ベルリオーズ(1803-1869)

人物・団体ページへ

この商品に関連するタグ

CD 輸入盤

幻想交響曲 ロト&レ・シエクル

ベルリオーズ(1803-1869)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ASM02
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

古楽器オケによるダイナミックなベルリオーズ!
F.X.ロト&ル・シエクル/『幻想交響曲』


フランスのピリオド楽器オーケストラによる注目演奏の登場です。これまで『幻想交響曲』のピリオド系演奏には、ノリントン(1988 EMI)ガーディナー(1991 PHILIPS)ミンコフスキ(2002 ARCHIV)ノリントン(2003 HANSSLER)インマゼール(2008 ZIG-ZAG)などがありましたが、フランス人指揮者とフランスの古楽器オケによる録音はこれが初めて(ミンコフスキ盤は混成)。
 指揮のフランソワ=グザヴィエ・ロト[1971- ]はパリ音楽院に学び、現在は広くヨーロッパで活躍し、オペラもコンサートもピリオドも指揮するという実力派。
 オーケストラの「レ・シエクル」は、ロトによって2003年に創設され、彼が音楽監督を務めるピリオド楽器の団体です。
 当アルバムは、ベルリーオーズが生まれた町、ラ・コート・サン・タンドレで開催されている「ベルリオーズ・フェスティヴァル」に、彼らが出演した際のライヴ・レコーディングで、ベルリオーズへの情熱を爆発させた素晴らしい演奏となっています。(HMV)

【収録情報】
・ベルリオーズ:幻想交響曲 op.14a

 レ・シエクル
 フランソワ=グザヴィエ・ロト(指揮)

 録音時期:2009年8月30日
 録音場所:ラ・コート・サンタンドレ、シャトー・ルイXI
 録音方式:デジタル(ライヴ)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
これは面白い。古楽では出せないと思ってい...

投稿日:2015/02/25 (水)

これは面白い。古楽では出せないと思っていたこの曲のダイナミズムが、現代楽器並みに出ていて、それでいて古楽器特有のスピード感も乗っている。それに、何よりもロトの指揮が熱を帯びていて、積極性が強く前面に出ています。こういう古楽でのベルリオーズはなかったと思います。レ・シエクル、初めて聴きましたが、上手い!ライヴでこの完成度は見事だと思います。

orisuke さん | 新潟県 | 不明

0
★
★
★
★
★
注目のロト指揮レ・シエクルによる幻想。一...

投稿日:2012/02/16 (木)

注目のロト指揮レ・シエクルによる幻想。一筋縄ではいかないユニークな名演ですね。古楽器オケの特性を生かしつつ、テンポの動きは非常に効果的。4,5楽章の迫力は勿論ですが、3楽章をこれほどおもしろく聴いたのは初めてでは。このコンビ、目が離せない。

淳メーカー さん | 愛知県 | 不明

2
★
★
★
★
★
燃焼度の高いピリオド演奏が遂に出た!ピリオド...

投稿日:2012/01/31 (火)

燃焼度の高いピリオド演奏が遂に出た!ピリオド奏法による《幻想交響曲》は何種類か知られている。筆者は古い順からガーディナー、ミンコフスキー、インマゼールと聴いてきた。いずれ劣らぬユニークなサウンドが聴かれ、特にガーディナー盤の鐘やコルネット、インマゼール盤のピアノやオフィクレイドの音色は唯一無二の面白さだ。また、ミンコフスキー盤も、精緻な面では捨て難いと感じている。だがいずれも、燃焼度においては今ひとつ物足りない。《幻想交響曲》というと、どうしてもミュンシュの影が余りにも大きく、あの悪魔的な興奮を齎す演奏の呪縛から中々離れられないのだ。だが、やはりミュンシュでは精緻さが犠牲となる。ということで、今までずっと、精緻だが勢いに欠ける演奏を取るか、それとも勢いはあるが騒々しい演奏を取るか、悩まされ続けてきたのである。そこへ来てロト&レ・シエクル盤の登場である。初耳の指揮者と初耳の団体だが、これが実に素晴らしい。精緻でありながら燃焼度も高い。テンポも一定ではなく緩急自在だし、何よりダイナミクスが凄い。当時の演奏法の再現ばかりに気を取られて、肝心要なメッセージ性が二の次になりがちな古楽器界において、瞠目すべきコンビといえよう。音質もオン気味かつアグレッシヴで聴き応えがある。強いて汚点を挙げるならば終楽章の鐘で、他の楽器に埋もれ気味になってしまっているのが残念。また、ライヴゆえアンサンブルが若干ラフになるところも無きにしもあらず。だが、それを除いては、ピリオド演奏による《幻想交響曲》の中では演奏・録音(とジャケット)ともに最高だろう。

遊悠音詩人 さん | 埼玉県 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベルリオーズ(1803-1869)

Hector Berlioz (1803-1869) was the archetypal French Romantic composer and conductor, known for his passionate emotions, intense literary inspirations, and proclivities for grandiose musical displays. Berlioz made his name in 1830 with the Symphonie fantastique, a five-movement work that was notable for its lurid storyline. Other important large-scale works were the mammoth opera Les Troyens, the

プロフィール詳細へ

ベルリオーズ(1803-1869)に関連する商品情報

交響曲 に関連する商品情報

  • 『ジャンスク・カヒーゼの遺産シリーズ』新譜 好評の『ジャンスク・カヒーゼの遺産シリーズ』に、ブラームス:交響曲第1番&グリーグ:作品集と管弦楽名曲集(『ボレロ』『禿山の一夜』『フィンランディア』『モスクワ川の夜明け』『ハンガリー狂詩曲第2番』、他)が登場。 ローチケHMV|1日前
  • シュトリンツル&ムジカ・フロレア/ドヴォルザーク:『新世界より』 好評を得ているチェコのピリオド楽器オーケストラ「ムジカ・フロレア」のドヴォルザーク交響曲シリーズ。ついに交響曲第9番『新世界より』の登場です。 ローチケHMV|2日前
  • P・ジョルダン&ウィーン響/ベートーヴェン:第1、3、4、5番 2017年11月から12月にかけてウィーン交響楽団と来日し、スタイリッシュな演奏を披露したフィリップ・ジョルダン。この2枚組のアルバムは「日本ツアー用」に特別制作されたもので、半年後に発売される予定の「交響曲第4番&第5番」も収録されています。完全数量限定盤。 ローチケHMV|2日前
  • 【入荷】ネーメ・ヤルヴィ/マーラー:交響曲集(6CD) ヤルヴィ節全開の爆演として親しまれながらも、廃盤の状態が続き入手が極めて困難となっていたロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団とのマーラーの交響曲集が、日本向け完全限定生産のボックスセット仕様で復活! ローチケHMV|3日前
  • マンゼ/ヴォーン・ウィリアムズ:交響曲第5&6番 アンドルー・マンゼとイギリスの名門オーケストラ、ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団によるヴォーン・ウィリアムズの交響曲全集第3集は、第5番と第6番。 ローチケHMV|7日前
  • ヒメノ&ルクセンブルク・フィル/マーラー:交響曲第4番、他 SACDハイブリッド盤。注目の若手指揮者グスターボ・ヒメノ率いるルクセンブルク・フィルとのPENTATONEレーベル第4弾はマーラーです。ミア・パーションとの交響曲第4番と、コリン・マシューズ編曲による管弦楽版のピアノ四重奏曲断章です。 ローチケHMV|7日前

おすすめの商品