マーラー(1860-1911)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

CD 輸入盤

交響曲第9番 ブーレーズ&シカゴ交響楽団

マーラー(1860-1911)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
457581
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Germany
フォーマット
:
CD

商品説明

マーラー交響曲第9番
ブーレーズ&シカゴ交響楽団

【ブーレーズのマーラー今昔】
交響曲第5番、第6番、第7番、第10番の第1楽章、『嘆きの歌』に、『リュッケルト歌曲集』といった数々のマーラー演奏で、ブーレーズがこれまでに示してきたことは、作品解釈への“知”の介在が、マーラーのような作品の場合、極めて有効であることにほかならないのではないかという問題提起でした。それは、例えばユダヤ系の指揮者たちに多く見られる濃厚な主情的演奏とは対極に位置するもので、複雑な作品構造を綿密に解き明かしてゆく知的楽しみを前面に押し出した、いかにも現代的なアプローチとでも呼べるスタイルです。
 1970年代前半におこなわれたBBC交響楽団との全曲サイクルでは、極端に遅いテンポを導入したり、時期的に近い演奏にも関わらず、同じ曲でのテンポ設定が大幅に異なる局面をみせるなど、かなり実験的要素の強い解釈に関心を示しており、放送や、非正規盤などでその演奏に接したリスナーを驚かせたものでした。
 当時に較べれば、現在のブーレーズの表現様式は、かなり安定したものになっていることが特徴的で、対象がブルックナーであろうが、メシアンであろうが、そこに示されるのは、ブーレーズという、作曲家であり指揮者でもある音楽家の、長年に渡る蓄積を反映したものにほかならず、微細な部分にまで、明晰な判断に基づく確信に満ちたアプローチがおこなわれているのが、強い印象をもたらすことにつながっています。指揮者としての統率力、管弦楽の掌握能力といった点では、現在のブーレーズの高度な水準が、以前のそれをはるかに凌ぐものであることについては疑念の余地はありません。
 今回の、DGによる一連のマーラー・サイクルでも、それは十分に確認できることで、例えば第5番では、かつてないほど細密画的なビジョンが、迫力満点の肉感的なフォルムにパーフェクトに結実して、それは見事な姿を示してくれたものです。“交響曲”としての首尾一貫した美意識が感じられ、作品本来の姿かたちといったものに思いを至らせてくれる、優れて啓発的な演奏とも言えるものでした。

【第9番の演奏】
今度の第9番も、基本的には同様な手法で対処されたものであり、注意深く楽譜にアプローチし、作品に込められた様々な要素を、バランス良くすべて引き出してゆこうという姿勢は、近年のブーレーズならではの真摯なスタイルと言えるものです。
 作曲者自身による、実演を踏まえた細かな改訂作業を経ていない第9番では、以前から演奏上の様々な問題点が指摘されており、実際、コンサートや、一部のCDではかなり濁った音や、未消化な姿に出くわしたりするものですが、ここでは、そうした問題に対して、クリアなサウンドばかりを追及するのではなく、不協和は不協和として、個々の音の緊張関係を前面に打ち出し、本来豊富な情報量を、そのままの形で生かしてゆこうという姿勢が顕著です。そこには、いわゆる“マーラー指揮者”たちがおこなってきた明晰指向ゆえの声部バランスの調整や、デフォルメによる細部の拡大といった要素は希薄であり、結果的に、作品本来の“カオス的性格”が、より強調されることになっているのが、いかにもブーレーズらしいところです。
 もちろん、いつもながらの高度なディテール追及も見事なもので、第1楽章第43小節のコントラバスのトレモロの処理や、同第408小節以降のホルンとフルートの巧さ、第4楽章第98小節のフルートのデュナーミク調整など、印象的な箇所が数多く存在し、屈指の名人オーケストラであるシカゴ交響楽団の実力をフルに発揮させた統率の凄さを改めて実感させます。
 第4楽章の有名な主題が、完璧なまでの各部のバランスによって、対位法的テクスチュアの美感を最大限引き出し、結果的に、第159小節以降の精妙をきわめたアダージッシモ(コーダ)との鮮やかな呼応関係を呼び覚ますあたり、主情的な演奏ではまず判らないフォルムの美の具現として見逃すことのできないものです。第3楽章ロンド・ブルレスケでの冴え渡るリズム、抜群の遠近法の感覚も見事なもので、第2楽章でのくずし過ぎないスマートな表情も、現代の農民たちの洗練された立ち居振る舞いを考えれば、十分に納得できるものですし、この交響曲全体が、本来巨大なパロディの場でもあるということを考えれば、こうした手法も十分に頷けるものです。

【収録情報】
・マーラー:交響曲第9番ニ長調
 シカゴ交響楽団
 ピエール・ブーレーズ(指揮)

 録音時期:1995年12月
 録音場所:メダイナ・テンプル、シカゴ
 録音方式:デジタル(セッション)
 プロデューサー:カール=アウグスト・ネーグラー
 エンジニア:ウルリヒ・フェッテ

収録曲   

クラシック曲目

  • Gustav Mahler (1860 - 1911)
    Symphony no 9 in D major
    演奏者 :

    指揮者 :
    Boulez, Pierre
    楽団  :
    Chicago Symphony Orchestra
    • 時代 : Romantic
    • 形式 : Symphony
    • 作曲/編集場所 : 1908-1909, Austria
    • 言語 :
    • 時間 : 79:46
    • 録音場所 : 12/1995, Medinah Temple, Chicago, Illinois [Studio]

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
7
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
Boulezは他のマーラーもシカゴと録音すべき...

投稿日:2011/10/04 (火)

Boulezは他のマーラーもシカゴと録音すべきだったのではないだろうか? マーラーの交響曲に何を求めるかにもよるが、80年代から90年代にかけてブームとなった演奏形態は概ね濃厚でドラマティックな演奏であると思われる。 しかし、Boulezはあえてそれらの猥雑さに背を向けてマーラー自身に内包していた音楽理論を再現しているともいえる。 それはまるでマーラーの交響曲の中から対位法と和声学を浮き彫りにしようとするバッハ的な回帰にも似たアプローチである。 このような明快な解釈にはシカゴのような透明感のあるオケが合っていると感じる。 Boulezももう少しオケや演奏する楽曲を選別すべきであったと思う。 と言うわけでこの第9番については★4つ!

klemperer fan さん | 北海道 | 不明

1
★
★
★
☆
☆
カラヤン・バーンスタインの逝去後、DGが...

投稿日:2011/06/27 (月)

カラヤン・バーンスタインの逝去後、DGがスター指揮者として担ぎ上げたのがブーレーズ。マーラーは第1弾の第6が指揮者とウィーン・フィルとの相互補完がうまく生きた演奏となった。この録音が出たころ、ブーレーズは「マーラーは全集にならない」とキッパリ発言していたはずなのだが…彼の美意識からは到底指揮しないと思われた第8や第2(ちょうど、作曲家の指揮をドビュッシーたちが退席したかのように)まで録音したのは、心境の変化か?DGのゴリ押しか?ブーレーズのDG録音ではバルトークなどでシカゴ響が多く起用されていた。この第9もシカゴだが、指揮者とオケの意思疎通がうまくいっていない気がする。緊張感が不足している。尻上がりに良くなっていくが、第1楽章が良くないので、第9としては厳しい結果になった。

影の王子 さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
ブーレーズはDGに相当に長い年数をかけて...

投稿日:2011/06/05 (日)

ブーレーズはDGに相当に長い年数をかけてマーラーの交響曲全集を録音したが、本盤におさめられたマーラーの第9は、その最初期の録音である。演奏は、あらゆる意味でバーンスタインやテンシュテットなどによる濃厚でドラマティックな演奏とは対極にある純音楽的なものと言えるだろう。ブーレーズは、特に1970年代までは、聴き手の度肝を抜くような前衛的なアプローチによる怪演を行っていた。ところが、1990年代にも入ってDGに様々な演奏を録音するようになった頃には、すっかりと好々爺になり、かつての前衛的なアプローチは影を潜めてしまった。もっとも、必ずしもノーマルな演奏をするようになったわけではなく、そこはブーレーズであり、むしろスコアを徹底的に分析し、スコアに記されたすべての音符を完璧に音化するように腐心しているようにさえ感じられるようになった。もちろん、スコアの音符の背後にあるものまでを徹底的に追及した上での演奏であることから、単にスコアの音符のうわべだけを音化しただけの薄味の演奏にはいささかも陥っておらず、常に内容の濃さ、音楽性の豊かさを感じさせてくれるのが、近年のブーレーズの演奏の素晴らしさと言えるだろう。本演奏においても、そうした近年のブーレーズのアプローチに沿ったものとなっており、複雑なスコアで知られるマーラーの第9を明晰に紐解き、すべての楽想を明瞭に浮かび上がらせるようにつとめているように感じられる。それ故に、他の演奏では殆ど聴き取ることが困難な旋律や音型を聴くことができるのも、本演奏の大きな特徴と言えるだろう。さらに、ブーレーズの楽曲への徹底した分析は、マーラーが同曲に込めた死への恐怖や生への妄執と憧憬にまで及んでおり、演奏の表層においてはスコアの忠実な音化であっても、その各音型の中に、かかる楽曲の心眼に鋭く切り込んでいくような奥行きの深さを感じることが可能であると言える。これは、ブーレーズが晩年に至って漸く可能となった円熟の至芸とも言えるだろう。いずれにしても本演奏は、バーンスタイン&COAによる名演(1985年)とあらゆる意味で対極にあるとともに、カラヤン&ベルリン・フィル(1982年)の名演から一切の耽美的な要素を拭い去った、徹底して純音楽的に特化された名演と評価したい。このようなブーレーズの徹底した純音楽的なアプローチに対して、最高のパフォーマンスで応えたシカゴ交響楽団の卓越した演奏にも大きな拍手を送りたい。録音は、本盤でも十分に満足できる音質ではあるが、先日発売されたSHM−CD盤は、若干ではあるが音質に鮮明さが増すとともに、音場が広がることになった。いまだ未購入の方で、ブーレーズによるこのような純音楽的な名演をよりよい音質で味わいたいという方には、是非ともSHM−CD盤の方の購入をお奨めしておきたい。

つよしくん さん | 東京都 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーラー(1860-1911)

1860年:オーストリア領ボヘミア、イーグラウ近郊のカリシュト村で、グスタフ・マーラー誕生。 1875年:ウィーン楽友協会音楽院に入学。 1877年:ウィーン大学にてアントン・ブルックナーの対位法の講義を受講。 1883年:カッセル王立劇場の副指揮者に就任。 1885年:『さすらう若人の歌』を完成。プラハのドイツ劇場の

プロフィール詳細へ

マーラー(1860-1911)に関連する商品・チケット情報

交響曲 に関連する商品・チケット情報

  • セルゲイ・クーセヴィツキーの芸術(40CD) このボックスは、1929年から1950年にかけて収録された音源を集めたもので、RCAへの録音を中心に、EMI、SONYへの録音とライヴ音源から構成される大規模で興味深い内容となっています。 ローチケHMV|15時間前
  • エーリヒ・ラインスドルフの芸術(40CD) このボックスは、1946年から1966年にかけて収録された音源を集めたもので、RCAへの録音を中心に、ウエストミンスター、EMI、SONYへの録音と、ライヴ音源から構成される興味深い内容となっており、ステレオ録音も多数含まれています。 ローチケHMV|15時間前
  • ボルトン/ブルックナー:交響曲全集(第1番〜第9番) スクロヴァチェフスキ、ヤングに次ぐ「OEHMSレーベル ブルックナー・ツィクルス」の第3集はイギリスの指揮者アイヴァー・ボルトンが指揮したザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団の演奏。 ローチケHMV|18時間前
  • カラビツ&ボーンマス交響楽団/ウォルトン:交響曲第1番、第2番 2016年には読売日響を振った来日公演を成功させたカラビツ。ディスコグラフィーの殆どをロシア音楽が占めるカラビツが新たに挑む、20世紀イギリス音楽史における傑作交響曲にご期待ください。 ローチケHMV|23時間前
  • カラヤン/シベリウス:交響曲集、他(SACDシングルレイヤー) カラヤンがベルリン・フィルと1960年代に録音した交響曲第4番、第5番、第6番、第7番、名手クリスチャン・フェラスをソリストに迎えたヴァイオリン協奏曲、管弦楽曲を4曲を収録。 ローチケHMV|20時間前
  • ショルティ&ロンドン響/マーラー:交響曲第9番 ショルティの没後20周年を記念しての発売。その指揮活動の初期の録音の中から、ロンドン響とのマーラーの交響曲録音です。1967年4月28,29日、5月2,9-11日、キングズウェイ・ホールでの録音です。 ローチケHMV|20時間前

おすすめの商品