SACD

マーラー:交響曲第6番『悲劇的』、第4番、第10番〜第1楽章、第3楽章、R.シュトラウス:家庭交響曲 ジョージ・セル&クリーヴランド管弦楽団(3SACD)

マーラー(1860-1911)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SICC10260
組み枚数
:
3
:
日本
フォーマット
:
SACD

商品説明

セル渾身の『悲劇的』を含む、マーラー録音の集大成。

Sony Classical 究極のSA-CDハイブリッド・コレクション第5回発売。セルがクリーヴランド管弦楽団と録音した全マーラー録音を集大成。第4番はセルが生前最も数多く指揮したマーラーの交響曲。アナログ時代からこの曲の代表盤とされてきたもので、透徹した響きで作品の不気味さを炙り出しています。終楽章のソロは、アメリカの名リリック・ソプラノ、ジュディス・ラスキン。
 第6番はセルの没後に追悼盤として発売されたもので、クリーヴランド管弦楽団と初めてこの交響曲を取り上げた演奏会でのライヴ録音からレコード化されたという意味でも貴重な記録。第2楽章スケルツォ、第3楽章アダージョという配置で、第1楽章の提示部は繰り返さないものの、遅めのテンポで作品の「重さ」を壮絶に描き切った名演です。
 R.シュトラウスはセルにとって「音楽的メンター」であり、その録音は、いずれもステレオLP時代の定番でした。名器クリーヴランド管のヴルトゥオジティを存分に駆使し、複雑なオーケストレーションの綾を立体的に再現するかのようなセルの解釈は、音楽美の純粋な輝きと響きの純度の高さが印象的です。(メーカー資料より)

【収録情報】
Disc1
1. マーラー:交響曲第4番ト長調

Disc2
2.マーラー:交響曲第6番イ短調『悲劇的』

Disc3
3.交響曲第10番嬰ヘ短調より(クルシェネク編、1924年)
 第1楽章 アダージョ
 第3楽章 プルガトリオ
4. リヒャルト・シュトラウス:家庭交響曲 op.53

 ジュディス・ラスキン(ソプラノ:1)
 クリーヴランド管弦楽団
 ジョージ・セル(指揮)

 録音時期:1965年10月1,2日(1)、1967年10月(2)、1958年11月1日(3)、1964年1月10日(4)
 録音場所:クリーヴランド、セヴェランス・ホール
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション:1,3,7 ライヴ:2)

[プロデューサー]ポール・マイヤーズほか
[アナログ・トランスファー、リミックス、リマスタリング・エンジニア]
アンドレアス・K・マイヤー(マイヤーメディアLLC)

シリーズ・コンセプト
ソニー・クラシカルおよびRCA Red Sealの歴史的名盤を、これまでのリマスターも含め最高のクオリティを追求し、ハイブリッドディスクとして「究極」の形でフィジカル・リイッシューする「Sony Classical究極のSA-CDハイブリッド・コレクション」。ソニー・クラシカル秘蔵のオリジナル・マスターに遡り、アンドレアス・K・
マイヤーをはじめとする経験豊富な名手が復刻を手掛ける究極のコレクションです。(メーカー資料より)

内容詳細

ジョージ・セルが1958年から1967年まで、クリーヴランド管弦楽団と録音したすべてのマーラー録音を集大成した3枚組。第4番はセルがもっとも多く指揮したマーラーの交響曲で、透徹した響きで作品の不気味さを炙り出している。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ディスク   1

  • 01. 交響曲 第4番 ト長調 T.Bedachtig
  • 02. 交響曲 第4番 ト長調 U.In gemachlicher Bewegung
  • 03. 交響曲 第4番 ト長調 V.Ruhevoll.Poco adagio
  • 04. 交響曲 第4番 ト長調 W.Sehr behaglich

ディスク   2

  • 01. 交響曲 第6番 イ短調 「悲劇的」 T.Allegro energico, ma non troppo.Heftig, aber markig
  • 02. 交響曲 第6番 イ短調 「悲劇的」 U.Scherzo.Wuchtig
  • 03. 交響曲 第6番 イ短調 「悲劇的」 V.Andante moderato
  • 04. 交響曲 第6番 イ短調 「悲劇的」 W.Finale.Allegro moderato-Allegro energico

すべての収録曲を見る >

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーラー(1860-1911)

1860年:オーストリア領ボヘミア、イーグラウ近郊のカリシュト村で、グスタフ・マーラー誕生。 1875年:ウィーン楽友協会音楽院に入学。 1877年:ウィーン大学にてアントン・ブルックナーの対位法の講義を受講。 1883年:カッセル王立劇場の副指揮者に就任。 1885年:『さすらう若人の歌』を完成。プラハのドイツ劇場の

プロフィール詳細へ

マーラー(1860-1911)に関連する商品情報

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品