CD 輸入盤

交響曲第40、41番 カラヤン&ベルリン・フィル

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4355922
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

収録曲   

  • 01. La Patita - Gollito El Grillito
  • 02. Carrito De Control - Los Payasonicos
  • 03. Caminito De La Escuela - Los Solecitos
  • 04. Marcha De Las Letras - Gollito El Grillito
  • 05. En La Pompi No - Los Payasonicos
  • 06. Merienda - Los Solecitos
  • 07. El Raton Vaquero - Gollito El Grillito
  • 08. En Un Barquito Chiquito - Los Payasonicos
  • 09. Yo No Fui - Los Solecitos
  • 10. Cochintos Dormilones - Gollito El Grillito
  • 11. Agitatto - Los Payasonicos
  • 12. Suena - Los Solecitos
  • 13. El Ropero - Gollito El Grillito
  • 14. Vieja Chismosa - Los Payasonicos

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
カラヤンのディスクを好んで聴くことはまず...

投稿日:2016/11/22 (火)

カラヤンのディスクを好んで聴くことはまずない僕であるが、モーツァルトだけは例外だ。「カラヤンのモーツァルトなんて、モーツァルトじゃない」という意見にも賛成だが、それであれば『「カラヤンのモーツァルト」が僕にとっては素晴らしい』ということである。40番はちょっと気分によってはいただけないが、ジュピターは、この上ないほど理想的な演奏だ。

ヒューブーン さん | 静岡県 | 不明

0
★
★
★
★
★
やはりモダン楽器のモーツアルトは美しい。

投稿日:2014/05/26 (月)

やはりモダン楽器のモーツアルトは美しい。

カズニン さん | 東京都 | 不明

2
★
★
★
★
★
カラヤンならでは重厚にして絢爛豪華な名演...

投稿日:2009/07/24 (金)

カラヤンならでは重厚にして絢爛豪華な名演である。バロック音楽だけでなく、モーツァルトの音楽にも古楽器演奏や奏法が拡がりつつある中で、もはや稀少な演奏様式とも言えるが、モーツァルトの音楽をこれほどまでにぜいたくに堪能させてくれればもはや文句は言えまい。第41番の冒頭のレガートの美しさもカラヤンならではのもの。オリジナルジャケットの復刻も実にうれしい。

つよしくん さん | 東京都 | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連する商品情報

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品