、ライヴに年輪が刻まれたこともあるだろう。『RISE AND FALL, RAGE AND GRACE』での再来日公演は「スンゲぇ!」「かっけー!」というより、むしろ彼らのプレイのソツのなさやステージ運びの妙に「うわー、上手いな〜!」と口を突くことが何回もあった。“ライヴとはなんぞや”を熟知し、体得し、観客のツボを突いて突いて突きまくりつつ何度もクライマックスを作り出していった。それはPUNKSPRING 2012でも、9枚目『DAYS GO BY』発売後の単独公演でもそうだった。さすがである。ある意味、若かりし頃グイグイ“速球派”で押していたピッチャーが、歳をとり、いろいろと試行錯誤した結果、見事なまでに緩急自在の“技巧派”に生まれ変わった、っていうのに近いかもしれない。

 ご存知のとおり、THE OFFSPRINGはこれまでに2度サマソニに出演している。しかし、PUNKSPRINGには今春のが初参戦だった。3月31日開催の東京公演、そしてその後の滞在で多くのことがあった。東京公演ではコ・ヘッドラインとして出たSUM 41が予定の持ち時間をけっこうオーバーしたため、THE OFFSPRINGの出番が遅れた。そして熱演中にあまりの盛り上がりからステージ前のバリケードが崩れかかったことから補修のため数十分間の演奏中断を余儀なくされた。これが原因で、当初2曲披露する予定だった新曲を1曲削らざるを得ず、「The Future Is Now」のみ演った。翌4月1日には大阪公演で、1日置いて3日に名古屋でALL TIME LOWとジョイント公演をやり、東京に戻り、4日に東京・恵比寿の某高級ホテルの一室でデクスター、ヌードルズ、グレッグの3人はそれぞれ個別に取材を受けている。

 このとき自分は担当じゃなく、GrindHouse magazineの編集長である権田アスカ嬢がデクスターとヌードルズ各々に30分ずつ話を聞いている。とてもラッキーなことに、その直前に取材待機部屋で新曲「Turning Into You」「Days Go By」「Cruising California(Bumpin' In My Trunk)」「Secrets From The Underground」を聴くことができた。しかもラジカセでバンドが持参してきたCDRをプレイバックして、という実にオールドスクールな方法でだ(笑)。この新曲群はまさに“録りたてホヤホヤ”のものだった。取材で話してくれたのを横で聞いていたのだけど、彼らは来日する前々日に『DAYS GO BY』のレコーディングを終えた。そして、その翌日に身支度をし、飛行機に乗って日本に向かったのだ。デクスターもヌードルズも「ホントにギリギリだったんだよ」と笑っていた。取材終了後の夜、レコード会社の地下にあるスタジオに場所を移し、ファンや音楽メディア、CDショップ関係者たちを交えての小規模な新曲試聴会が催された。この場にデクスター、ヌードルズ、グレッグ3人が登場し、冒頭デクスターが挨拶した。たった数日間のうちにライヴに取材、そして試聴会を経験したことで、一気に『DAYS GO BY』の発売が近づいていることを実感させられたわけだけど、実はこの時点ではまだ、正式な発売日はセットされていなかった。担当者が苦笑しながら「6月中か、それとも少し7月にズレ込むのかっていう状況で…。もうすぐ決定すると思うんですけど」と言った…。


THE OFFSPRING関連タイトル!

DONOTS / 『GOT THE NOISE』(2004年)
 ドイツ産のパンキッシュなメロディック・ロック・バンド5人組による6thリリースとなるフル・アルバム。本当は日本でのブレイクのきっかけとなり、もっとも“彼ららしさ”が表れていると言える前作『AMPLIFY THE GOOD TIMES』(2002年)を紹介したいのだけど残念ながら絶版ゆえ、それに続く今作を取り上げた。歌唱法にすらエンタテイメント性をスリ込んだかのようなインゴのヴォーカルをはじめ、哀愁感タップリのシンガロング・コーラスに日本人好みのメロディ性、そしてはっちゃけ感放つ曲調、サウンドなどが一緒くたになってテンポよく続くさまは、まさに彼らの真骨頂だ。実に楽しい。
文●有島博志(GrindHouse)

THE OFFSPRING 最新作ニュース


  • OFFSPRING ニューアルバム!
    4年ぶりとなった、待望の最新作!国内盤限定のシークレット・トラックで未発表ライヴ音源が3曲収録!

■■■ 有島博志プロフィール ■■■

80年代中盤よりフリーランスのロックジャーナリストとして活動。積極的な海外での取材や体験をもとにメタル、グランジ/オルタナティヴ・ロック、メロディック・パンク・ロックなどをいち早く日本に紹介した、いわゆるモダン/ラウドロック・シーンの立役者のひとり。
 2000年にGrindHouseを立ち上げ、ロック誌GrindHouse magazineを筆頭にラジオ、USEN、TVとさまざまなメディアを用い、今もっとも熱い音楽を発信し続けている。
※ ※ ※ ※ ※

アーティスト情報メール登録で、THE OFFSPRINGのリリース情報をいち早くゲット!

HMV/エルパカ メールマガジン 洋楽版も毎週配信中!


※ 購読お申し込みには会員登録が必要です。
※ アーティストメール/メールマガジンは購読無料です。
※ 配信メールのタイプはHTML形式とテキスト形式がございます。
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

5年ぶりとなった8枚目のオリジナル・アルバム

CD 輸入盤

"Rise And Fall, Rage And Grace"

Offspring

ユーザー評価 : 4点 (47件のレビュー) ★★★★☆

価格(税込) : ¥2,797
会員価格(税込) : ¥2,014

発売日:2008年06月17日

  • 販売終了

%%header%%閉じる

%%message%%

最新作 (輸入盤)

Days Go By

CD 輸入盤

Days Go By

Offspring

ユーザー評価 : 3.5点 (6件のレビュー) ★★★★☆

価格(税込) : ¥2,365
会員価格(税込) : ¥1,769
まとめ買い価格(税込) : ¥1,769

発売日:2012年06月26日
入荷日未定

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

最新作 (国内盤)

Days Go By

CD

Days Go By

Offspring

ユーザー評価 : 3.5点 (6件のレビュー) ★★★★☆

価格(税込) : ¥2,376
会員価格(税込) : ¥2,186

発売日:2012年06月27日

  • 販売終了

%%header%%閉じる

%%message%%

関連タイトル

Got The Noise

CD 輸入盤

Got The Noise

Donots

ユーザー評価 : 4.5点 (15件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥1,555
会員価格(税込) : ¥1,353
まとめ買い価格(税込) : ¥1,166

発売日:2004年06月29日
通常ご注文後 2-5日 以内に入荷予定

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

表紙号

Grindhouse Magazine: Vol.48

本

Grindhouse Magazine: Vol.48

価格(税込) : ¥823

発行年月:2008年05月

  • 品切れ

%%header%%閉じる

%%message%%