CD Import

Complete Symphonies, Ein Deutsches Requiem : Klemperer / Philharmonia, Schwarzkopf, F-Dieskau, C.Ludwig (4CD)

Brahms (1833-1897)
User Review :4.5
★
★
★
★
★
(5)

Item Details

Genre
:
Catalogue Number
:
4043382
Number of Discs
:
4
Format
:
CD
Other
:
Limited,Import

Product Description

ブラームス:交響曲全集、ほか(4CD)
クレンペラー&フィルハーモニア管


クレンペラー没後40年を記念したアニヴァーサリー・エディション。クレンペラーが得意としたブラームスの交響曲と管弦楽曲、ドイツ・レクィエムを収録。
 交響曲と序曲は1956&57年のステレオ録音。『ドイツ・レクィエム』が1961年のステレオ録音、『アルト・ラプソディ』が1962年のステレオ録音。『ハイドンの主題による変奏曲』が1954年のモノラル録音。収録会場はすべてロンドンのキングズウェイ・ホールです。

【定評ある交響曲】
交響曲第1番は、フォルムのがっしりしたきわめて構築的な名演で、情緒に流されることなく各素材を組みあげています。第4楽章の有名な主題も、序奏終了後、間髪入れずに開始されますが、表情は気品高く美しく、端正な“形”への意識、バランス感覚の強さを感じさせます。
 交響曲第2番の謹厳実直さもいかにもクレンペラーらしいところ。
 交響曲第3番は、第1楽章冒頭から様々な動機をきっちりと確認させる構造的なアプローチで、力強くシンフォニックな部分はもちろん、中間楽章での、木管セクションの個性的な音色も実に魅力的。15年後の引退公演にも選んだ愛好作品だけに、隅から隅まで手のうちに入った演奏はどこをとっても魅力的です。
 交響曲第4番も名演です。この曲では、第1楽章冒頭からクレンペラーとしては不思議なほど豊かな情感の示される演奏を聴かせており、改めてこの作品の巧みな書法に思いが至ります。演奏もそうした書法を強調するかのように個性的で、リズミカルな第2楽章(!)や、スケルツォでの大パウゼなど、聴きどころ多数。もちろん、終楽章での千変万化する素材と様式感の融合も見事なものです。

【ドイツ・レクィエム】
クレンペラーは声楽大作も得意にしていましたが、そのアプローチは交響曲のときと基本的に同じで、晩年のものなどではときに肺が心配になるような演奏もおこなっていました。しかしこのドイツ・レクィエムではテンポはまっとうであり、各フレーズへの厳格な対応、形の維持によって、フーガの見事なさばきかた、及び拍節感の強い抽出は印象的な演奏に仕上がっており、全体構成のシンメトリーなど様式美も感じられ、ブラームスらしいシリアスな感触に満ちているのがポイントとなっています。

【アルト・ラプソディほか】
クリスタ・ルートヴィヒのほの暗い美声が映える『アルト・ラプソディ』と、厳しく立派な『悲劇的序曲』、堂々たる『大学祝典序曲』、各変奏が生き生きと描き分けられる『ハイドン変奏曲』と、組み合わせの作品もみごとな演奏水準です。(HMV)

【収録情報】
Disc1
ブラームス:
・ハイドンの主題による変奏曲 op.56a
 録音時期:1954年10月(モノラル)

・交響曲第1番ハ短調 op.68
 録音時期:1956年10月、1957年3月(ステレオ)

Disc2
・交響曲第2番ニ長調 op.73
 録音時期:1956年10月(ステレオ)

・交響曲第3番ヘ長調 op.90
 録音時期:1957年3月(ステレオ)

Disc3
・大学祝典序曲 op.80
 録音時期:1957年3月(ステレオ)

・悲劇的序曲 op.81
 録音時期:1957年3月(ステレオ)

・アルト・ラプソディ op.53
 クリスタ・ルートヴィヒ(メゾ・ソプラノ)
 フィルハーモニア合唱団(男声合唱)(合唱指揮:ヴィルヘルム・ピッツ)
 録音時期:1962年3月(ステレオ)

・交響曲第4番ホ短調 op.98
 録音時期:1956年11月、1957年3月(ステレオ)

Disc4
・ドイツ・レクィエム Op.45
 エリーザベト・シュヴァルツコップ(ソプラノ)
 ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン)
 ラルフ・ダウンズ(オルガン)
 フィルハーモニア合唱団(合唱指揮:ラインハルト・シュミット)
 録音時期:1961年1月2日、3月21,23,25日、4月26日(ステレオ)

 フィルハーモニア管弦楽団
 オットー・クレンペラー(指揮)

 録音場所:ロンドン、キングズウェイ・ホール
 録音方式:セッション

Customer Reviews

Read all customer reviews

Comprehensive Evaluation

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
瑞々しさ、新鮮さ、素晴らしい作品。 録音...

投稿日:2017/01/08 (日)

瑞々しさ、新鮮さ、素晴らしい作品。 録音も素晴らしい。 フルトヴェングラー、ワルター、ケルテス、クライバー、ベーム、セルと聴き比べたが、クレンペラーは別格。 クレンペラーに感謝。

きいちゃん さん | 静岡県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
クレンペラーと言う複雑な個性がブラームス...

投稿日:2016/07/18 (月)

クレンペラーと言う複雑な個性がブラームスというこれまた複雑な個性とどうまみえるかということだが、色々と面白い。一番の両端楽章のような壮大でダイナミックな音楽よりも、かえって四番とか各緩徐楽章とかの方が面白い。アルカイックな進行とそのはざまから漏れてくる叙情(決してワルターとかフルトヴェングラーのように手放しでロマン的ではない)のバランスが真骨頂だろう。複雑な声部の絡みの処理も一筋縄ではいかない。テンポは実は平均してそんなに遅いわけではなく、かつ動きがないわけでもない。ところどころでユーモラスなところさえあるけれども、ニコリともしないでやっているという感じ。音は年代としてはこんなものだろうとは思うし、改善されたと思うが、60年代になってからの声楽付きのに曲と比べると、交響曲の方はやや豊かさとか膨らみに欠ける。その分かどうか、聞き手は、エモーショナルには指揮者の懐には入らせてもらえないと言う感じが残ることも事実。その辺はもう少し聞き込むと違うかもしれない。ということだから宿題が残された(まだ完全に納得したわけではない)と言うことで☆一つ減点。声楽付きの二曲は当然☆5つクラスで三人の歌手も含めて最上級の名演。

mari夫 さん | 東京都 | 不明

1
★
★
★
★
★
コントラバスを基盤に据えた温かみのある弦...

投稿日:2014/03/26 (水)

コントラバスを基盤に据えた温かみのある弦。音の立ち上がりの良い木管。和声をきっちりと描出する構成。結果として現れる音楽の新鮮味。音楽をやっている人間が『盗める』西洋音楽語法・文法の宝庫ですね。ブラームスの室内楽をやっている関係で、この録音は大変勉強になります。クレンペラーは私の先生です。

solomon さん | 東京都 | 不明

2

Introduction Individuals/organizations

Individuals/organizations Page

Brahms (1833-1897)

Johannes Brahms (1833-1897) was a German composer of the Romantic period, revered with Bach and Beethoven as one of the Three Bs. Brahms' adherence to the ideals of the Classical era is evident in all his music, and because his Symphony No. 1 appeared to continue this noble tradition, it was nicknamed Beethoven's Tenth. The violin concerto, the Double Concerto for violin and cello, the two piano c

See More Detailed Profile

Symphonies Items / Tickets Information

  • Edo de Waart / Mahler: Symphony No. 1 Gustav Mahler came of age in the late 1880s as the long and storied tradition of Austro German Romanticism reached its peak. ローチケHMV|2013/01/09
  • Sandor Vegh / Vegh in Hungary For the concerts on 23 March 1993 and 20 March 1995 Sandor Vegh brought his own orchestra, the Camerata Academica Salzburg to Hungary. ローチケHMV|2012/11/07
  • Markus Stenz / Mahler: Symphony No. 8 I have just finished my Eighth. It is the greatest thing I have done so far, Gustav Mahler wrote euphorically to the conductor Willem Mengelberg in 1906. ローチケHMV|2012/10/29
  • Bruno Weil / Beethoven: Symphony No. 3 Tafelmusik presents Beethoven's landmark Symphony No. 3 in E-flat Major, Eroica - a heroic and monumental symphony originally dedicated to Napoleon, and Mendelssohn's Symphony No. 4 in A Major, Italian. ローチケHMV|2012/09/27
  • Jaap van Zweden / Bruckner: Symphony No. 8 Jaap van Zweden is currently releasing the cycle of Bruckner Symphonies with the Netherlands Radio Philharmonic for Octavia Records, with Symphonies 2, 4, 5, 7 and 9 already released to great critical acclaim. ローチケHMV|2012/09/14
  • Salonen / Shostakovich: Symphony No. 4, Orango Commissioned to commemorate the 15th anniversary of the October Revolution in 1932, Orango tells the fantastical story of a human-ape hybrid, who, through a combination of sleazy journalism, stock-exchange swindles and blackmail, rises to become a ruthless newspaper baron. ローチケHMV|2012/05/10

Recommend Items

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト